明日の約束 黒幕はミッチーが怪しい?

明日の約束 黒幕はミッチーが怪しい?

みなさん、毎週火曜日の夜9時からフジテレビにて放送されている『明日の約束』というドラマをご存知ですか?井上真央さんが、約5年ぶりに連ドラの主役を務めることで話題になっていますよね。

今回は、そんな大人気ドラマ『明日の約束』黒幕はミッチーが怪しい?』のご紹介をさせていただきます。


明日の約束ってどんなドラマ?

『明日の約束』は、『モンスターマザー 長野・丸子実業「いじめ自殺事件」 教師たちの戦い』をベースにしたオリジナル作品なんです。ということは、最後がどうなるかは誰にも分からないということです!

脚本…古谷和尚
『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』、『スミカスミレ45歳若がえった女』

プロデュース…河西秀幸
『嘘の戦争』、『銭の戦争』

プロデュース…山崎淳子
『デート~恋とはどんなものかしら~』

音学…眞鍋昭大
『大貧乏』

主題歌…東方神起(Reboot)

製作が関西テレビということで、スタッフも力が入っていますね。次々にヒット作を生み出している関西テレビなので、今回もヒットにつながりそうです。

キャストはだれ?

藍沢日向…井上真央

スクールカウンセラーであり、誰よりも生徒の心に寄り添いたいと思っている。
日向がそのようになったのには訳がある。それは、自分自身が「毒親」の存在に悩み、誰にも相談できずに苦悩したという背景があるからである。家庭訪問の時、圭吾(遠藤健慎)の部屋や表情などから、母・真紀子(仲間由紀恵)の過干渉を感じ取るのであった。

吉岡真紀子…仲間由紀恵
圭吾の母親であり、いわゆるモンスターペアレント。娘には放任主義であるにもかかわらず、息子の圭吾のことは溺愛し過干渉。
持ち物や行動などを念入りにチェックするなどして、日頃から異常なまでのプレッシャーを与え続けてきた。スクールカウンセラーである日向に対し、強烈な不信感を抱いている。

吉岡圭吾…遠藤健慎
吉岡健慎は、椿が丘高校の1年B組の生徒でバスケ部に所属していたが、不登校となってしまう。ある日、不可解な死を遂げる…。

霧島直樹…及川光博
霧島直樹は、圭吾のいる1年B組の担任。プロの教師、もしくはプロに徹しようとするデキる男。人当たりもよく、周囲の感情に振り回されることなく問題を解決しようと務めるため、日向からも信頼されている。また日向の提案に同意し、クラス内にいじめがなかったかを調べる。

本圧和彦…工藤阿須加
本圧和彦は、日向の恋人であり付き合って3年になる。ブライダル会社に務めており、多忙である。
一見穏やかな好青年であるが、実は複雑な家庭で育っており、心に闇を抱えている。

北見雄二郎…白洲迅
北見雄一郎は、2年A組の担任教師であり、正義感に満ち溢れている。日向に対しては好印象を抱いており、応援している。

藍沢尚子…手塚理美
藍沢尚子は日向の母親であるが、毒親で日向を日々苦しめている。突然、怒り出すことがある。

轟木博雄…羽場裕一
轟木博雄は、日向が勤務する椿が丘高校の校長。スクールカウンセラーとして、一生懸命な日向を信頼している。

大宮奈緒…新川優愛
英語の教師であり、2年の副担任も務めている。日向には、恋愛相談をしている。

小嶋修平…青柳翔
「週刊スクープ」の記者であり、圭吾の死について取材をする。学校に不満のある真紀子とは、何か繋がりがある模様…。

田所那美…井頭愛海
圭吾のクラスメートで、学級委員長。クラスで「いじめ」があったことに気付いており、日向の相談室に出向く。

長谷部大翔…金子大地
圭吾の所属するバスケ部の先輩。圭吾から「僕は、先輩のせいで死にます。」というメッセージが届く。

増田希美香…山口まゆ
圭吾の所属するバスケ部のマネージャーであり、2年A組の生徒。母親との間に深刻な問題を抱えており、現在は叔父叔母の家に住んでいる。

白井香澄…佐久間由衣
圭吾の幼馴染だが、いじめが原因で2年前に椿が丘高校を中退している。現在はスーパーマーケットでアルバイトをしながらダンススクールに通う。

仲間由紀恵さんが、高校生の親を演じるようになるとは…。他にも及川光博さんや工藤阿須加さんなど、注目の俳優さんがたくさん出演されていますが、やはり一番注目したいのは井上真央さんですね‼︎かつては女子高生役だった井上真央さんが、今度は高校のスクールカウンセラーですから、大人になった井上真央さんがどのような演技をされるのか興味があります。


あらすじが知りたい‼︎

井上真央さんの演じるスクールカウンセラー・藍沢日向が、赴任先の高校で起こった生徒の謎の死の真相を究明するヒューマン・ミステリーです。

「親でもない、教師でもない、最後に味方になってあげられる大人」として、学校や家庭の問題に悩み苦しむ生徒に対して、心のケアをする日々。

日向自身も毒親の存在に苦しみながら、前向きな性格を武器にあらゆる問題から逃げずに立ち向かう。そんな彼女がたどり着く「親子の形」とは…?

日向(井上真央)は、不登校の生徒・吉岡圭吾(遠藤健慎)のカウンセリングをするために家に訪れるが、そこで本当は母親(仲間由紀恵)との関係に悩んでいるのではないかと思い、気にかけるように。

「先生のことが好きです。」

しかし圭吾は日向に突然告白をする。翌日、彼は不可解な死を遂げる……。はたして彼はなぜ死んだのか?

「犯人探し」が始まると、彼が抱えていた心の闇が次から次へと明らかになる。学校でのいじめ、毒親の過干渉、彼自身の非行歴と不穏な交友関係……。
日向は圭吾の母親(仲間由紀恵)から息子の死の責任を追及され、精神崩壊寸前まで追い詰められるように。はたして日向は、モンスターペアレントに対してどのように立ち向かうのでしょうか?

では、いったい圭吾の抱えていた心の闇とはどんなものだったのでしょうか?


学校でのいじめ

圭吾がバスケ部でいじめにあっていたのではないかという希美香からの告白を受け、日向は霧島とともに聞き取り調査を行うことに。

すると、2年でキャプテンの長谷部と1年の沢井が圭吾と距離を置いていたことがわかる。「圭吾の自死の原因となったいじめの主犯格」として、ネット上で長谷部は個人情報をら晒されるまでになるが、実はそれは誤解であったことがわかる。

長谷部と圭吾が不仲になった原因は、圭吾からの「喫煙をバラされたくなければベンチ入りさせろ」という脅迫が原因だったのだ。

さらに、長谷部のLINEに送られてきた圭吾からのメッセージ「僕は、先輩のせいで死にます。」は、圭吾が死んだ後に送信されたものだったということが後に分かる。

圭吾の非行

圭吾には、中学の時に2日間家出をしている過去がある。圭吾の友人であった沢井の話では、その時から圭吾の様子は変わったとのこと。また、同時期に椿が丘高校の3年生であった香澄が歩道橋の階段から落ちて大ケガをするという事件も起きている。香澄に関しては、付き合っていた人とお酒を飲んで退学になったという経緯もあるため、何かの関係がある模様。

毒親の過干渉

圭吾の親である真紀子は、異常なまでに圭吾のことを溺愛している。過去にはクラス替えに意見したり、担任を変えて欲しいと訴えた過去も…。

圭吾の部屋で長谷部と沢井がタバコを吸ったことに関して圭吾がメールで長谷部を脅しているが、これに関して日向は母親である真紀子が行なったのではないかとふんでいる。圭吾の妹も真紀子が圭吾の部屋を盗聴していると思っている様子。

また、圭吾が死ぬ間際に長谷部に対して送っているLINEも、実は圭吾の死後に送られていたことが分かり、実は真紀子が送っていたのではないかと予想される。

いったい黒幕は…黒幕はミッチーが怪しい?

現時点で1番怪しいのは母親である真紀子。真紀子の過干渉などに耐えきれず圭吾が自殺したのではないか、またそのことを受け止められない真紀子が必死に周りのもののせいにしているのではないかというとこでしょうか?

しかし、まだ物語は中盤…まだまだ謎の残る香澄や、教師としてプロ意識を持っている霧島(ミッチー)あたりも気になります。

真紀子に関しては、すでに情報が出すぎている感じがするので、今後は香澄や霧島の動向にも注目して見てみてはいかがでしょうか?

明日の約束 黒幕はミッチーが怪しい?についてでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。