陸王 足袋シューズの購入方法は?どこのブランドなの?

陸王足袋シューズの購入方法は?どこのブランドなの?

10月15日(日)日曜劇場【陸王】初回2時間スペシャルが放送され、初回の視聴率は、14.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、好発進でした。

これから、豪華なキャストたちがドラマを繰り広げるなか、池井戸潤作品として、日曜劇場枠で1番のヒットになった、【半沢直樹】(2014年)にせまる勢いを見せるでしょう。

初回放送で開発を始めたマラソン足袋(ランニングシューズ)、すごく気になります。

このマラソン足袋って購入できるのか?そんなことをお伝えしていきたいと思います。


陸王 足袋シューズって一体何なの?

足袋から何故足袋シューズが生まれたの?そんな疑問も多いかと思います。

足袋は、日本人にとって当たり前の、今の靴下に変わるものでした。

足袋は家の中で履くものだったわけですが、明治初期には、そこから地下足袋が生まれました。

陸王でマラソン足袋を見たとき、どっかで見たことあるって思いませんでしたか?
そうです。

大工さんや、左官さんが履いている地下足袋を思い出しますよね。裸足に近いような感覚でありながら、安全性も兼ね備えた画期的な発明だったのです。

地下足袋の発明は、福岡県久留米市の日本足袋の創業者石橋徳次郎さんだと言われています。

日本足袋は、その後地下足袋にゴム底を使用したことから、ゴム靴へ会社を展開し、アサヒコーポレーションという会社になります。

そしてその技術力を繋げる形でタイヤを製造したことから、発明者の石橋徳次郎さんの弟、石橋正二郎さんが、ブリジストンタイヤを創業するのです。

実は、地下足袋開発の同時期、同じ福岡県久留米市でつちやたびという会社でも地下足袋が開発されました。

そしてその後、やはり運動靴のメーカーである現在のムーンスターとなるわけです。

余談ですが、世界的にも有名なタイヤメーカーブリジストンって、なんでブリジストンなのか?

創業者が石橋さんなので、石(ストーン)橋(ブリッジ)それでブリジストンです。

足袋業界は、足袋の素材や、用途、あらゆる展開をしながら、地下足袋も全国で製造されていきます。

足袋ってすごくないですか?

和装から、洋装へと時代が変わる時に、足袋の需要がなくなり始めた時に、日本の先駆者たちは、ゴム靴へ、そしてタイヤへと発展したわけです。

そこで、陸王でのこはぜ屋の4代目社長宮沢絋一(役所広司)は、同業者がいろいろ展開していくなかでも足袋を作り続けていたのです。

そして足袋シューズの開発を始めた時、実は先代もマラソン足袋の開発をしていたことを知ります。

先代が諦めたマラソン足袋の完成を、今の進化した時代なら成功できるのではないかと開発の継続を心に決めるのでした。

陸王 マラソン足袋のモデルは?

陸王のこはぜ屋のモデルとなっているのは実在する老舗の足袋屋さんです。
きねや足袋株式会社。埼玉県行田市にある会社です。
明治初期に発明された地下足袋も、もちろん製造されています。

陸王の原作者、池井戸潤さんが取材された当時はマラソン足袋の開発中?だったみたいなので、マラソン足袋はきねや株式会社だけのモデルというよりは、きねや株式会社をもとに、ランニングシューズを手がけたアシックス、そして大人気ブランドナイキまで複雑に関わっているのでしょう。

ちなみにナイキには地下足袋の発明をした、石橋徳次郎さんが創業者となる会社アサヒコーポレーションも関わっています。

きねや株式会社さんは、ドラマの撮影協力もされていて、こはぜ屋の会社そのもののモデルはきねや株式会社さんなのでしょう。


ドラマの中で竹内涼真くんが履いてる靴

ドラマ陸王の中で、竹内涼真くんが演じる茂木裕人選手は、実業団でマラソンをしている選手で、アトランティスという会社とスポンサー契約しているようです。

第1話の中で竹内涼真くんが履いていたピンクのランニングシューズが注目されています。

アトランティスのRⅡという大人気商品は、こはぜ屋社長宮沢絋一(役所広司)の娘、宮沢茜(上白石萌音)から買って来て欲しいと頼まれて購入している時、宮沢社長はランニングシューズの開発を思いつきます。

宮沢茜を演じる上白石萌音さん、とてもキュートな女の子ですが、なんか心地良い気持ちになるのは、昨年、大ヒットしたアニメ【君の名】はのヒロインの声優さんなのです。

もしかして入れ替わってる?

昨年は、しょっちゅうこのフレーズを聞いていたような気がします。

【アトランティスのRⅡ】というドラマの中の商品は、ミズノが製作したのだとか。

竹内涼真くんファンは、あのピンクの同じシューズを求めてミズノに注目するでしょう。

全く同じモデルは購入できないようですが、今後発売されるかもしれません。


役所広司さんが履いていたマラソン足袋

陸王の中で、こはぜ屋の社長宮沢絋一(役所広司)が、自ら手がけた足袋シューズを履いてランニングに出るシーンで、リトグリのジュピターが流れ、とても感度的でした。

 

これから、夢に向かって駆け抜ける、そんな意気込みを感じました。

あのマラソン足袋って購入できるの?実在するの?などと話題になりました。

放送前のバラエティ番組の番宣では、きねや足袋株式会社の同じような足袋シューズを竹内涼真くんが履いて歩いていました。
きねや足袋株式会社の無敵という商品だったようです。

裸足に近いような感覚だと言われていました。

陸王 竹内涼真くんの走り

竹内涼真くんは、元サッカー選手で、Jリーグを目指していたそうです。

東京ヴェルディのユースに所属していたスポーツマンなので、意外でしたが、陸王に出演が決まってから、青山学院大学の原監督の指導を受けて徹底的にマラソン選手としての身体づくりをしたのだそうです

陸王では、竹内涼真くんが演じる茂木裕人選手が足を痛め、そこに宮沢社長が手がけるランニングシューズをリハビリ用に使って欲しいと申し入れていました.

今後の展開として、茂木裕人選手と、宮沢社長が共に開発していくのでしょう。

何かを手がける時には、それを商品化するまでにはたくさんのテスト使用が繰り返されるのです。

また、結果を出した商品はどんどん開発が進められていくのです。

陸王でのマラソン足袋(ランニングシューズ)も、今後ドラマの展開の中で開発が進められて、もっと素晴らしいものに進化するのかもしれません。

きねや足袋株式会社の無敵

ドラマ陸王では、足袋シューズのネーミングを【陸王】と決めます。

きねや足袋株式会社の足袋シューズのネーミングは【無敵】やはり似てますよね。

シューズを選ぶ時、足を保護してくれるもの、クッションが心地良いなどの感じから選ぶと思います。

でも、この足袋シューズは、逆の発想になります。

素足に近い感覚のシューズにすることで、足への過保護を減らし、靴に頼らない筋肉を鍛え、結果的に怪我を防ぐ。

ランニングをされる方なら試してみる価値ありです。

陸王で紹介されたことで、地下足袋みたいで恥ずかしいというようなハードルもさがりそうです。

ランニングしていたら、あれドラマのやつ?なんて注目されるかもしれないです。

このきねや足袋の【無敵】
新作も発売を予定されているそうです。

陸王 今後の展開

初回放送の翌週が放送がなかったので、より期待が高まる陸王ですが、起死回生をかけた宮沢社長(役所広司)さんの奮闘が続いていきます。

そして初回では開発に携わることはなかった宮沢社長の息子宮沢大地(山崎賢人)そしてマラソン選手茂木裕人(竹内涼真)がどのように関わるのか、見どころ満載です。

 

陸王足袋シューズの購入方法は?どこのブランドなの?でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。