明日の約束 実話でモデルとなる事件があったのか?

明日の約束 実話でモデルとなる事件があったのか?

2017年10月17日からすでにスタートしている、井上真央さん主演の「明日の約束」実は実話をモデルにしている事件が存在するそうです。

本当にあった話をもとに、ドラマが展開していくなんて驚きだし、もしそれが事実であれば結末もわかってしまうかもしれませんがちょっとだけ気になるので調べてみました。


明日の約束 ドラマについて

スクールカウンセラーの日向(井上真央役)は、不登校が続く1年生の圭吾(遠藤健慎役)から「先生のことが好きになりました」と告白されたのですが、翌日、圭吾は遺書も残さず不可解な死を遂げてしまいました。

息子の死は学校の責任であると母、真紀子(仲間由紀恵役)の主張に対し、校長の轟(羽場裕一役)は記者会見を開き対応は適切であったことを主張し説明しましたが、マスコミや世間の犯人探しは勢いをまし、学校は非難を受けます。

いっぽう日向(井上真央役)は、過干渉の母(手塚理美役)に幼いころから自分を縛り付けられてきており
恋人である本庄(工藤阿須加役)の存在を知り、母の新たな支配に、心が重くなるのでした。

報道テレビ番組では、真紀子(仲間由紀恵役)のインタビューが放送され、圭吾に対するいじめや暴力があったので、

はないかとバスケ部に疑惑が向けられ、顧問の辻(神尾佑役)は報道の内容を否定するのですが、日向(井上真央役)はマネージャーの希美香(山口まゆ役)から圭吾(遠藤健慎役)と一部の部員の間でトラブルがあったのではないかと聞き、担任の霧島(及川光博役)とともに、部員に聞き取り調査を始めるのでした。

帰り道、香澄(佐久間由衣役)にネットで圭吾の自殺に関してのニュースが拡散しているという書き込みを見せられ…そこには辻が体罰で生徒に大けがを負わせたなどの書き込みがあり・・・と、どんどん謎が深まり一人の生徒の死の真相を突き止めていくドラマです。

明日の約束 原作について

「明日の約束」のモデルとなっている原作は、「モンスターマザー長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い」ノンフィクション作家 「福田ますみ」 著者の作品ということです。

この小説がベースとなっているドラマ「明日の約束」ですが、小説も実際の事件をベースにした内容になっているそうです。

実際にあった話、数年前にテレビ報道で加熱していた事件であるからこそ引き込まれる内容になっています。

内容は、不登校の高校一年の男子生徒が久々の登校を目前に自殺しましたところから始まります。

かねてから学校の責任を追及していた母親が校長を殺人罪で刑事告訴し、人権派弁護士、県会議員、マスコミも加勢しての常識をはるかに超えた追及に崩壊寸前まで追い込まれる高校について描かれています。

しかし教師たちは真実を求めついに、モンスターとの対決を決意し反撃に転じた。どの学校も起こり得る悪夢を描いたノンフィクションとなっています。


作家「福田ますみ」さんについて

1956年横浜生まれ。立教大学社会学部卒業。専門誌、編集プロダクション勤務を経て、犯罪ロシアなどをテーマに取材、執筆活動を行っている人です。


明日の約束 実話で本当にあった!!丸子実業高校バレーボール部員自殺事件について

福田ますみさん著作の「丸子実業高校バレーボール部員自殺事件」は実際にあった事件です。平成17年(2005)にあった悲劇的な事件がもとになっているそうです。学校であったいじめが原因となり、自殺したとして裁判で争われた事件です。

2005年12月6日、長野県丸子実業高校「現在は改名され、長野県丸子修学館高等学校」に通う当時高校一年生の男子生徒が自宅で残念ながら自殺してしまった事件です。

生徒の自殺の原因は、所属していたバレーボール部でのいじめであったとして、生徒の母親は、いじめを苦に自殺したとしてバレーボール部員等に損害賠償を求め訴訟をおこしました。

しかしバレーボール部員等も生徒の母親に精神的苦痛を受けたとして逆訴訟をおこし対立することとなりました。

結果、生徒の母親の主張が認められず、生徒の母親がバレーボール部員等に損害賠償を支払うことに判決が確定した事件でした。

明日の約束 実話!当時高校一年生だった男子生徒について

生徒は中学2年生のころから、声がかすれ気味。部活の時も大きい声を出せない。授業中も教科書を音読できない状況だったそうです。

高校に入学しバレーボール部に所属したところ上級生が生徒の声マネをしたり、ハンガーで殴られたりなど部内でいじめられたことが原因で不登校となったといわれています。

その時「うつ病」と診断されているそうです。この件について母親と学校側は話し合いを続け、バレーボール部の上級生にいじめられているとした手紙を教育委員会に提出するほどでした。ハンガーで殴られたことに対しては警察に被害届を提出しました。

生徒は自殺する前に何度も家出を試みており、そのたびに母親は学校に捜索を依頼。家出についても担任の責任であると主張していました。

学校側に大量のビラを作らせたり、校長や教頭に謝罪を求めるなどモンスターペアレントぶりが・・・
一方家庭では家事全般を生徒がしなくてはならず、学校に来ることが難しく、学校にきたい。

部活もしたいと担任に答えていたこともあり、生徒に対する虐待ネグレクトが疑われ、児童相談所が母子分離措置を計画していた矢先、出席日数不足を理由に進級できない状況もあり、その通知を学校側が出した直後、高校一年の男子生徒は残念なことに自殺をしてしまったのでした。

男子高校生の母親は、バレーボール部内でのいじめが原因自殺に発展したと、高校の女性教師などの学校側やいじめをしていたバレーボール部員たちの責任を徹底的に追及していきました。

事件が起こった長野県丸子実業高校は地元では「実高」とか「丸実」の愛称で親しまれており、過去にも不祥事があり、不良高校といったイメージがあったためか、メディアでも自殺の事件は学校に責任があるという報道が多く流れていました。

男性高校生の母親も実名「高山かおる」を出し、マスコミの取材を受け続けたこともあり、マスコミの報道は加熱していきました。

いじめの対応に誤った学校側に大きな責任があると報道がテレビや週刊誌などで繰り返し伝えていったことで高校の女性教師等は世間から白い目で見られるようになりました。

学校側は、いじめと認識していないという立場をとり、またバレーボールの保護者会は自殺事件直後、記者会見を開いて「いじめられた側がそうおもうのであれば認めなければならない」と発言したものの、全体としては生徒へのいじめはなかったと見解を示していきました。

バレーボール部関係者らは生徒の遺書に書かれていた「お母さんがねたので死にます」の字に着目し「寝た」という字は「やだ」(嫌だ)と読めるのではないかと保護者会は考えたのでした。

生徒の母親が、暴言の電話やファックスなどで自分たちを中傷したと見解を示し、訴訟のぶつかり合いになったのでした。

事件の結果

生徒をハンガーで殴った上級生については、生徒の生前の被害届を受けて、暴行の容疑で書類送検されました。学校側の態度に不満とした生徒の母親は、

学校側の対応で生徒を精神的に追い込み病状を悪化させて死に至らしめたとし、校長を殺人と生徒の名誉を傷つける発言を繰り返した名誉棄損の疑いで刑事告訴し、校長は殺人と名誉棄損の疑いで書類送検されました。

結果、裁判では、ハンガーでたたいた行為は自殺した生徒の心理に与えた影響は大きいとして、一万円の損害賠償を認めたのでした。

生徒の母親に対し損害賠償を求めていたバレー部関係者は30人のうち23人に精神的苦痛を被ったことを認め合わせて34万円の支払いを命じる判決を下したのでした。

校長への損害賠償請求訴訟 原告校長の社会的評価を低下させ名誉を傷つけたとして165万円の支払いと謝罪広告の掲載を命じたのでした。

また弁護士で校長を殺人罪で告訴し、さらに記者会見の際に校長があたかも殺人を犯したかのように発言し校長の名誉と社会的信用を棄損したとして東京弁護士会より懲戒処分されたのでした。

自殺した生徒の親「高山かおる」について

生徒の母親は3度の離婚歴がありました。職場、所属ママさんバレーボールチームなど先々でトラブルメーカー。

我が子を幼少期より育児放棄し「死ね」と罵倒し続けていたそうです。狂言癖があり、境界性人格障害の疑いがあったと最初の旦那さんが法廷で証言しているそうです。

人格障害の治療ができていればもしかしたらこのような事件は起きなかったかもしれませんね。事件から12年、今もどこかで息子さんの自殺を学校のせいだと恨みながら生活しているのでしょうね。この「明日の約束」を見て少しは息子さんの気持ちを理解してもらいたいものですね。

「明日の約束」実話でモデルとなる事件についてでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。