奥様は、取扱い注意の落合モトキとは?第5話のキャストやネタバレ

奥様は、取扱い注意の落合モトキとは?

だんだんと面白さを増してきた「奥様は、取扱い注意」第5話では、菜美(綾瀬はるか)は勇樹(西島秀俊)が買い物に行ってもあまりにそっけなく、靴下はぬぎっぱなしに対しちょっとキレ気味。京子(本田翼)は渉(中尾明慶)が本気で子つくりをしようと考えているのに逃げられブチ切れ。優里(広末涼子)は啓輔(石黒賢)の家事育児に協力する気のないことに不満を爆発させ三人で家出をしてしまいました

しかし仲良し主婦3人で、お食事したり笑いあったり楽しい家出。ついでに夫たちも夜を一緒に過ごし、なんだかうらやましい限りのご近所付き合いを見ることができましたよね。しかし優里(広末涼子)に連れられてクラブに3人の主婦が行ったところ、怪しい二人の男たちに狙われてしまいました。この怪しい男の一人が、実は結構イケメンで知っている人は知っている俳優さんなのでちょっと気になって調べてみました。


奥様は、取扱い注意 第5話の落合モトキさん役どころについて

第5話でクラブに訪れた主婦三人菜美(綾瀬はるか)京子(本田翼)優里(広末涼子)。楽しく踊っていたのですが、踊り終わってすぐに席に戻ろうとしたところとトイレに行くところと、ロッカーに行くところとの3回にわたり大原優里(広末涼子)さんをナンパする男役で出演していたのが「落合モトキ」さんという俳優さんです。

気が付いた人はたくさんいて、ツイッターでも騒がれていました。大原優里(広末涼子)をしつこく誘い、ロッカーのところでは、ロッカーに追い込み壁ドーンみたいな・・・「人生は一度きり・・・・試してみないか」と詰め寄り、悪そうなんだけど、かっこよすぎて、私ならなびくみたいなツイッターのコメントも沢山ありました。大原優里(広末涼子)さんも少し未練がありそうでしたよね。啓輔(石黒賢)よりもしかして・・・

一瞬の出演にもかかわらず、気になってしまうような存在感でしたね。演技力が高いのでしょうね。

落合モトキさんについて

本名は、落合扶樹(おちあいもとき)
生年月日 1990年7月11日(27歳)
出身地  東京都
身長   177㎝
血液型   O型

落合さんは4歳の時にスカウトされたことがきっかけで芸能活動が開始しています。子役から活躍していた俳優さんなんです。

1996年に放送されたいたバラエティ番組「やっぱりさんま大先生」でレギュラー出演していたそうです。さすが、さんまさんの番組だけあって、落合さんの名前はここで知った人も多いのではないでしょうか?

その後、ドラマや映画へ出演していたのですが、11歳のころまでは「親が喜んでくれるからお仕事をしている」という
感じだったみたいです。親孝行ですね。

しかし中学生に上がると転機が・・訪れました。2004年に落合さん主演されたドラマ「4TEEN」で芝居に魅了されたんです。ここから自分の意志で役者としてやっていこうと決意したそうです。14歳の決意だったんですね。


俳優を志したきっかけとなったドラマ「4TEEN」について


2004年にWOWWOWにより「ドラマW」の一作としてテレビドラマ化されました。14歳4人の少年が下町月島を舞台に恋をしたり傷つきながら大人になっていく様子を描いた青春ドラマでした。

「ナオト」役にて落合モトキさんは出演しており、その時に俳優としてやっていくと自分自身で決意したきっかけをくれた
ドラマです。

中学生男子がこんなことまでやれちゃうんだっていう驚きと、タイプの全く違う4人の強いきずなの話です。共演者の中には、柄本時生さん(当時14歳)や菅原文太さん中尾ミエさんなど、大物俳優さんから現在活躍している俳優さんまでいてすごいきっかけを作ってくれた作品だったみたいですよ。


やっぱりさんま大先生について


内山信二や前田愛など有名子役にしてしまう「あっぱれさんま大先生」の後続番組が「やっぱりさんま大先生」でした。子役の登竜門とも言われた大人気番組に6歳の落合モトキはレギュラーとして出演していたのです。

たどたどしいしゃべり方で存在感を発揮していたことを覚えている人も多いことでしょう。かわいくて大人の心をくすぐる子役として人気を高めたとして有名です。

落合モトキさんの最近の活躍について

4歳から27歳の現在まで、ものすごい数の出演作品があるのですが、最近では「こえ恋」永野芽郁さん主演ドラマにレギュラー出演していました。また、「笑う招き猫」では主演清水富美加さんの幼馴染役で主演もされていました。

脇役やゲスト出演が多いのですが、演技力は今回の「奥様は、取扱い注意」を見てもわかるとおり、ちょっと出演しただけでも、この人誰?と誰もが魅了されるようになってしまう俳優さんで、今後もいろいろなドラマや映画で見る機会が増えそうですね。

イケメンと言われているだけあって、数々のドラマにひっきりなしに、出演してますが、ちょっと出ただけでも存在感を見せつけられるような俳優さんですよね。

彼女はいるの?

幼少期のころからかわいらしい姿で、「かわいい」と有名でしたが、それから20年、いまではイケメン俳優になっています。学生時代もずっと途切れることなく数々の人気ドラマや映画に出演。そんなイケメンにはつきものの彼女。

最近では大田莉奈(松田龍平の妻)の浮気離婚騒動の相手ではないかと名前が浮上していました。ほかにも「霧島、部活やめるってよ」で共演していた橋本愛さんとも噂はありました。

橋本愛さんは週刊誌に寄り添うツーショット写真がスクープされましたがその後はどうなっているのか・・当時17歳だった橋本愛さんのファンが未成年に手を出したとファンが炎上し落合モトキのブログコメントに誹謗中傷が届き破局したのではないかと言われていたみたいですよ。

イケメンな落合モトキさんに彼女がいるのは、仕方がないことですよね。

今後の活躍について

2018年公開予定、映画「台湾より愛をこめて」に落合モトキさんが出演します。台湾が舞台の青春ロードムービー。大学時代から学生映画祭で数々の賞を射止めて、台湾でアイドルを目指すユーチューバ―として人気の異色クリエイター三原慧悟さんがメガホンをとっています。

5年前、漫才師として成功することを夢見ていた雄介(大野拓朗)と光一(落合モトキ)そして台湾で歌手を目指すリンは3人の夢が叶ったらもう一度この場所で再開しようと約束。

ところが雄介と光一はコンビを解散。光一は会社員に雄介はピン芸人を続けるが売れない日々を送っていた。そんな雄介に対し光一は台湾に行こうと提案。5年前に誓った約束の日であり何かを吹っ切るために二人は旅に出る。くだらない話で盛り上がったり喧嘩したり、雄介たちはもう一度人生を見つめな直していくのです。

この映画では、主役級ですよね。落合モトキさん、これからすごい俳優さんとなっていくのではないでしょうか。とっても楽しみですね。どこかで大ブレイクもあるかもしれませんよね。

奥様は、取扱い注意、今後は恐ろしい組織との絡みなどもあるので、5話でちょい悪役だった落合モトキさんがまたどこかの回で出演するのではないかと期待する声も多いですが、さてどうなっていくのでしょうか。奥様は、取扱い注意も見逃さずに見ていかなければなりませんね。

奥様は、取扱い注意 5話に出演していたイケメンナンパ男役「落合モトキ」さんについて調べてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。