コードブルー 冴島が流産?ヘリ墜落なら冴島も乗っている?

コードブルー 冴島が流産?ヘリ墜落なら冴島も乗っている?

『コードブルー』には1stシーズンから登場しているフライトナースの冴島はるかは、3rdシーズンでは藤川との子供を妊娠していました。

しかし、冴島は3話でシアン汚染に巻き込まれてしまったため、赤ちゃんへの影響が出てしまったのかについて気になる人が多かったのではないでしょうか。

妊娠しながらフライトナースとしての勤務に励んでいた冴島が無事出産できるか否か、ファンの期待が高かったかと思いますが、5話でその結果が判明しました。

今回は、5話で冴島がどうなったのかについて重視していきたいと思います。

そして、7話ではヘリが墜落との噂があります。それについもまとめてみました。


コードブルー 冴島に起きた身体の危機

5話では緊急患者の治療の為に他のメンバーが救命に取り組んでいる最中に、冴島が突如謎の多量出血を起こしてしまいました。冴島は妊娠しているのにも関わらずシアン中毒に見舞われ、母子共に無事でいられるかどうかは五分五分の状態でした。

冴島は即緊急処置をされていましたが、多量出血が治まらずお腹の中にいた赤ちゃんは大量の血と共に出てきてしまい、流産と言う悲しい結果に終わってしまいました。

流産の原因は「子宮頸菅無力症」という病気で、妊娠中期で発症する病気で発症率は低い病気なのですが、冴島は妊娠13週目で妊娠初期の状態だったためとても珍しいケースだったとも言えます。

冴島の緊急処置をしていたメンバーは、赤ちゃんが出てこないように必死になっていましたが、結局流産を避けることはできませんでした。

 

過去作から知る冴島の恋愛関係

『コードブルー』を1stシーズンから見てきた人には馴染み深い話で、冴島には藤川よりも前に彼氏がいました。1stシーズンの第7話で冴島の彼氏が初登場し、2ndシーズンでその命は助からずに亡くなってしまいました。

冴島にとって今回の流産は以前彼氏を失ったときと同じくらい悲しかった出来事で、藤川が「またチャンスはある」と慰めていましたが、本当に冴島にはその声が届かなかったでしょうか?
実は、冴島は悲しくてつらい状況でも食事を「不味い」、「食べられない」と言わず「美味しい」と言っていたりしていました。

この台詞から分かることは、冴島は過去の悲しみを乗り越えようとしていたかのような様子で、その姿は過去に振り返ろうとしないと心に決めていたかのようでした。

最後のシーンでは流産で死んでしまったわが子を大切に思うからこそ、名前の他にわずかな思い出を最初で最後の贈り物にしようと決心していました。

 


流産後の冴島について

冴島は何度も、死んでしまった赤ちゃんに「元気に産んであげられなくてごめんね」と語りかけていました。

その姿はまるで本当に冴島が母親になったような感じだったのですが、冴島は流産してしまったことから「母親じゃなかったんだ」と否定していました。

しかし、藤川は冴島に「はるかはいいお母さんになれるから」と、流産に悲しむ冴島を励まして新たな一歩を踏み出そうとしていました。

前述で述べたように、冴島は流産してしまった赤ちゃんに最初で最後の思い出を贈ろうとして、火葬場へ向かうのを後回しにしていました。

そして、藤川には「家族としての最初の思い出を作りたいから一度着替えたい」と伝え、とても悲しいはずなのに前向きになろうとしていた様子でした。

 


第5話・冴島の流産についてのファンの声

流産のシーンは見ていてつらかったという声が多数ありました。
人によっては「5話は涙腺が崩壊する」と思う人がいるほど、冴島の流産に涙したというファンも少なくはありませんでした。

『コードブルー』を2ndシーズンから見ていた人にとっては、過去に冴島が彼氏を失い、さらに藤川との子供まで失ってしまうという展開に、大きな衝撃を与えられています。

また、この流産を経て藤川への支持率が上昇し、「藤川先生はいい人」という声が挙がっています。『コードブルー』ファンから見た藤川は、お調子者のようなイメージがありましたが5話の藤川がかっこいいと評価が高かったです。

しかし、冴島の流産後の会話のシーンよりも『コードブルー』らしくもっとドクターヘリの出番を増やせという声もありました。

さらに、冴島役の比嘉愛未さんの演技が最高だったと『コードブルー』5話を語るコメントもあり、冴島の流産に関連するシーンはファンの中で大反響でした。

 

『コードブルー』第5話の視聴率

では、冴島の流産で視聴率がどれだけ変化したのかを見ていきましょう。
第5話の視聴率は第4話と変わらず13.8%で、冴島の流産のシーンにあまり影響は出ていない様子でした。

この視聴率は、ドラマにおいては好調をキープできている状態とも言えます。では、『コードブルー』は夏ドラの中で一番人気だと言えるのでしょうか?

今回の夏ドラは視聴率が10%未満のものが多かったものの、『コードブルー』は13~15%と10%以上をキープしているので、人気であることには変わりはありません。

この他にも視聴率が10%以上のドラマは『遺留捜査4』、『黒革の手帳』、『過保護のカホコ』、『カンナさーん!』の4作品がありますが、『コードブルー』の視聴率と比較した結果一番視聴率が高いドラマはやはり『コードブルー』だという結論でした。

 

コードブルー3 7話ヘリ墜落へのネットの声

来週のコードブルーでヘリ墜落かもってあるけど、乗ってる医師誰なんだろう。

藍沢先生と名取先生と雪村先生

だと思うんだけどみんなはどう思いますか??

コードブルー、来週ヘリ墜落って藍沢先生かと思ってめっちゃ気になってたけど、新聞の来週の内容に白石&灰谷が乗ってたけど無事ってみてほっとして。そしたら今度はヘリについて気になってきたよね

フェローみんな成長してた.
名取先生 すっごく成長しましたね.
第7話:ヘリ墜落?!
名取先生乗ってないこと祈ります.

そう言えばヘリ墜落とか秦野であったしww幸い誰も死ななかったけど
来週のコード ブルー 誰か死んじゃうのかな?

6話は5話より良かった。冷凍庫の患者さんがいい味出してた。奏ちゃん話はもう引っ張らなくていいよって感じ。次週ヘリ墜落らしいけど大丈夫だろうか…(脚本的な意味で)

ドクターヘリ墜落かって、、、
最近もリアルにあった話だから題材になる可能性はあるかもだけど、、

コードブルー 冴島が流産?ヘリ墜落なら冴島も乗っている?についてでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。