陸王 ネタバレ!原作はある!結末最終回のネタバレまでわかる!?

陸王 ネタバレ!原作はある!結末最終回のネタバレまでわかる!?

2017年10月期の連続ドラマに決定した「陸王」は、池井戸潤さんの最新作をドラマ化したものです!

老舗足袋業者がランニングシューズの開発に挑む。

その社長役には役所光司さんがすでに決定しています!

そこで今回は、陸王の原作ネタバレ情報をご紹介したいと思います。


ドラマ「陸王」のネタバレあらすじとは

物語の舞台は埼玉県行田市にある老舗足袋業者「こはぜ屋」である。

四代目社長である宮沢紘一は、年々先細る足袋の需要から資金繰りに日々奮闘していた。

そんな時、銀行の担当者との話し合いの中で新規事業への参入を考え始める。

今よりも会社をもっと大きくしたいと言う気持ちではなく、なんとか会社を存続させなければならないという思いからだ。

足袋製造での技術を生かせる新規事業とは何なのか宮沢は考える。

そこで考えたのは、“裸足感覚”のランニングシューズだ。

しかし、「こはぜ屋」の従業員は約20名。資金も乏しく、人材や開発力にも力はなく苦難の道のりだったのだ。

ランニングシューズはすでに世界的有名ブランドも開発しており、地方の零細企業にとってそんな相手との競争に挫けそうになる事もあった。

しかし、それを支えてくれたのは、家族、従業員、取引先、銀行の担当者だった。

そして、次第に新たな人脈もでき、その人脈こそが彼を救う事になる。

裸足感覚のランニングシューズは完成することができるのか!?

「こはぜ屋」は経営難を脱することができるのか!?このドラマは、1人の社長と従業員が奮闘する企業再生ストーリーです。

原作「陸王」の結末ネタバレとは

※以降ネタバレがありますのでご注意ください

原作もドラマのあらすじ同様、ランニングシューズの開発から物語は始まります。

開発シューズは「陸王」と名付けられた。そして転機となるのは、ダイワ食品の陸上部に所属する茂木裕人との出会いだった。

茂木は怪我でしばらく陸上に復帰することができなかったが、その復帰戦に向けてこのシューズを履いてもらおうと動き始める。

「陸王」の茂木モデルを作り本格的に動きだす。茂木は「陸王」を履いて記録会での好記録を出しニューイヤー駅伝にも選出される。

それをよく思っていなかったのが、茂木を以前サポートしていたアトランティスだった。

アトランティス側は、茂木に「こはぜ屋」の経営難が悪化している事を伝える。

それを聞いた茂木は、シューズの供給がなくなってしまうかもしれないと、陸王ではなくアトランティスのRIIを履くようになるのだ。

それを見た宮沢は、「君が他社のシューズを選んでもうちの社員は君を応援することに変わりはない」と言う。

駅伝当日、バスから下りた茂木はRIIを履いていた。それを見たアトランティス社長は勝ち誇るが走る直前に茂木は陸王に履き替える。

そして茂木は見事区間賞を受賞し、陸王もまた話題となった。これでうまくいくと思えたが、アトランティスは、横やりを入れ宮沢は陸王の生産を諦めようとするのだ。

しかし、そんな宮沢に手を貸したのはフェリックスの創業者・御園丈治だ。

融資を頼み一度は断られたが、「3億円の融資、融資の期間は5年、3年間の発注保障」を条件に融資することを提案される。

宮沢は社員を集め説得をし、陸王を製造・販売することを託した。

そして茂木も陸王を履き続け記録を伸ばしていき、陸王は有名シューズをなるのだった。


ドラマ「陸王」の最終回も原作と同じような結末になるのか?

原作の簡単なあらすじを前項でご紹介しましたが、ドラマでの結末も原作を同じような展開になると予想しています。

このドラマは、創業100年の歴史を持つ足袋業者「こはぜ屋」が、経営難になり店を存続するためにランニングシューズを開発していくというドラマです。

経験もノウハウもない足袋業者が1足のランニングシューズ「陸王」を完成させ成功させるまでのサクセスストーリーでもあります。

1.原作と同じように、「陸王」が一躍有名シューズになる結末であると個人的には予想しています。


ドラマ「陸王」の見どころとは

零細企業が生き残りをかけて戦うと言うのは、同じ枠で放送された『下町ロケット』が思い浮かびます。

この「こはぜ屋」は、モデルとなった会社があります。

それが、埼玉県行田市にある「きねや足袋株式会社」。創業が1929年という老舗です。

現在の従業員が26人という、決して大きな会社ではありませんが、1964年にゴム底足袋の製造を開始、1970年にセミオーダー足袋の製造を開始し、2006年には「足袋の館」を開館しています。

そして、2013年に発売したのが「ランニング足袋 きねや無敵」です。

この商品の開発には、たいへんな苦労があったようですが、それがドラマで描かれることになります。

ドラマ化にあたり、原作のイメージを維持したまま臨場感のあるドラマにするため、埼玉県行田市などでロケハン。

そして肝心なシューズに関しても、原作中に登場する走り方を研究したり、ランニングシューズについて細かな点まで取材して準備を勧めているようです。

また、ドラマでニューイヤー駅伝を取り上げるので、今年の1月1日に撮影が行われています。

役所広司さんがTBSのドラマに出演されるのは、1997年7月クールの『オトナの男』以来20年ぶり。

見ごたえのあるドラマになりそうですね。

陸王 ネタバレ!原作はある!結末最終回のネタバレまでわかる!?についてでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。