民衆の敵 挿入歌の曲名や、主題歌について!

民衆の敵 挿入歌の曲名や、主題歌について!

2017年10月21日、衆議院選挙が終わりやっとこスタートした毎週月曜日夜9時から放送中の「民衆の敵~世の中おかしくないですか!?~」一話目が終わり、なかなかの好スタート!!

痛快爽快スカッとするドラマで面白いですよね。ドラマの挿入歌もなんだか元気がでるようなポップな曲です。「民衆の敵」の挿入歌について、調べてみました。


「民衆の敵」~世の中おかしくないですか!?~ ドラマについて

2017年秋 月9ドラマ 数々のかっこいい女性を演じてきた「篠原涼子」さんが主演を務めることになりました。篠原涼子さんは月9ドラマ初主演となります。ちょっと驚きですよね。

市政や社会の悪と対決する新米女性市議会議員を熱演します。日本は、「待機児童問題」「介護問題」「生活保護問題」などなど社会問題がたくさんあります。

今回の衆議院選挙でも、注目は保育園無償化や消費税の使い道についてでしたね・・・月9「民衆の敵」では市議会議員を主人公に、市政において悪や社会で起きている問題を素人目線、そして女性目線でずたずたに斬っていく痛快爽快市政エンターテイメントになっています。

篠原涼子さん演じるは、「佐藤智子」夫、公平(田中圭さん演じる)と保育園に通う子供一人の家族三人。アパートで平凡に暮らす主婦の役です。

篠原涼子さん演じる智子は、両親失踪、高校中退、職を転々としながら、両親のようにはなりたくないをモットーにまじめに生きてきたのです。

バイト先で知り合った夫と結婚したのですが、夫はフリーター。転職を繰り返し、長続きしない、最近ドラマでははやりのダメ夫。結局智子(篠原涼子演じる)がパートで家計を支えてきたのです。

そんな智子も会社のルールに納得いかず逆らったところクビに・・・なってしまって・・・大変大変。そんなときテレビで取り上げていた市議会議員の高額報酬を狙い、家族の幸せのために、市議会議員に立候補することを決意しました。

ママさん市議会議員になるため就職活動をスタートさせた智子(篠原涼子演じる)夫やママ友の協力のもと市民目線で選挙戦を戦います。キャッチコピーは「しあわせになろうね!」中卒の政治素人が市議会議員になれるのか・・・

国内外問わず、女性政治家の活躍が目立ち、女性の活躍は当然の時代になっています。エネルギッシュでかっこいい。そんな女性政治家の活躍に共感も寄せられる中、反対する人も・・・中にはいる世の中。

彼女は自分の幸せのために軽い気持ちで市議会議員になってしまうのですが、持ち前の曲げない意志の強さで、社会全体の幸せのために突き進んでいきます。

庶民目線で主婦感覚の彼女の姿はきっと見ている庶民の幅広いひとたちも共感することになるでしょうね。

民衆の敵 出演者について

主人公「佐藤智子」演じる篠原涼子さんの共演者は、今とっても旬な俳優であり、大注目されている「高橋一生」さんと「石田ゆり子」さんです。篠原涼子さんとは二人とも初共演だそうです。

キラキラ輝く、今や大人気の「高橋一生」さんが演じる「藤堂誠」は、篠原涼子さん演じる「智子」とは選挙戦で議席を争うライバル関係になっていきます。

「藤堂」は代々続く政治家の二男として、恵まれた環境で育ち、ゆくゆくは総理大臣も夢ではない市政のプリンス役。

以前「民王」では総理大事の秘書役を見事に演じた高橋一生さん。その人物そのものになりきり、脇役なのに主役に劣らない存在感でした。今回はどんな役作りをして挑むのか楽しみですね。

また「石田ゆり子」さん演じるは「平田かずみ」。一流大学を卒業し新聞社の花形政治部記者であり、「できる女」だったのですが、

40歳を迎え一人娘を出産してから環境が変わってしまったのです。シングルマザーとして育休後、記者の仕事ができるにもかかわらず事務職へ配属されてしまったのです。

そんな時に保育園のママ友の智子が市議会議員に立候補すると聞き彼女の行動力と求心力を見るうちに応援するようになるという役柄です。智子(篠原涼子演じる)と出会って変わっていく姿を一流の女優どう演じるのか、とっても楽しみですね。


民衆の敵 主題歌は誰が歌っているの?

フジテレビの連続ドラマの主題歌を担当するのは初めてという「AAA」が「民衆の敵」の主題歌を担当します。

「LIFE」(avex trax)生きていく中で良いことや悪いこと、いろいろある中でも人生は続いていく~というメッセージがこめられている曲になっているそうです。元気をもらえそうですね。

なぜ今回「AAA」が選ばれたというと、「草ケ谷大輔プロデューサー」が、幸せのために頑張っている篠原涼子さん演じる主人公の智子とドラマを見てくださる視聴者の皆さんへの応援歌としたいと語っており、

「AAA」だからこそ出せる6人のハーモニーやエネルギッシュなグループ感がドラマをより一層盛り上げると思いオファーしたそうです。

ドラマもエネルギッシュであり、歌もエネルギッシュ!!パワーあふれるドラマとなること間違いありません。


「AAA」について

「AAA」「トリプル・エー」は2005年エイベックスからデビューした7人組だったのですが、現在は男女6人組のスーパーパフォーマンスグループです。

グループ名は「Attack All Around](アタック・オール・アラウンド)すべてのことに挑戦する。という意味が込められているそうです。

西島隆弘  CMやドラマにも多数出ており歌唱力も抜群なAAAのメインボーカルです。

宇野実彩子 AAAメインボーカルで歌唱力も抜群。ルックスも抜群で写真集も出しています。

浦田直也  AAA男性メインボーカル、最年長リーダーを務めています。浜崎あゆみのバックダンサー経験もあります。

日高光啓  元ジャニーズjr AAAではラップ及びダンサーを担当してます

興真司郎  AAAではダンサー担当。ダンスの振付師としてAAAのダンスも考えています。

末吉秀太  AAAではダンサー担当。鈴木亜美のバックダンサーをしていた経歴を持っています。

「AAA」のメンバーは、歌やダンス、ほか映画・ドラマ・舞台・モデルなどなど幅広い活動で皆それぞれ大活躍しています。ライブでは歌やダンスの他にも、アクロバットや演劇を交えたりしていて、ライブを大いに楽しむことができると大好評、大人気です。

男女混合のグループであっても、メンバー同士はとても仲が良く、家族のような間柄で6人とも気心知れた関係なんだそうです。

「LIFE]歌詞の内容について

明るい未来と希望に満ちた歌詞になっていてがんばりたくなってしまいます。「憂鬱な沈黙が壊され笑みが咲く」の歌詞では応援されているみたいですよね。

篠原涼子さん演じる市政市議会議員「智子」の頑張りに明るい未来を感じられる曲となっています。

「LIFE」発売日について

2017年10月18日 AAA55枚目のシングルとして、すでにリリースされています。日高光啓のラップパートの存在しない楽曲となっているのですが、現時点でオリコン4位 これからドラマの内容が進むにつれ、視聴者の心も動かされ順位も上がっていくのでは・・

民衆の敵 挿入歌について

ドラマに流れてくるBGM、ドラマの雰囲気を一気に変える大切な役割を持ちます。主題歌は「AAAですが
今回「民衆の敵」の音楽を担当するのは「井筒昭雄」さんです。

井筒さんは、1977年生まれ 現在40歳 徳島県出身です。CMやドラマの作曲家であり、一人多重録音ソロユニット
「Fab Cushion」としても活躍中の方です。

有名なところでは、日清カップヌードルやABCマート、IKEA、のCMソングであったり、ドラマでは、セシルのもくろみ、IQ246なんかが有名です。どれもこれも耳に残る音楽ばかりです。

「民衆の敵」のドラマの中で流れるBGMで、痛快爽快なドラマをどう彩っていくのか楽しみですね。

民衆の敵 挿入歌の曲名や、主題歌についてでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。