陸王 茂木裕人役 竹内涼真の演技の評判は?

陸王 茂木裕人役 竹内涼真の演技の評判は?

今秋のドラマがぞくぞくと始まりますが、陸王もその一つですね。10月15日(日)夜9時から放送されます。

半沢直樹や下町ロケットでおなじみの池井戸潤さんの最新作「陸王」を原作としたドラマです。

池井戸さん原作のドラマはどれもヒット作になっていますので、こちらも期待が大きいですね。

今回は、「陸王 茂木裕人役 竹内涼真の演技の評判は?」と言うテーマでお届けしていきます。


竹内涼真プロフィール

まずは彼のプロフィールから見てみましょう。
本名:竹内 涼(たけうち りょう)
生年月日:1993年4月26日
年齢:24歳
身長:185cm
血液型:A型
家族構成:父・母・妹・弟
ペット:愛犬、シュナウザーのレアちゃん
特技:サッカー、歌

特技にサッカーとありますが、彼は5歳のころからサッカーをやっていて高校時代には東京ヴェルディのユースに所属していた経歴もあります。そのサッカーで推薦入学したのが「立正大学地球環学部」だそうです。

プロの道も目指していたそうですが、怪我や手術をしたこともあったり、やはり自分より上手い人たちがプロを目指していて、敵わないな、と思い進路について悩んでいたそうです。

そんな時、友達のお母さんの薦めで女性ファッション誌「mina」のオーディションを受け、2013年にグランプリを獲得して芸能界入りし、同年10月の連続ドラマ「車家の人々」で俳優デビューしたそうです。
恵まれた容姿でどんどんスターへの道を駆け上がっていったのですね。

竹内涼真の主な出演作品

過去の出演作品は車家の人々から始まり、仮面ライダードライブ、下町ロケット、時をかける少女、THE LAST COP、青空エール、
帝一の國、ひよっこ、過保護のカホコが主な作品になります。

2014年に仮面ライダードライブに出演されていますが、これで子供たちと主婦の心をつかみましたね。
これまでも、仮面ライダーに出られている俳優さんたちがどんどん人気俳優さんになっていっていますよね。

そして今年に入り、ひよっこに、過保護のカホコにもでられていましたね。

個人的には過保護のカホコの役柄だった麦野くん好きでした。ヒロインの相手役でしたが、このドラマではヒロインの加穂子が大学生にもなって、親に毎朝着ていく服装を決めてもらったり、

駅まで送迎してもらったりと過保護に育てられていた加穂子と出会い、その出会いがきっかけとなり、加穂子が自立していき、成長していきながら家族の問題も解決していくという内容でしたが、このドラマでは男気溢れる演技で竹内涼真さんは女性の視聴者から好評でした。

あるシーンで、竹内涼真さんが男泣きをするシーンがありましたが、そこで世の女性は心を鷲掴みにされたと思います。

視聴率をとる男としても話題を呼んでいましたね。

 


演技力はどうだった?

そんな数々のドラマに出演されていて、これまでの演技の評判はどうなんでしょうか?

最初の方の仮面ライダーに出演されていたころはまだ出始めということもあってか、演技力ではあまり高い評価はなかったようですが、段々回を増していくたびに演技のほうにも変化がでてきているという意見もあるようです。

そして、最近の過保護のカホコでは相手役の高畑みつきさんもあってか、竹内涼真さんの魅力が引き出されていて引き込まれるものがあったと評判もいいようです。

仮面ライダー時代と現在の演技の上達振りを絶賛する声も多く見られます。
なのであまり悪い意見はなさそうですね。そうなると、また昔の竹内さんの出演ドラマを見返したくなりますね。

まだまだ、デビューして4年目なのでこれからどんどん色んな役者さんと関わっていくことでまた新たな一面が引き出されてますます演技に磨きがかかっていくのではないでしょうか。そこに今後も期待されそうですね。


陸王はどんな内容?

ここで原作の内容を少しご紹介します。
埼玉県行田市にある老舗足袋業者こばせ屋は日々資金繰りに苦しみ頭を抱える社長宮沢紘一は、会社存続のためにある新規事業を思い立つ。
これまで培った足袋製造の技術を生かして裸足感覚を追求したランニングシューズの開発はできないだろうかと考える。

世界的スポーツブランドとの競争、資金難、資材探し、伝統と情熱、そして仲間との強い結びつきで一世一代の大勝負に打って出る。といった内容になっています。竹内涼真さんはこばせ屋でランニング足袋というものを開発される際の重要人物、茂木裕人という役を演じられます。

約半年前に行われたオーディションで激戦を勝ち抜きこの役を射止められました。
なので本人の意気込みもかなり強いようで、長距離ランナー役は初めてとい竹内さんはスケジュールの合間をぬってトレーニングをされていたそうです。

自身がサッカー経験者であることから、「けがで一線を退いてしまう選手はたくさんいると思います。僕もその一人でした」と話、「僕自身の経験と照らし合わせながら自分にしかできない茂木を繊細に表現していきたい」と話されているようです。

SNSでみかける彼の身体付きを見ても身体ができあがっていますし、きっと仕事の合間をぬってきちんとトレーニングや食事にも気を使っていたんでしょうね。

竹内涼真の役どころ

ここで竹内涼真さんの役はどんな役柄なのか見ていきたいと思います。
ドラマ内でのキーマンである茂木ですが、茂木は「ダイワ食品」の新人陸上部員で、箱根駅伝5区を走った有力選手。

期待の新人として注目を浴びる中、走行フォームが原因でひざを痛めてしまい、フォームの改良に取り組む最中で陸王と出会う__。という役柄です。陸王開発の最重要人物になるような役ですので、目が離せませんね。

陸王のキャストは?

陸王の主要キャストは、

こばせ屋で働くみなさん

宮沢紘一・役所広司さん、こばせ屋の4代目社長
宮沢大地・山崎賢人さん、紘一の長男
安田利充・こばせやの係長役。

仲下美咲・吉谷彩子、こばせ屋で働く縫製課の中で最年少の従業員
水原米子・春やすこ、縫製課のナンバー2的存在
西井冨久子・正司照枝、縫製課の最年長者

橋井美子・上村依子、縫製課のムードメーカー
正岡あけみ・阿川佐和子、縫製課のリーダー
富島玄三・志賀康太郎、こばせ屋の大番頭

宮沢家族
宮沢茜・上白石萌音、紘一の娘
宮沢美枝子・檀ふみ、紘一の妻

陸王協力者
有村融・光石研、スポーツショップ経営者
江幡晃平・天野義久、こばせ屋に出入りしているセールスドライバー
飯山晴之・寺尾あきら、飯山産業の元社長
飯山素子・キムラ緑子、飯山の妻

茂木裕人・竹内涼真、ダイワ食品の新人陸上部員
という豪華メンバーのみなさんがそろっていますね。

公式本がリリース決定

感動の企業ストーリー、日曜劇場の陸王の魅力をあますことなく伝える公式BOOKの発売が決定されているようですよ。

本の内容としては、原作者の池井戸潤さんと、役所広司さんとのスペシャル対談や、山崎健人さん、竹内涼真さんら主要キャストの撮りおろしインタビューや、貴重なオフショットなど、ビジュアルも満載のようです。

ドラマの熱気と感動がよみがえる様なストーリー解説や名シーンの名台詞も多数収録されるようで、陸王ファン必読の書の内容になっているようです。

ちなみに発売日ですが、2017年12月5日の予定になっているようです。

本のタイトルは「陸王」公式BOOK明日も元気に働こう!で版元は集英社のようですので、気になる方はこちらもチェックしてみて下さい。竹内涼真さんファンの方は是非手に入れられてくださいね。

最後にドラマ陸王の内容も気になりますが、出演されている竹内涼真さんの演技も見逃せないですね!

陸王 茂木裕人役 竹内涼真の演技の評判は?をご紹介しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。