陸王 結末のネタバレ!

陸王 結末のネタバレ!

2017年10月15日(日)夜9時から初回は2時間スペシャルで放送されてる陸王。

創業から100年以上続く老舗足袋業者こはぜ屋四代目社長・主人公の宮沢紘一を演じるのは、今回TBS連続ドラマへの出演が、1997年7月クールに放送されたオトナの男以来、実に20年ぶりとなる役所広司さんです。どんなドラマなのか詳しくご紹介していきます。

そして、「陸王 結末のネタバレ!」についてもご紹介していきます。


陸王 気になる、あらすじ・流れ

埼玉県行田市にある足袋製造会社こはぜ屋。

その四代目社長・宮沢紘一は、年々先細る足袋の需要から今日も資金繰りに頭を悩ませていた。そんなある日、メインバンクである埼玉中央銀行へ、追加融資の相談に訪れた宮沢。

なんとか今回の稟議は受け付けてもらえたが、融資担当の坂本から、新規事業に踏み出してみてはどうかと提案をされる。

突飛な話だった為その場は軽く応えた宮沢だったが、こはぜ屋の存続がかかっているテーマだけに、真剣に考えはじめると、ほどなく、あるきっかけで新規事業について閃く。

それは、足袋製造会社としてこれまで培った技術が活かせる裸足感覚を追及したランニングシューズの開発だった。

早速動き出した宮沢は、スポーツ用品店の店主でランニングインストラクターの資格を持つ有村融を坂本から紹介されると、有村は愛知県豊橋市で行われる国際マラソン選手権を見に行こうと宮沢を誘う。

学生時代にライバルとしてしのぎを削っていた実業団ランナー・茂木と毛塚が出場する事で話題となっている豊橋国際マラソンだ。宮沢は息子の大地とともに豊橋へ向かった。

陸王 ここをチェック!注目するところ

やはり、ドラマの真髄はストーリーが命!話が面白くないとやはりドラマは盛り上がらないのです。その点で、陸王は過去に何度も大ヒットを飛ばしている池井戸潤×TBSドラマ。

定番ともいえるライバルや銀行などからの嫌がらせやトラブルなど、こはぜ屋に待ち受ける困難にいかに挑んでいくか?食い入るように見られるストーリーはもはや鉄板です。

そして1番凄いのがキャストです。主演の役所広司さん、準主役の寺尾聡さんという、日本を代表する個性派俳優が連ドラで顔を揃えるのも、日曜劇場ならではです。やはりベテランは物語をグイッと締めてくれます。

それに今、人気絶頂の竹内涼真さんや山崎賢人さんら若手勢も参戦。ベテランとの共演で、演技に覚醒するか楽しみです。

なかでも、新視聴率男と言われている竹内涼真さんに注目です。竹内涼真さんは、幼少期から大学生時までずっとサッカーをしていて、Jリーグの下部組織に入っていたまでのスポーツマンだっただけに、マラソンランナーと言う役柄はまさにぴったり。

早くもSNSで話題になっているなど、物語の鍵となるマラソンランナーを演じられるのか楽しみです。


陸王 視聴率はどう?

近年のTBS日曜劇場の平均視聴率を見てみると、家族ノカタチ…8.99%、99.9…17.15%、仰げば尊し…10.58%、IQ246…10.66%、A LIFE…14.55%、小さな巨人…13.6%、そして同じ池井戸潤さん原作の下町ロケットは16.1%からスタートして、最終回は22.3%と高視聴率でした。

全話平均視聴率は18.54%と中々な高視聴率です。陸王の初回は14.7%でしたが、下町ロケットを追い越す事は出来るのでしょうか?

主人公の宮沢がランニングシューズの製作を決意するという重要な場面が描かれた初回は、感動した、泣いたの声が多く、大きな反響を呼びました。2話も日本シリーズの裏にかかわらず14.0%と大健闘。今後も伸びていき、最終回までに20%には行けるのではないかと予想しています。


陸王 最終回、結末ネタバレとは!?

こはぜ屋は数々の難題に立ち向かううちに、色々な出会いがあり陸王シューズを開発。1話でランニングシューズ陸王開発の決意を決めた宮沢は、茂木に試作品を届けます。

2話では、宮沢は陸王のソールに最適だというシルクレイの特許使用を開発者の飯山に直談判。

アトランティス社に見放された茂木は、ミッドフット着地を習得する為、ついに陸王を履いてみる事に、しかし3話では、ソールの弱点が露呈して、第一線で活躍していたランナーの茂木が履いて走ってみる事で陸王シューズも洗練されていく。

茂木は陸王開発の重要人物になる事間違いないと思います。原作では最後は陸王を履いた茂木がレースで走り、こはぜ屋もこれまで零細企業をバカにしてきた銀行の支店長をぎゃふんと言わせる事になるかと思います。

ドラマではあのイヤラシイ支店長をどんな形でやりこめるのか、今からとても楽しみです。

山崎賢人さんがこれまで出演してきたドラマや映画

・熱海の捜査官(2010年7月 – 9月、テレビ朝日) – 四十万新也 役
・クローン ベイビー(2010年10月 – 12月、TBS) – 岡部城太郎 役
・ランナウェイ〜愛する君のために(2011年10月 – 12月、TBS) – PANDA 役

・リアル鬼ごっこ3(2012年5月12日公開、ジェネオン・ユニバーサル) – スグル 役
・黒の女教師(2012年7月 – 9月、TBS) – 安田俊介 役
・カウンターのふたり 第8話「ラブレター」(2012年8月4日、TwellV) – 鴨居一 役

・今日、恋をはじめます(2012年12月8日公開、東宝) – 長谷川西希 役
・35歳の高校生(2013年4月 – 6月、日本テレビ) – 阿久津涼 役
・チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮(2014年1月 – 3月、関西テレビ) – 桜宮葵 役

・弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜(2014年4月 – 6月、日本テレビ) – 江波戸光輝 役
・L・DK(2014年4月12日公開、東映) – 久我山柊聖 役(剛力彩芽とW主演)
・水球ヤンキース(2014年7月 – 9月、フジテレビ) – 三船龍二 役

・連続テレビ小説 まれ(2015年3月 – 9月、NHK) – 紺谷圭太 役
・永遠のぼくら sea side blue(2015年6月24日、日本テレビ) – 永田拓 役
・デスノート(2015年7月 – 9月、日本テレビ) – L 役

・好きな人がいること(2016年7月 – 9月、フジテレビ) – 柴崎夏向 役
・ヒロイン失格(2015年9月19日公開、ワーナー・ブラザース映画) – 寺坂利太 役
・orange(2015年12月12日公開、東宝) – 成瀬翔 役

・オオカミ少女と黒王子 (2016年5月28日公開、ワーナー・ブラザース映画) – 佐田恭也 役(二階堂ふみとW主演)
・四月は君の嘘(2016年9月10日公開、東宝) – 有馬公生 役(広瀬すずとW主演)
・一週間フレンズ。(2017年2月18日公開、松竹) – 長谷祐樹 役(川口春奈とW主演)

・ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年8月4日公開、東宝 / ワーナー・ブラザース) – 東方仗助 役
・斉木楠雄のΨ難(2017年10月21日公開、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント / アスミック・エース) – 斉木楠雄 役

陸王 結末はこれか・・・!?

マラソン大会当日に裕人はアトランティスのR2ではなく陸王を履いてレースに出場し、見事日本人トップでゴールする。

アトランティスの部長の小原は激怒し裕人に迫るが、怪我をした時に見捨てられた自分を同じ思いを、陸王を作た人達に味わせたくないと言葉を返した。陸王に登場する紘一の長男の大地はある企業の面接を受けて、見事採用された。

しかし大地はこはぜ屋を継ぐと言い出す。これを聞いた紘一は大地の更なる成長を願い、他でもっと多くの事を学んで来いと残留を却下した。足袋屋なんかに未来はないと思っていた大地だったが、物作りに関わる人達の情熱に突き動かされてラストには人間的に大きく成長したのです。

陸王で売上を伸ばしたこはぜ屋は大幅な収益アップを元に工場を増設した。工場は2階建てとなって大型の製造機械が3機も増えて、場内はフル稼働状態になった。

最終的にこはぜ屋の売上は以前の5倍以上になった。予想とネタバレな感じにはなっていますが、恐らくこうゆう展開になるかと思っています。ですが、どこでどうゆうふうに変わるかは分からないので、見逃す事なく見てほしいです。

最後に…

TBSでは2017年10月期の日曜劇場枠にて、池井戸潤原作の陸王をドラマ化する事が決まって、創業から100年以上続く老舗足袋業者こはぜ屋四代目社長・主人公の宮沢紘一を演じてるのは、今回TBS連続ドラマへの出演が、1997年7月クールに放送されたオトナの男以来実に20年ぶりとなる役所広司さん。

原作者の池井戸氏は「主演の役所広司さんはじめ、役者のみなさんの演技と、駅伝シーンなど、ドラマならではの演出を楽しみにしています」とコメントしました。キャストもほんとにベテラン俳優から人気若手俳優まで勢揃いとなっています。

今後の展開と下町ロケットを超える視聴率を出せるのか、とても楽しみです。是非お見逃しなく。

陸王 結末のネタバレ!についてでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。