植木等とのぼせもん 鈴木愛理(奥村チヨ役)が・・・

植木等とのぼせもん 鈴木愛理(奥村チヨ役)が・・・!

みなさん、9月2日(土)夜8時15分スタートのNHKドラマ『植木等とのぼせもん 』をご存知ですか?昭和を代表する大スター植木等さんと、そんな植木等さんを支えた小松政夫さんの師弟関係を描いた、楽しくて泣けるという話題のドラマです。

今回は、そんな大人気ドラマ『植木等とのぼせもん 』のご紹介をさせていただきます。


のぼせんもんってなに?

のぼせもんというのは、博多の方言ですぐに熱中する人のことを言います。この物語では、小松政夫さんが恋に仕事に、何事に対しても熱中し、一人前のタレントを目指して行く姿をのぼせもんと呼んでいます。

『植木等とのぼせもん 』ってどんなドラマ?

では、『植木等とのぼせもん 』とはどんなドラマなのか見ていきたいと思います。

原案…小松政夫「のぼせもんやけん」
原作の『のぼせもんやけん』は、2006年6月に発売されており、『のぼせもんやけん2』は、2007年12月に発売されています
脚本家…向井康介
演出:西谷真一 榎戸崇泰

原作も、笑って泣ける小説として大人気です。この原作をどのようにドラマ化したのか、次に気になるキャストを見て見たいと思います。


キャストはだれ?

植木等…山本耕史
クレージーキャッツのなかでも看板のコメディアン。しかし本当は大変真面目な性格で、大スターになってからも「こんなふざけた仕事をしていていいのだろうか」と自問自答するに。家族思いで、植木等の付き人となった松崎を温かく迎え入れるのだった。

松崎雅臣(※のちの小松政夫)…志尊淳
博多出身で、“のぼせもん”。父の死後、家族を支えるためにセールスマンとしては働いていたが、植木の運転手兼付き人に応募し見事採用される。それ以降、公私ともに植木等の人生を間近で目にすることで、自らもコメディアンを目指すように。

ハナ肇…山内圭哉
クレージーキャッツのリーダー。短気なところもあるが、世話焼きなところもある、情の熱い男。「リーダーはこの俺だ」が口癖。

谷啓…浜野謙太
クレージーキャッツでコントを考案している。東京五輪に感銘を受け、グループを脱退しようかと思い悩んでいる。

鎌田みよ子…武田玲奈
植木家の近くにある理髪店の理容師。髪を切りに来た松崎にアパートの部屋を紹介して以降、松崎にとって憧れの存在になる。

久野征四郎…中島歩
若手二枚目俳優。松崎とはタイプが異なるが、ひょんなことから意気投合する。

鎌田巌…でんでん
みよ子の働く理髪店の店主であり、みよ子のおじ。松崎がみよ子に手を出すのではないかと、常に松崎に対しにらみを利かせている。

ツル子ママ…坂井真紀
松崎の通うスナックのママ。飾らない人柄で、松崎やみよ子、久野ら若者の相談相手でもある。

松崎ハツエ…富田靖子
博多に住む松崎の母。松崎がいつも世話になっている植木に挨拶をしなければと、「来んでよか」と松崎が言うのも聞かず上京して来てしまう。

古澤憲吾…勝村政信
バイタリティにあふれる映画監督。「ニッポン無責任時代」など植木の代表作となる映画を数多く手がけた。

植木登美子…優香
植木の妻で、四児の母。明るく、面倒見が良く超多忙の植木を支えつづける。付き人となった松崎の母親代わりとして面倒を見てやる。

植木徹誠…伊東四朗
植木の父で、元は僧侶。植木や松崎が悩んでいる時、哲学的な物言いでヒントを与え、そうかと思えばトボケてみせて煙に巻いたりする、不思議な老人。

なんと豪華なキャストの方々ですね‼︎
山本耕史さんの演じる植木等さんもとても気になりますね。では、植木等さんといえばたくさんの名曲も歌っております。そんなドラマを彩る様々な歌手の方々を次に見て見ましょう‼︎


物語中の歌手の方々

ザ・ピーナッツ…鈴木みな・まりあ 第1回から登場
Who’s That Girl(フーズ・ザット・ガール)というユニットで歌手活動をおこなっている、現在17歳の双子です。父親はイラン人、母親は日本人というハーフだそうです。今回は3ヶ月前から猛練習を重ね、ザ・ピーナッツを演じます。

伊東ゆかり…中川翔子 第2回から登場
「大先輩の伊東さんに対する尊敬と憧れの念を込め、自分なりに歌わせていただきました」と、役作りに関しての努力をのぞかせています。

奥村チヨ…鈴木愛理 第2回から登場
「私がまだ生まれていないころのお話だからこそ、大切に忠実に再現したいという気持ちで臨みましたので、どこか懐かしい気持ちも思い出していただけたらいいなと思います。」鈴木愛理さんは、まだ産まれていない時代の演技で戸惑いもあるものの、見事に演じきっています。

園まり…山本彩 第5回から登場
山本彩さんは、「昭和を代表する園さんを演じることができて光栄です。現代とはまた違った歌詞が持つ言葉の重みや強さを感じていただけたら」と語っています。

中川翔子さんも、山本彩さんも歌唱力があることで有名ですね。しかし今回のドラマでは個人的なうまさではなく、役になりきった上での歌唱力の高さを見せてくれているので、ドラマの世界観を見事に作り上げてくれています。また、鈴木愛理さんにいたっては、ドラマで初めて見て歌の上手さに驚いたという意見も上がっています。

では、次に鈴木愛理さんとはいったいどんなひとなのかを見ていきたいと思います。

鈴木愛理さんってどんな人?

鈴木愛理
2005年 – 2017年に℃-uteとして活動しています。
その間、2013年4月に慶應義塾大学環境情報学部に入学し、2015年6月号より、女性ファッション雑誌「Ray」の専属モデルとして活動を開始しています。
2017年6月12日、さいたまスーパーアリーナでの℃-ute解散公演を以て、ハロー!プロジェクトを卒業。

なかなかの才色兼備の持ち主です。また元ハロー!プロジェクトということで、歌のうまさも納得です。

気になるあらすじ

では、『植木等とのぼせもん』のあらすじを見て見ましょう‼︎

主人公である植木等は、悩みながらも「スーダラ節」を熱唱し、「無責任男」を身体を張って演じることで、テレビの画面で、ステージ上で、多くの人々を魅了し続ける。

そんな彼のことを一番そばで見てきたのが、付き人兼運転手として働いてきた、俳優・コメディアンとして活躍する “のぼせもん”こと小松政夫。彼は植木のことを「親父さん」と慕っていた。

時代の寵児・植木等と、彼のことを支えつづけ、やがて彼の元から巣立って行った青年・小松政夫による「師弟=“父子”ドラマ」を、当時のテレビバラエティーや映画の熱気ある撮影風景をふんだんに盛り込んだ、笑いと涙のドラマである。

このドラマでは、各俳優さんがご本人のイメージを崩すことなく、歌にコメディに完璧に演じていらっしゃることが魅力だと思います‼︎主役である山本耕史さんにいたっては、歌のところで植木等さんが過去に歌ったものに吹き替えているのではないかというほどの完成度の高さです。

『植木等とのぼせもん』の見どころは?

では、ドラマ『植木等とのぼせもん』の最大の見どころはどこなのか、見ていきたいと思います。

『植木等とのぼせもん』の最大の見どころは、やはり植木等自身の生き様でしょう‼︎
テレビではひょうきんな姿を見せていながらも、根は超真面目な植木等のプライベートと仕事とのギャップがどのように描かれているのか、というところではないかと思います。

植木等さんというと、口を大きく開けてガハハと馬鹿笑いをしているイメージが強いですが、プライベートでは真面目な面が強く、自分の仕事のあり方や向き合い方について、苦悩する日々を送っていたそうです。

良い意味でプライベートと仕事のギャップが激しい植木等という役を山本耕史さんがいったいどのように演じるのか?というところはもちろん、仕事のあり方に苦悩する植木等を見守る松崎雅臣を志尊淳がどのように立ち振る舞うのかもどうぞご注目ください。

植木等とのぼせもん 鈴木愛理(奥村チヨ役)が・・・!についてでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。