ドクターx 美人秘書 白水里果(田中道子)の役柄まとめ

ドクターx 美人秘書 白水里果(田中道子)の役柄まとめ

2016年ドクターx西田敏行さん演じる蛭間院長には美人秘書がいます。

秘書の名前は白水里果です。田中道子さんが白水里果を演じています。この美人秘書白水里果、なかなか存在感があるんです。

普通、たとえ美人秘書でも存在感が薄い役なのですが、この白水里果は違います。西田敏行さん演じる蛭間院長といつも一緒にいる白水里果を紹介します。


ドクターx 蛭間院長の美人秘書 白水里果人物像

 

白水里果は、蛭間院長の秘書です。才色兼備なので、大学病院の院長秘書にはいいのではと思われるかもしれません。しかし、白水里果は、蛭間院長の愛人なのです。

白水里果は、お金とステータスに執着している女性です。白水里果は、蛭間院長はお金持ちだから、蛭間院長に尽くしてブランド品を買ってもらったり、一流レストランに連れてってもらっている様です。

だから、愛人になったんです。白水里果は、蛭間院長だけではなく、西園寺外科部長にも色気を振りまいています。蛭間院長が不在の時、西園寺外科部長とホテルで密会していました。

とんでもない女性ですよね。蛭間院長も奥様がいるのに愛人作るんだから、それも悪いことですけど。秘書としての仕事ぶりはどうかというと、これも秘書として失格です。

 

有名人の八乙女悠太が特患として極秘入院してきました。泉ピン子さんさん演じる久保副院長は秘密を守るよう外科部長 内科部長に指示しました。

しかし、西園寺外科部長は、白水里果に八乙女悠太が入院していることをしゃべってしまったのです。

それを聞いた、白水里果は、こっそりスマートフォンで八乙女悠太の写真を撮りSNSに投稿してしまったのです。

おかげで、病院にたくさんのマスコミが押しかけてきました。しゃべった西園寺外科部長もいけないですが、白水里果は秘書として、病院職員としてやってはいけないことをしてしまったのです。

患者のプライバシーを世間に広めたんだから最低ですよね。蛭間院長が悪い立場になると久保副院長の側に立って、裏切ります。蛭間院長を守らないのです。

ドクターx最終回、蛭間院長の左遷が決まると愛人関係を断ち切り、蛭間院長のもとから逃げてしまいました

蛭間院長とんでもない女性を秘書兼愛人にしてしまった様です。

ドクターx 白水里果演じる田中道子さん

白水里果を演じるのはドクターx初出演若手女優の田中道子さんです。ミス・ワールド日本代表2013年の日本グランプリに選ばれたモデル出身の女優です。

田中道子さんが役を演じるときに参考にしたのは、事務所の秘書の方だったそうです。

秘書の方はどういう行動をするか、観察していたんですね。愛人の役を作るときは、自分が愛人だったらどう行動するだろうかと想像したそうです。

 

お相手があのアドリブが多い西田敏行さんです。田中道子さんの白水里果像と西田敏行さんのアドリブでドラマの中の白水里果が出来上がったんです。

西田敏行さんのアドリブがなかったら、白水里果は違った存在になったと思います。


広報部長南幾子からみた白水里果

草刈民代さん演じる南幾子は、東帝大病院の広報部長です。プランディングのプロです。南幾子が派遣された病院は必ず全国ランキング入りをさせているバリバリのキャリアーウーマンです。

医学界だけではなく政財界にも顔が利くすごい女性です。南幾子は、白水里果を下品な秘書と呼んでいます。

南幾子が院長室に入ると、蛭間院長と白水里果がいちゃついているところを目撃してしまいます。

南幾子は東帝大病院のランキングを上げようとして頑張っているのに、白水里果は女を武器にして蛭間院長に取り入っているのをみると、腹が立ってしまいますよね。

秘書という仕事をしっかりしないで、蛭間院長だけではなく、男性医師に色目を使っているんですから。

 

泉ピン子さん演じる久保副院長 大門未知子 城之内博美 南幾子達は、自分の知識とスキルで男社会の中で仕事をしています。白水里果は女を武器にして働いています。大門未知子 城之内博美達は、蛭間院長の愛人秘書と仕事で関係することはないです。

久保副院長は蛭間院長の愛人秘書なんてどうでもいい存在でしょう。(蛭間院長を陥れる時白水里果は使えるかもしれないけど。)

しかし、南幾子は、広報部長として1日に数回は院長室に行く必要があります。

1日に何度も白水里果を見なきゃいけない。そんな女性が同じ職場にいると思うと嫌だったでしょう。


西園寺外科部長と白水里果

吉田鋼太郎さん演じる西園寺外科部長は”三度の飯より女が好き”という人物です。その白水里果は、西園寺外科部長を誘惑していたのです

女性好きの西園寺外科部長が、蛭間院長美人秘書白水里果を見てほっとくわけがありません。しかし、蛭間院長に絶対逆らえない立場です。

白水里果と会っていたら、左遷されるのは当然です。いくら女好きでも自分の立場を考えれば、そんなリスクをとらないのが当然でしょう。

西園寺外科部長は、幾多の修羅場をすべるぬけ、広い状況判断力と危険察知能力が高い人物です。しかし、西園寺外科部長は、蛭間院長が不在の時白水里果とホテルで密会をしたのです。

 

白水里果だって蛭間院長に知られたら、愛人だけでなく秘書を辞めさせられる可能性だって非常に高いのです。

白水里果は、たとえばれても蛭間院長は自分と別れることができないという自信があったのでしょうか?それとも、蛭間院長がいつ権力闘争に負けるかわかりません。

西園寺外科部長にその時のため乗り換える準備をしていたのでしょうか?西園寺外科部長はダンディです。蛭間院長にない魅力があります。

西園寺外科部長とデートすれば、蛭間院長がいかないようなおしゃれなレストランに連れてってくれてエスコートしてくれるかもと単に思っただけかもしれません。

本当のところはわかりません。

西田敏行さん演じる蛭間院長と白水里果

白水里果は、蛭間院長にひたすら尽くします。しかし、白水里果は蛭間院長など愛していません。蛭間院長の持つ権力とお金のために愛人になったに過ぎません。

蛭間院長は、白水里果に対して黄川田内科部長や西園寺外科部長に見せたことない様な態度で接します。院長室でいちゃついたりして病院長として最低ですよね。

蛭間院長は、白水里果に甘えます。「ネクタイしめて。」「ベルトしめて。」「パンツおろして。」自分でその位やりなさいよと言いたくなりますが、愛人兼秘書としてはやらなくてはいけない。

パンツおろすことだけは、さすがにしませんでした。この場面は西田敏行さんのアドリブシーンだったそうです。

それにあわせて田中道子さんは、ネクタイしめてあげたり ベルトをしめてあげたりしました。そこまでは対応できたのですが、パンツの件はどうしていいかわからなくておろせなかったそうです。

今でも何が正解だったかわからない。どうしたら良かったんだろうと悩んでしまっている様ですね。

院長室でパンツはおろせないでしょう。秘書にやらせないで、自分でトイレの中でおろしなさいと言いたくなります。

もし、白水里果が蛭間院長のパンツを下しているところを、久保副院長 南幾子広報部長 神原晶に見られたら、大変なことに蛭間院長はなっていたでしょう。

久保副院長には、蛭間院長を失脚させる材料にされるだろうし、神原晶だったら多額の口止め料を請求してきそうですよね。

ドクターx魔性の女

ドクターxの主役大門未知子を演じた米倉涼子さんは、白水里果はを演じた田中道子さんのことを”初めてで、西田さんを手玉にとるのは、すごい。”と語っています

それだけ田中道子さん演じる秘書白水里果の存在がいかにあったかわかります。

田中道子さんは、現場で無茶ぶりをされる光景を夢に見るほど西田敏行さんのアドリブがすごかったそうです。こうやって魔性の女 白水里果ができあがったんです。

最後に

2017年ドクターxが、始まりました。第1回の最後で左遷された蛭間院長は復活します。3人の副部長に新しい美人秘書を紹介しました。

その時のセリフが、「秘書に、手をつけないでね。」と言いました。これは、偶然出たことなのか、西園寺外科部長と白水里果のことを意識して出たセリフなのかわかりません

2017年ドクターx蛭間院長秘書はどんな行動をするのでしょうか?楽しみです。

ドクターx 美人秘書 白水里果(田中道子)の役柄まとめ!についてでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。