陸王 ロケ地(撮影場所)はどこ?ドラマ化!

陸王 ロケ地(撮影場所)はどこ?ドラマ化!

2017年10月からTBS日曜劇場で放送される秋ドラマ『陸王』。

『半沢直樹』や『下町ロケット』、『民王』などの大ヒット作品の池井戸潤作品が原作のヒューマンドラマであり、役所広司、山崎賢人らが出演することで話題になっています。

そこで今回は、陸王のロケ地(撮影場所)についてなど詳しくご紹介していきたいと思います!


ドラマ「陸王」の基本情報とは

放送時間:毎週日曜21時00分~

放送開始日:10月未定

放送局:TBS系

放送回数:全?話

原作:池井戸潤「陸王」(集英社 刊)

脚本:八津弘幸

プロデューサー:伊與田英徳(「半沢直樹」「下町ロケット」) 飯田和孝

演出:福澤克雄

ドラマ「陸王」のロケ地&撮影場所とは

撮影は2017年1月1日から行われています。

◆メイン舞台のモデルは埼玉県行田市

主人公の宮沢(役所広司)が経営する会社は埼玉県行田市にある老舗足袋会社「こはぜ屋」という設定。埼玉県生田市は明治時代から足袋の生産で栄えた町。昭和13年には足袋の全国生産量の8割を行田市が担っていたと言われています。

市内には国登録有形民俗文化財である「足袋とくらしの博物館(元牧野本店)」があり、昔ながらの足袋工場や職人による足袋製造の実演を見ることができます。

ここは役作りのために山崎賢人が訪れたようですね。

足袋とくらしの博物館の住所:埼玉県行田市行田1-2

◆宮沢の会社「こはぜ屋」のモデルは埼玉県行田市にある「きねや足袋㈱」

『陸王』原作のメイン舞台となる宮沢(役所広司)が経営する「こはぜ屋」。ここは行田市にある足袋製造会社「きねや足袋㈱」がモデルになりました。

もしかしたら外観などが撮影場所として使われる可能性もあるでしょう。

きねや足袋㈱の住所:埼玉県行田市佐間1-28-49

◆ニューイヤー駅伝のスタート&ゴール会場「群馬県庁」前

群馬県前橋市にある群馬県庁。ここは毎年1月1日に行われるニューイヤー駅伝のスタート&ゴール地点になります。

ドラマ『陸王』ではニューイヤー駅伝の様子が劇中に登場させるため、実際のニューイヤー駅伝当日にここでロケを行いました。

ニューイヤー駅伝のゴールの様子も臨場感たっぷりに撮影を行ったようですね。

群馬県庁の住所:群馬県前橋市大手町1-1-1


ドラマ「陸王」のあらすじとは

宮沢紘一は、埼玉県行田市にある老舗足袋業者の四代目社長として日々奮闘していたが、年々先細る足袋の需要から、資金繰りに悩む月日を過ごしていた。

そんな折、銀行担当者とのやり取りを通じて、新規事業への参入を考え始める。それは、会社を今より大きくしたいという気持ちより、新規事業がなくては、この先会社の存続自体が危ぶまれるという危機感から始まったものだった。

そしてその事業とは、足袋製造でこれまで培った技術が活かせる、「裸足感覚」を追求したランニングシューズの開発だ。

しかし従業員20名余りの地方零細企業にとって、それは苦難の道のりだった。新製品を開発するにはあまりに乏しい資金、人材、開発力―。

更には世界的に有名なスポーツブランドとの競争。何度も挫けそうになる宮沢だが、その度に家族が、従業員が、取引先が、銀行の担当者が、そして知り合いを通じた新たな人脈が彼を救う。

果たしてランニングシューズの開発は成功するのか。そしてその先に、「こはぜ屋」の未来はあるのか!?たった一つの商品を愚直につくり続けてきた製造業者が、仲間との強い結びつきをバネに今、一世一代の大勝負に打って出る!!


ドラマ「陸王」の見どころとは

零細企業が生き残りをかけて戦うと言うのは、同じ枠で放送された『下町ロケット』が思い浮かびます。

この「こはぜ屋」は、モデルとなった会社があります。

それが、埼玉県行田市にある「きねや足袋株式会社」。創業が1929年という老舗です。

現在の従業員が26人という、決して大きな会社ではありませんが、1964年にゴム底足袋の製造を開始、1970年にセミオーダー足袋の製造を開始し、2006年には「足袋の館」を開館しています。

そして、2013年に発売したのが「ランニング足袋 きねや無敵」です。

この商品の開発には、たいへんな苦労があったようですが、それがドラマで描かれることになります。

ドラマ化にあたり、原作のイメージを維持したまま臨場感のあるドラマにするため、埼玉県行田市などでロケハン。

そして肝心なシューズに関しても、原作中に登場する走り方を研究したり、ランニングシューズについて細かな点まで取材して準備を勧めているようです。

また、ドラマでニューイヤー駅伝を取り上げるので、今年の1月1日に撮影が行われています。

役所広司さんがTBSのドラマに出演されるのは、1997年7月クールの『オトナの男』以来20年ぶり。

見ごたえのあるドラマになりそうですね。

陸王 ロケ地(撮影場所)はどこ?ドラマ化!についてでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。