ドクターx5のロケ地(撮影場所)はどこ?病院はいつもの?

ドクターx5のロケ地(撮影場所)はどこ?病院はいつもの?

2016年10月13日からテレビ朝日系列で放送される秋ドラマ『ドクターX 外科医・大門未知子』。

2012年に第一期が放送された人気シリーズが今回は第四期を迎えることで楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は 『ドクターX 外科医・大門未知子』のロケ地となる撮影場所をご紹介していきたいと思います!


ドクターx5の基本情報とは

2017年10月スタート

テレビ朝日 毎週木曜日 午後9時~午後9時54分

・脚本 :林誠人(ドラマ『ストロベリーナイト』『遺産相続弁護士 柿崎真一』)寺田敏雄(朝ドラ『てっぱん』ドラマ『必殺仕事人』シリーズ)
香坂隆史(ドラマ『真昼の悪魔』『火の粉』)

・演出 :田村直己(特撮『仮面ライダーエグゼイド』ドラマ『グッドパートナー 無敵の弁護士』)松田秀知(ドラマ『花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス~』『遺産争族』)

・ゼネラルプロデューサー:内山聖子(ドラマ『女囚セブン』『刑事7人』)

プロデューサー:大江達樹(ドラマ『スミカスミレ 45歳若返った女』『ドクターY~外科医・加地秀樹』)都築歩(ドラマ『緊急取調室』『ナポレオンの村』)霜田一寿(ドラマ『ナイトホスピタル 病気は眠らない』『遺産争族』)池田禎子(ドラマ『遺産争 』『犬を飼うということ~スカイと我が家の180日~』)大垣一穂(ドラマ『家政婦は見た!』『ドクターY~外科医・加地秀樹』)

・企画協力:古賀誠一(ドラマ『グ・ラ・メ!~総理の料理番~』『女囚セブン』)
音楽:沢田完(ドラマ『不機嫌な果実』『奪い愛、冬』)

・主題歌:未定

・制作協力:ザ・ワークス

・制作著作:テレビ朝日

『ドクターX』2期から制作陣のメンバー入りを果たしている林誠人さんと寺田敏雄さんに加え、4期に引き続いての担当となる香坂隆史さんの3名が『ドクターX5期』のメイン脚本を務めます。

林誠人さんは『相棒』や『ストロベリーナイト』などの刑事ドラマのほか、異色の推理ドラマ『TRICK』の脚本を担当した実績を持つなど、長年にわたり、日本のドラマ界で活躍しているベテラン脚本家です。

『ドクターX』シリーズは、シンプルで分かりやすいストーリー構成とテンポの良さをウリにしている医療ドラマですから、林誠人さんをはじめとする脚本陣も過去のシリーズの長所をしっかりと受け継いでくれる事でしょう。

ドクターx5のロケ地(撮影場所)とは

残念ながらドクターx5のロケ地(撮影場所)はまだ分かっていません。

そこで、2016年に放送されたドクターxのロケ地(撮影場所)についてまとめてみました!

①東帝大学病院のロケ地は日本工学院専門学校蒲田校

京浜東北線蒲田駅西口、東急線蒲田駅から徒歩2分程度の場所にある日本工学院専門学校蒲田校。

この壮大な景観の専門学校はクリエイター、デザイン、IT、テクノロジー、医療など幅広い分野の技術が学べることで知られています。

どうやら日本工学院専門学校蒲田校がメイン舞台となる東帝大学病院のロケ地の一つになっているようです。

実際、10月4日や5日に米倉涼子が撮影をしているという目撃情報が多発しました。

中庭などでも撮影が行われたようですね。

日本工学院専門学校蒲田校の住所:東京都大田区西蒲田5-23-22

②東帝大学病院の内部は千葉大学病院

外房線本千葉駅から徒歩20分程度の場所にある千葉大学病院。

ここも『ドクターX2016』の舞台・東帝大学病院のロケ地の1つになっています。

千葉大学病院の住所:千葉県千葉市中央区亥鼻1-8-1

③東帝大学病院のエレベーターは新宿パークタワー

西新宿にある新宿パークタワー。新線新宿駅と初台駅のちょうど中間あたりにあります。

ここは東帝大学病院のエレベーターの撮影場所になりました。

新宿パークタワーの住所:東京都新宿区西新宿3-7-1

病院は同じところかもしれませんね!

これからどんどん情報が分かってくるとは思いますので楽しですね!


ドクターx5のあらすじとは

前回の4期では、東帝大学病院に勤めていた大門未知子ですが、5期も同じ東帝大学病院が舞台となります。

内田有紀さん演じる城之内博美の手術に成功し、西田敏行さんが演じる蛭間重勝を失脚させた4期から1年。

新たなトップを迎え、新体制で病院の運営に望む大門未知子ですが、改革についてまわるのが抵抗勢力という存在です。

旧体制時代に美味しい思いをしていた人々が、改革を阻止しようと暗躍し始めます。

はたして、大門未知子は改革反対派の妨害を乗り越え、己の信念を貫くことができるのでしょうか?


ドクターx5の視聴率予想とは

ドラマ『ドクターX5期』の平均視聴率を予想していきましょう。

まずは、『ドクターX』シリーズの過去作品の平均視聴率を振り返っていきましょう。

1期(2012年):19.1%

2期(2013年):23.0%

3期(2014年):22.9%

スペシャル(2016年):22.0%

4期(2016年):21.5%

最近の連ドラは平均視聴率が15%を超える事も難しい、といわれていますけど、そんな中で『ドクターX』シリーズは2期から平均視聴率20%超え、という快挙を達成しています。

それでは、『ドクターX5期』の平均視聴率を予想していきましょう。

ズバリ、22.5%と予想します。

2期の23.0%を超える可能性も十分あると思いますが、シリーズものの連ドラは視聴者の層が固定される事が一般的ですので、過去作品とほぼ同じぐらいの平均視聴率になる、と考えています。

ドクターx5のロケ地(撮影場所)はどこ?病院はいつもの?についてでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。