わろてんか 挿入歌や主題歌の曲名や、誰が歌っている?

わろてんか 挿入歌や主題歌の曲名や、誰が歌っている?

NHK連続ドラマ「わろてんか」2017年10月2日~2018年3月31まで全151回放送されました。

大好評のうちに幕を閉じたのですが、主題歌や挿入歌について,とっても気になったし良い曲だったので、誰が歌っていたのか、どんな曲がだったのか、改めて調べてみました。


NHK連続ドラマ「わろてんか」どんな話?

明治後期、商都、大阪が栄えていた時代のお話でした

ヒロイン、「藤岡てん」(葵わかな役)は京都老舗の薬種問屋「藤岡屋」の長女として生まれました。いつも周りを朗らかにしながら自分もよく笑う女の子でした。いわゆる笑い上戸であると自覚しておりました。

しかし、ある日、父親から「笑い禁止!!」を命じられ、窮屈な日々を過ごすこととなりました。その後,笑いをこよなく愛する旅芸人の「藤吉」(松坂桃李役)と出会い「笑って生きる」ことが自分の人生の希望であると確信しました。

運命的な恋に落ちてしまった「てん」(葵わかな役)は、親の反対を振り切って駆け落ち同然に「藤吉」(松坂桃李役)と大阪へ向かったのでした。

「藤吉」(松坂桃李役)は大阪船場の老舗米問屋「北村屋」の長男でした。そのため二人の結婚は簡単なものではありませんでした。

さらに「北村屋」の危機を救おうとして「藤吉」(松坂桃李役)が大失態。店が傾く事態に陥りました。

そして「てん」(葵わかな役)は、「藤吉」(松坂桃李役)が好きな笑いを商売にしてみようと決意。素人同然の若夫婦が日本中の人を笑わせるために二人三脚の大冒険を始めるという話でした。

大阪を笑いの都にすることが、笑いを商売にして再出発した点と藤吉の夢でした。大阪を笑いの都にするという二人の夢のゴールまであと一歩という頃に、「てん」(葵わかな役)の最愛の夫「藤吉」(松坂桃李役)がなくなってしまいました。

夫の死の悲しみを乗り越えた点は、「藤吉」(松坂桃李役)亡きあとの「木村商店」をさらに発展させることに情熱を注ぎ続け北村商店は300人を超える芸人たちが20以上もある寄席で芸を披露する大所帯にまで成長。

大勢の若手芸人たちを心から愛していいた「てん」(葵わかな役)を人は「お笑いのお母ちゃん」と呼ぶようになっていきました。

しかし、幸福な日は長くは続かず戦争へ・・・終戦後、「てん」(葵わかな役)は焼け跡に立ち、失意の人々に笑いを取り戻すべく大阪を笑いの都の再興を誓うのでした。

大阪のお笑い世界の話。毎回早朝から笑いをもらい、にこやかに出勤していました。前向きになれる番組で
本当に楽しかったな…終わってしまったのは残念だけど、よい話でした。

NHK連続ドラマ「わろてんか」ヒロインについて

「葵わかな」1998年6月30日生まれ  神奈川県出身 幼いころからバラエティー番組に出て、ピンポンとボタン(クイズ番組のことでしょうか)を押すのが夢でタレントになりたいと思っていたそうです。

小学5年生の時にオーディションの提出書類を作るために写真を撮影しに行った、原宿で2009年にスカウトされ芸能界に入ったそうです。

(運命ですよね)すぐにCMデビューを果たしその後は、数々のCMやアイドルユニット「乙女新党」でCDを出すなど大活躍。ほかにも映画などにも多数出演しこの「わろてんか」のオーディションでは2378名のなかから選ばれたシンデレラガールです。

勉強も好きで女優業の合間に猛勉強していました。2017年1月慶応義塾大学総合政策学部にAO入試し合格
大学生と女優業の両方を両立しながら現在もテレビ番組他で大活躍しています。


NHK連続ドラマ「わろてんか」主題歌について

女優で歌手の「松たか子さん」がNHK朝の連続テレビ小説97作目「わろてんか」の主題歌を歌っています。
シングルをリリースするのは2009年10月発売以来8年ぶりとなったそうです。

「明日はどこから」≪わろてんか≫の主題歌を担当することについて「とてもうれしく思っている」と、当時コメントしていました。

毎朝聞くので飽きのこないメロディーが必要であり、老若男女に好かれる歌い手であって、柔らかい歌声と
優しい世界観の彩り、毎朝聞いて一日中口ずさみたくなるような素敵な楽曲を起用される理由としていたらしく、まさに
「松たか子さん」「明日はどこから」にぴったり!!の理由であり、楽曲であったと感心しますね。

NHKとしてもいろいろな要望に配慮し、ドラマの魅力を最大限に引き出す曲ということでとても吟味された上での
選曲であったといえます。

このNHK連続ドラマ「わろてんか」にはもう欠かせない、この曲が流れれば「わろてんか」の一シーンを思い出せるぐらい。「わろてんか」の主題歌という認識を持てるぐらいの歌でありました。


NHK連続ドラマ「わろてんか」主題歌歌詞とその意味


「明日はどこから」

今日が明日につながっていく、ささやかな松たか子さんの応援歌となっています。楽曲は「わろてんか」のために作られたオリジナルソングでした。

ヒロインが輝き続けることを祈りつつこの作品を制作したそうです。長丁場の撮影に立ち向かう出演者スタッフの方々に寄り添うものにしたかったとのことで、とても心にしみる、あたたかく良い歌詞であり、大ヒットとなりました。

歌詞の一部分「小さな魔法」とは、笑いのことであり、このドラマに合わせて作られたことがよくわかりますよね。

笑いは日常にあふれています。家族との会話や友達とのやり取り、そしてこの朝の「わろてんか」の視聴中。

笑って楽しんでと思いが込められているのでしょうね。

「出かける時の忘れ物、ハンカチのように」とは、「わろてんか」見た後に出勤や登校の人は忘れ物しないでねという気持ちが入っているのかもしれませんよね。

松たか子さんの視聴者への心遣いも入ったとっても暖かな曲に仕上がっていますよね。なんだか、朝のあわただしさを温かく包み込んでくれているような楽曲です。本当にありがとうございますって、言いたい曲ですね。

NHK連続ドラマ「わろてんか」主題歌作曲作詞家

もちろん作詞作曲は松たか子さんです。松たか子さんは、幼稚園のころからピアノを習っていたそうです。
1997年歌手としてデビューしました。

初期のキャリアを担当した音楽プロデューサーの日向大介さんは、ピアノが下手なプロより上手で純粋な音楽家になれる素質があった」と賛辞のコメントをしているそうです。紅白歌合戦にも出演したり、コンサートツアーを行ったりと女優業以外にも歌手活動として幅広く活動を行っています。

歌手「松たか子さんについて」

松たか子さんは、1977年6月10日生まれ 40歳 女優であり歌手であります。本名は、佐橋隆子さんです。旧制は藤間さんだったそうです。

日本舞踊 松本流名取 初代松本幸華の名を持っています。東京都出身で夫はミュージシャン佐橋佳幸さんです。

父親は9代目松本幸四郎(歌舞伎俳優)さんがお父さんです。兄は市川染五郎(歌舞伎俳優)さんがお兄さんです。
松たか子さんは、2015年3月第一子の女児を出産しています。

NHK連続ドラマ「わろてんか」挿入歌について

「わろてんか」の音楽を担当したのは、「横山克」さんです。1982年生まれ、長野県出身。長野工業高校専門学校電子情報工学科を卒業後、国立音楽大学作曲学科を卒業しています。

ドラマやアニメ、映画などのサウンドトラック、テレビ番組テーマソング、CM音楽、映像音楽他、アイドルなどへの楽曲も提供している方です。

テレビドラマ「僕のやばい妻」「夜行観覧車」「ちはやふる」「ヒロイン失格」などなど大活躍の売れっ子音楽家です。
2017年には「リバース」「わろてんかNHK」が有名です。「わろてんか」を見ながら流れる軽快な音楽は、最高で、やはり横山克さんらしい音楽が導入されていますよね。

わろてんか 挿入歌 主題歌について調べてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。