明日の約束 キャストはだれ?井上真央の他に?

明日の約束 原作あらすじとは?井上真央が〇〇〇!?

2017年10月、火曜21時の枠ドラマ『明日の約束』が主演は井上真央でスタートします!!

8月2日配信の週刊文春オンラインがフジの10月の火9のドラマは「明日の約束」になると報じました。

ノンフィクション作家・福田ますみ氏の『モンスターマザー 長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い』(新潮社)をベースにしたオリジナル。

息子の自殺の責任を母親から追及され、崩壊寸前まで追い詰められた高校の女教師役を井上真央が演じます。

そこで今回は、明日の約束の原作あらすじを中心にご紹介していきたいと思います!


ドラマ「明日の約束」基本情報

放送日時:毎週(火)21時〜

放送局:フジテレビ

原作(ベース):福田ますみ『モンスターマザー 長野・

丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い』(新潮社)

脚本:古家和尚

ドラマ「明日の約束」のキャスト

◆井上真央(役:高校の女教師)

生徒が自殺、その母親から責任を追求される。

【井上真央】・・・4歳の時、母親の薦めで劇団東俳に入り、5歳から子役としてキャリアを開始。デビューは1992年。

『藏』(NHK)で松たか子の幼少時代や「三井のリハウス」のCMで池脇千鶴の妹役を演じるなど、多くのドラマやCMに出演する。

1999年から2003年にかけて昼ドラ『キッズ・ウォー』(CBC)シリーズに出演。正義感溢れる少女・今井茜を演じて注目を集めた。2004年、大学進学に向け学業に専念するため芸能活動を一時休止。

2005年、芸能活動を再開すると、同年10月に『花より男子』(TBS)で連続ドラマ初主演を果たす。同作は『花より男子2』(2007年)、映画版の『花より男子F』(2008年)と続く人気シリーズとなった。

2011年、連続テレビ小説『おひさま』(NHK)でヒロインを演じ、同年末の「第62回NHK紅白歌合戦」で紅組司会を務めた。また同年公開の『八日目の蝉』で第35回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した。

2015年、『花燃ゆ』(NHK)で大河ドラマ初主演。

しばらく女優業から遠ざかっていたが、このドラマで1年9カ月ぶりに復帰を果たす。

◆工藤阿須加(役:同僚の教師)

【工藤阿須加】・・・父親はプロ野球・福岡ソフトバンクホークス監督の工藤公康、妹はプロゴルファーの工藤遥加。

五人兄妹の長男で、第一子。自身はテニスをしており、プロを目指す程の腕前だった。2012年、日本テレビのドラマ『理想の息子』で俳優デビュー。

2013年のNHK 大河ドラマ『八重の桜』に主人公・新島八重の弟・山本三郎役で出演し、さらに2013年7月から9月まで、フジテレビのドラマ『ショムニ2013』に出演した。

2014年、TBS日曜劇場『ルーズヴェルト・ゲーム』で社会人野球部の投手・沖原和也役を演じた。約100名の応募者の中からオーディションで選ばれ、父と同じポジションの投手を俳優として演じることとなった。

2015年、日本テレビのドラマ『偽装の夫婦』ではゲイの恋人役を演じた。第24回日本映画批評家大賞 新人男優賞(南俊子賞)(『1/11 じゅういちぶんのいち』『百瀬、こっちを向いて。』)

◆新川優愛(役:同僚の教師)

【新川優愛】・・・2008年2月3日、『長男の結婚』でドラマ初出演。2010年6月、『瞬 またたき』で映画初出演。2010年7月、ミスマガジン2010グランプリ受賞。

2011年8月、ミスセブンティーン2011に選ばれ、『Seventeen』専属モデルとなった。

2013年10月30日、『衝撃ゴウライガン!!』のエンディング挿入歌「de-light」(作詞:RYU-TOKU、作曲・編曲:柏原収史)で歌手デビュー。

2015年5月、『セブンティーン』専属モデルを卒業。2015年5月20日、自身のブログで『non-no』の2015年8月号からnon-no専属モデルを務めることを発表した。

◆及川光博(役:校長)

【及川光博】・・・1996年(平成8年)に「モラリティー」で歌手デビューした。

デビュー以来、自らのプロデュースにより「王子」と自称していたが、1998年(平成10年)8月22日に富士急ハイランドで行われた「ひとりのビッグショー’98『魔宮の聖戦』」で、「王子転職宣言」をした。

1998年、『WITH LOVE』に出演し、俳優としての活動を始める。2011年(平成23年)7月27日、女優の檀れいと結婚した。大河ドラマ(NHK)利家とまつ(2002年) – 前田慶次郎 役・龍馬伝(2010年) – 大久保利通 役・八重の桜(2013年) – 木戸孝允 役。

『相棒』シリーズの水谷豊演じる杉下右京の2代目相棒・神戸尊役に抜擢され、season7の最終話から登場。season8からは主役格のメインキャストとなった。

他連続テレビ小説 とと姉ちゃん(2016年4月、NHK) – 五反田一郎 役など多数。


ドラマ「明日の約束」のあらすじ

週刊文春によると、

「息子の自殺の責任を母親から追及され、崩壊寸前まで追い詰められた高校の女教師役を演じる。

また、準主役になる、対立する母親役には仲間由紀恵にオファーを出していて、返事待ちの状況です。

原作の福田ますみの本「モンスターマザー」は息子が自殺した母親がモンスターペアレントとなり、学校と対立する深刻な物語です。」

原作を忠実に表現すれば、議論になるのが必死の作品になりそうです。


ドラマ「明日の約束」のポイントはコレ!

しばらく女優業から遠ざかっていたが、井上真央さんがドラマ『明日の約束』で1年9カ月ぶりに復帰を果たすということで今から話題になっています。

復帰作として選んだ『明日の約束』は、ノンフィクション作家・福田ますみ氏の『モンスターマザー 長野・丸子明日の約束 キャストはだれ?井上真央の他に?

明日の約束(ドラマ)は2017年10月からフジテレビ火曜夜10時ドラマ枠で放送される事が決まった注目の新作ドラマです。

2005年に長野県で実際に起きた1人の男子高校生の自殺事件の真実を追ったノンフィクション作品『モンスターマザー 長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い(作・福田ますみさん)』が原作となっているドラマになります。

主演を務めるのは大河ドラマ『花燃ゆ』以来、1年9ヶ月ぶりに女優復帰を果たす井上真央さん。

男子高校生の自殺の責任を追求される女性教師役を井上真央さんが演じ、その女性教師をどんどん追い込もうとするモンペ(モンスターペアレント)役を仲間由紀恵さんが演じる予定になっています。

そこで今回は、明日の約束のキャストについてご紹介していきたいと思います!

明日の約束の原作あらすじなどを紹介

2005年12月6日。長野県のとある高校に通う男子高校生が自らの手で命を絶った。

男子高校生はバレーボール部に所属していたのだが、部員からいじめを受けていた事もあり、自殺する直前まで不登校状態だった。

男子高校生の母親(仲間由紀恵)は、バレーボール部内でのいじめが自殺した最大の理由だと考え、高校の女性教師(井上真央)などの学校側やいじめをしていたバレーボール部員たちの責任を徹底的に追求していく。

男子高校生の母親が実名を出してマスコミの取材を受け続けた事もあり、男子高校生の自殺事件に対するマスコミの報道はどんどん過熱。

いじめの対応を誤った学校側に大きな責任がある、という報道がテレビや週刊誌などで展開されてしまい、高校の女性教師らは世間から白い目で見られる事に。

しかし、男子高校生の母親の対応に疑問を感じていたジャーナリストたちが男子高校生の自殺の真相を調べていくと、意外な事実が明らかになり…。

バレーボール部内でいじめを受けていた男子高校生の自殺の責任を突き詰められる高校の女性教師と、その女性教師に対し厳しい態度を見せるモンスターペアレントがぶつかり合う様子を描くノンフィクション作品です。

明日の約束のキャストは誰?

◆高校の女性教師 役:井上真央

男子高校生が自殺した責任を男子高校生の母親に追及されてしまう女性教師。

2015年に放送された大河ドラマ『花燃ゆ』で主人公の楫取美和役を演じるなど、様々なドラマ・映画で印象的なキャラクターを好演してきた井上真央さんが1年9ヶ月ぶりにテレビドラマに帰って来る事になりました。

休養期間が長かったので、「引退か?結婚か?」というような噂があちらこちらで出回っていましたけど、2016年に事務所を移籍した事が休養期間長期化の要因だったようですね。

『明日の約束』はシリアス色の濃い作品になる事が予想されますが、デビュー当初から演技力の高さは折り紙付きでしたから、復帰作からエンジン全開で活躍してくれると思います。

◆自殺した男子高校生の母親 役:仲間由紀恵

男子高校生の息子が自殺した原因が学校側にある、と思い込んでいるモンスターペアレントの傾向が強い母親。

しかし、幼少期から虐待を加えたり、暴言を吐く、など息子に対して酷い行為を繰り返してきた。

井上真央さん演じる女性教師と激しい対立を繰り広げる男子高校生の母親役には仲間由紀恵さんがキャスティングされる事になりました。

『明日の約束』の中で完全な悪役的な立ち位置となるキャラクターを仲間由紀恵さんがどのように演じるのでしょうか。とても楽しみです。

◆役名不明 役:工藤阿須加

1.井上真央さん演じる女性教師と同じ高校に勤務する男性教師役にキャスティングされたのは、『ルーズヴェルトゲーム』や『あさが来た』『家売るオンナ』『カンナさーん!』など話題作への出演が相次いでいる若手俳優・工藤阿須加さん。

工藤阿須加さんというと、爽やかな好青年というイメージが強いですけど、『明日の約束』ではどんな性格の教師を演じてくれるのでしょうか。

◆役名不明 役:新川優愛

『セブンティーン』の専属モデルとして長年活躍した新川優愛さんも井上真央さん演じる女性教師の同僚役で出演する事になりました。

『IQ246~華麗なる事件簿~』や『銭の戦争』などの出演し、女優としても存在感を発揮している新川優愛さんの演技にも注目です。

◆校長 役:及川光博

井上真央さん演じる女性教師が勤務している高校の校長役としてキャスティングされたのは、『相棒』の神戸尊役でおなじみの及川光博さんです。

現在47歳の及川光博さんが校長役を演じるのは若干の違和感を覚えますけど、原作小説に登場する校長は男子高校生自殺事件の重要人物の1人となっていますので、及川光博さんの演技にもご注目ください。

原作者の福田ますみの作品一覧を知っていますか?

『明日の約束』の原作者である作家・福田ますみさんの作品一覧をご紹介します。

・でっちあげ 福岡「殺人教師」事件の真相(新潮社)

・されど我、処刑を望まず―死刑廃止を訴える被害者の兄(現代書館)

・スターリン~家族の肖像(文藝春秋)

・暗殺国家ロシア―消されたジャーナリストを追うー(新潮文庫)

謎多き国家として有名なロシアに関する著書も発表しているノンフィクション作家・福田ますみさん。

『でっちあげ 福岡「殺人教師」事件の真相』は、『明日の約束』の原作となっている『モンスターマザー 長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い』と同じく、悪質なモンスターペアレントがテーマとなっています。

明日の約束の注目ポイントはココ!

ノンフィクション小説の映像化、という制作陣にとっても役者にとっても難しい作品になりますが、モンスターペアレントとの激しい戦いを繰り広げていく主人公役を演じる井上真央さんの演技が最大の見どころだと思います。

井上真央さん演じる主人公の女性教師は男子高校生の母親から男子高校生が自殺した責任を取るよう迫られる、という難しい役どころになります。

1年9ヶ月ぶりとなる女優復帰を果たす井上真央さんにとっては自身の演技力の確かさを発揮する絶好のチャンスでもありますから、難役を見事に演じ切って、「井上真央ここにあり!」というところを見せつけてほしいです。

また、主人公をどんどん追い詰めていくモンスターペアレント役、という普段の穏やかなイメージからは想像もつかない役どころに挑戦する仲間由紀恵さんの演技も要チェックです。

井上真央主演の明日の約束のキャストはだれ?についてでした。業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い』(新潮社)をベースにしたオリジナル作品です。

この原作は第22回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞作品賞受賞しています。

膨大な裁判資料を丹念にひもとき、当事者への取材を重ねる中で書かれたノンフィクションがドラマでどのように描かれていくのかに注目です。

明日の約束 原作あらすじとは?井上真央が〇〇〇!?についてでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。