奥様は取り扱い注意 捨てられた理由や伊佐山が実の親とは?

奥様は取り扱い注意(おくさまはとりあつい) 伊佐山が実の親とは?捨てられた理由とはなぜか?

現在放送中の奥様は、取り扱い注意。主演は綾瀬はるかさんでその旦那役は西島秀俊さん。綾瀬はるかさんの隣人として広末涼子さんや本田翼さんが出演されているほんとに豪華なキャストばかり。

綾瀬はるかさんが演じてる菜美には、誰も知らない過去がたくさん!?どんな展開になっていくのか楽しみです。

今回は、

「奥様は取り扱い注意 伊佐山が実の親とは?捨てられた理由とはなぜか?」についてご紹介していきます。


奥様は取り扱い注意 あらすじ

主人公の伊佐山菜美は、誰もが羨むちょっとセレブな専業主婦。訳ありの人生をやり直して穏やかな幸せを手に入れる為に、合コンでゲットした旦那と結婚して、綺麗な高級住宅街に引っ越してきた。

しかし、暮らし始めて1年と経たないうちに、彼女は気付いてしまった。幸せそうに見える主婦達が抱える様々なトラブルを菜美は度々目撃する。実は、菜美は料理も掃除も大の苦手だけど、正義感が超強くて、怒らせたら超凶暴。

世の中のルールとか関係なくお構いなしに、危ない場所でも突入していく。その訳は夫である西島秀俊さん演じる伊佐山勇輝にも内緒にしている過去にある。天涯孤独に生まれ育った菜美は、スリルある生活にやみつきで、愛情も知らずタフに生きてきた。

そんな菜美が主婦達の友情や側で支えてくれる旦那の存在によって本当の優しさと温かさを知る。人は守るものが出来た時誰より強くなるのか?

一生懸命生きる全ての女性に愛と勇気をおくる、笑いありアクションありのエンタメドラマになっております。

奥様は取り扱い注意 見どころ

脚本家の金城一紀さん曰く、ホームドラマとアクションを融合させた作品だそうです。全く違う2つの要素をかけ合わせて、どんなドラマが出来ていくのか注目です。

主人公はセレブな専業主婦ですが、なぜか悪いヤツをやっつけてスカッとするようなシーンがちょいちょい出てきます。主演の綾瀬はるかさんは、NHK大河ファンタジードラマ精霊の守り人で激しいアクションを行っています。

当初の批判を覆す素晴らしい演技を見せています。アクション女優として新境地を開いている綾瀬はるかさんですが奥様は、取り扱い注意では、どのようなアクションシーンを見せてくれるのか大注目です。

あともう1つの見どころは、綾瀬はるかさんと西島秀俊さんの夫婦役がとてもお似合いでほんとに誰もが憧れそうな夫婦感でとても見どころです。

西島秀俊さん演じる勇輝がとにかく綾瀬はるかさん演じる菜美にとても優しくて何でも菜美の話を聞いてくれる姿がほんとに優しくていいなと思わされます。

隣人の広末涼子さん演じる大原優里、本田翼さん演じる佐藤京子との3人のシーンもとても面白くて楽しそうなシーンがたくさんあります。大原優里、佐藤京子にも家庭での悩みはたくさんありそうですが、そこもこれからどうなっていくのかが見どころです。


綾瀬はるかさん演じる伊佐山菜美の役柄

国家の情報機関に雇われた特殊工作員だった。伊佐山菜美は、29年前広島県福山市の福山西教会礼拝堂に生まれてすぐに捨てられ人並みの愛情には恵まれずに育った。

強かったってよりかは強くなきゃ生きてけなかった、強くなるしかなかったと菜美は思い必死に強くなって特殊工作員になった。

でも菜美が求めているものは穏やかな生活とあたたかな家庭だった。だからわざと今回の任務の内容を敵に漏らして捕まり、手加減をしてすぐに追わせる事にした。橋の上で両側から敵に挟まれた菜美は、川に飛び込み死んだ。

もちろん、本当に死ぬ訳ではない、島田優子というこれまでの過去の自分が死ぬだけ。既に新しい名前と戸籍は容易してあり、うまく逃げ切れば新しい人生をやり直せる。そして無事に日本に戻った島田優子は、ここで片山菜美という人間になり、受付嬢になった。

そして、受付嬢で知り合った同僚達に合コンに誘われて菜美もいくが、いい男が居ないと帰ろうとした時に伊佐山勇輝に出会う。

そして片山菜美は勇輝と結婚し、伊佐山菜美として幸せな家庭を築きあげる事になる。だが、菜美は家事が苦手で、特に料理が1番の苦手。今だにキャベツの千切りも出来ずにいる。

料理が苦手だと知った隣人の広末涼子さん演じる大原優里と本田翼さん演じる佐藤京子は、菜美と一緒に料理教室に通うようになる。


伊佐山菜美を演じる綾瀬はるかさんの演技の評価

いろんなドラマに出演していろんな役を演じてきてほんとにさすが評価が高いだけの事あるなと思いました。

それに出演してきたドラマのほとんどは高視聴率、これはほんとにすごいと思います。JIN-仁-や海街diary、八重の桜、きょうは会社休みます。やホタルノヒカリなどどれも見た事があって人気の出た作品ばかりです。

それも役柄も綾瀬はるかさんをそのまま出してるんでは?と思うくらい役にぴったりはまっていてほんとに素晴らしい演技ばかりでした。綾瀬はるかさんの演技を批判する方はあんまり居ません。

寧ろ評価が高い声ばかりでほんとにすごいと思います。そして今回のドラマ、奥様は、取り扱い注意では、家事が苦手な主婦ってのはどことなく綾瀬はるかぽいですが、それだけではなく今回はアクションもあって今までの綾瀬はるかさんとはまた違う姿や表情が見られると思います。

正義感が強くてほっとけず困ってる人を助けるところは綾瀬はるからしいですよね。今回のドラマもほんとに面白いですし、綾瀬はるかさんらしさもあれば今までになかった綾瀬はるかさんの演技も出てくると思うので、是非見てほしいです。

奥様は取り扱い注意 伊佐山菜美の実の親とは?

伊佐山菜美の過去は、1話の最初の放送で少し話が出てきました。29年前広島県福山市で福山西教会礼拝堂に捨てられていて、人並みの愛情を受けずに育ってきたとなっています。

旦那の伊佐山勇輝にも秘密にしている過去が菜美にはあり、特殊工作員である国家の諜報機関に雇われていた。パスポートには、島田優子と書かれており、生年月日は1987年5月5日となっています。

親の事については時間もなく話されませんでしたし、そんなシーンもありませんでした。これから、生い立ちについて詳しく放送される回があるとは思いますが、今の段階では不明のままです。ですが、菜美はこうして存在している訳ですから親は絶対に居るはずです。

ただ、どこでどうやって親が登場するのか、話だけ出て親は登場しないのか気になるところですよね。

菜美を育ててくれた施設の人はほんとに何も知らないのか、ただただ菜美は置き去りにされてただけなのか、これからの放送が益々楽しみになりますね。

奥様は取り扱い注意 伊佐山菜美が捨てられた理由とはなぜか?

伊佐山菜美は過去に国家の情報機関に雇われた特殊工作員だった。

29年前広島県福山市の福山西教会礼拝堂に生まれてすぐに捨てられ人並みの愛情には恵まれずに育ってきた、と1話の放送で色々と過去のシーンが放送されましたが、菜美はなぜ捨てられたのかは今だ分かっていません。

そんな過去を持っている事も菜美の旦那である西島秀俊さんが演じる伊佐山勇輝は知りません。でも間違いなく1話目から菜美の過去が色々と出てきてる訳ですからどこかしらで捨てられた理由は出てくるはずです。

でも出てきたとしてどこでどう過去が出てくるのか、もしかしたら最終回で全てが明らかになるなんて事もありえそうだなと個人として考えています。

捨てられた理由はもちろん気になりますが、過去を知らない旦那の勇輝はどうやって過去を知る事になるかも気になります。菜美が自分から話すとはどうしても思えないので、その変もほんとにこれから見逃せないなと思っています。

最後に…

綾瀬はるかさんを始め、西島秀俊さんや広末涼子さん、本田翼さんとほんとに豪華なキャストばかりです。綾瀬はるかさんは今までにないアクションシーンもあって、ほんとにとても面白いです。

西島秀俊さんとの夫婦役もとてもぴったりでお似合いの2人。西島秀俊さんの綾瀬はるかさんを暖かく見る夫婦の役柄がとても素敵です。

そして1番気になるのが、綾瀬はるかさんが演じてる伊佐山菜美の過去。これがとても気になります。どんなふうに過去が明らかになっていくのか楽しみです。

奥様は取り扱い注意 捨てられた理由や伊佐山が実の親とは?についてでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。