99.9 佐田篤弘役の香川照之の詳細に注目が!

99.9刑事専門弁護士 佐田篤弘役の香川照之の詳細に注目が!

2018年1月14日 から放送する記念すべき日曜劇場第100作品目は[99.9刑事専門弁護士SEASONⅡ]です。

超型破りな弁護士、深山大翔(みやまひろと)と佐田篤弘の名コンビが帰って来ます!

佐田篤弘役の香川照之を深掘り!裁判官との激しい攻防戦で噂の顔芸が99.9でも見られるのでしょうか?

新作の詳細と共にお送りいたします!


[99.9刑事専門弁護士]とはどんなドラマでしょうか?

深山大翔は若手弁護士で、お金にならない刑事事件ばかり引き受けていて、いつも金欠状態で苦労していました。

ある日、斑目法律事務所の所長・斑目春彦から日本4大法律事務所の1つにスカウトされ、仕事はそつなくこなすのに、何故か司法試験に受からないパラリーガル明石達也と一緒に移籍しました。

バディを組むはずの室長・佐田篤弘は、勝つためには手段を選ばず、大企業の顧問弁護士を務め巨額の利益をもたらしていて、お金にならない刑事事件には興味を示さない人物でした。

次期班目法律事務所のマネージングパートナーになるという条件で、一年契約で渋々異動を了承したのでした。

そんなタイプの違いすぎる刑事事件専門チームに事件の弁護依頼が舞い込みます。

検事出身の佐田は、容疑者に罪を認めさせ、反省をしている事から情状酌量に導くのが、弁護士の仕事だと説くのですが、深山は「肝心なのは調書より事実。

99.9%有罪と確定していても、0.1%に事実が隠されているのならば事実を追求する」と頑として譲りません。深山の独特なペースに巻き込まれながらも、真のバディに近づいて行くゆくドラマです。

[99.9―刑事専門弁護士]佐田篤弘とはどんなキャラ?

東京大学法学部出身、元東京地方検察庁検事で現在は、ヤメ検弁護士。

班目法律事務所法務部企業法務ルーム室長 だった佐田は「勝たなければ意味がない」がモットーで、富と成功を求める為には、違法スレスレの調査も厭わない仕事ぶり。

「金にならない」という理由で、刑事事件を取り扱っていなかった佐田は、班目法律事務所法務部刑事専門ルーム室長になることを、嫌がっていました。班目所長から1年契約で、次期班目法律事務所のマネージングパートナーになると約束され、渋々異動を承知しました。

性格は高慢で、自分より下の人間を見下す事があるため、人望は無い佐田。裁判や訴訟においては「依頼人の利益」を優先しており、「『事実』を明らかにすること」を優先する深山とは折り合いが悪いものの、ストーリーが進むにつれ、深山に理解を示すようになります。

妻や娘にはめっぽう弱く、深山の居候先の小料理屋「いとこんち」で深山の料理をベストポジションで見つめる常連客の加奈子は実は売れない演歌歌手。その歌声に涙を流すほど感動して、彼女のシングルCD10万円分をすべて購入する一面も。

「サダノウィン」という競走馬を所有しているほどの競馬好きで、オフィスの壁には愛馬のゼッケンを飾っています。


[99.9刑事専門弁護士SEASONⅡ]はどうなるの?

シリーズ化したのは[JINー仁一]以来で6年ぶり、日曜劇場では異例のシリーズ化を記念すべき日曜劇場にぶつけてきた[99.9刑事専門弁護士SEASONⅡ]は前作よりさらに、かなりの力の入れようが感じられます。

主人公の深山大翔役には引き続き嵐の松本潤が演じます。榮倉奈々演じた前髪パッツンのプ女子弁護士の立花彩乃にかわり、木村文乃が難しいという元裁判官の尾崎舞子がどのようなキャラクターなのか気になるところです。裁判官役に笑福亭鶴瓶、馬場園梓の出演が公表されています。

前回なかった裁判官との激しい攻防戦や、SEASONⅠで明らかにされなかった26年前の事件が注目されています。

 

[99.9刑事専門弁護士SEASONⅡ]でのコメントでは、

熱かったあの撮影がもう帰ってくるのか、と喜びを禁じ得ません。キャラクターをつかんだ以降の我々俳優陣の、脚本を超越したセリフの早いパス回しと、木村監督の圧倒的に下らない至高のアイディアが絡み合い、それはまるで、身勝手なストライカーが集まる奇跡の南米のサッカーチームのようでした。

今から腕が鳴ります。

とボクシングでなく、サッカーで表現しています。


香川照之を深掘り詳細ヒストリー!代表作は?

1965年12月7日に生まれ、東京都出身。父は二代目市川猿翁(当時は三代目市川猿之介)と宝塚出身の女優⚫浜木綿子。

親戚にも歌舞伎俳優や女優が多く、芸能界のサラブレッドでした。東京大学文学部社会心理学学科を卒業当初は、芸能界には興味がなく、AD時代に威張り散らした後輩が、後に監督になり、自分が俳優として再会した時に、きっちり仕返してきたのは、是枝勲監督だったそうです。

その後、親の七光りをフル活用し、俳優を志します。1989年の大河ドラマ[春日局]でデビューし、七光りと関係なく、賞は獲得するものの、[静かなるドン]以外、トレンディ俳優路線にするのか、

悪役に徹するのか、俳優としての香川照之の個性を生かした役どころが、見当たらなかった時期が長く続いていたが、2004年の[彼女が死んじゃった](日本テレビ系列) 吉川良夫 役をきっかけに、テレビブロスでも取り上げられ、味のあるオヤジ役が注目されるようになります。

2013年の[半沢直樹](TBS系列)大和田暁 役は、最終回の土下座シーンが印象的で、安田大サーカスの団長が物まねしてさらに話題になります。本人も公認しており「もっとためて、粘るんだ」と指導され、ためにためた結果、団長は膝をやられる事に。

歌舞伎のお家芸を活かした顔芸が、[小さな巨人][鍵泥棒のメソッド][クリーピー偽りの隣人]でも活かされました。

[あしたのジョー]実写版で丹下段平を演じたのも記憶に新しいのですが、本人は実践の経験は無いものの、大のボクシング好きで解説もやっています。

本人が民放でやりたいと言っていた、昆虫バラエティ番組をまさかのEテレがOKし、[昆虫すごいね!]が誕生し、カマキリの着ぐるみを着て生き生きと昆虫を語るカマキリ先生は、子役の寺田心くんもたじろぐほど。

[ZIP!]でアサリを語りすぎる桝太一アナ状態が人気を呼び、再放送とマレーシアロケまで放送されました。

母 浜木綿子が驚愕!香川照之の梨園入り

1歳の時に父が家を出て、3歳の時に両親が離婚以来、父・三代目市川 猿之助とは断絶状態でした。大学卒業後の俳優デビューをきっかけに、照之は25歳の冬の日に初めて公演先の父に会いに行きました。しかし、猿之助の態度は冷たく、親子の関わりもないし、二度と会う事はないと言われ、長らく確執が続いていても、香川は父の舞台を何度も観に行っていました。

市川猿之介は神話等取り入れたスーパー歌舞伎で有名になり、ストーカー被害もワイドショーを賑わしました。

長男⚫政明誕生した事から、猿之助の2度目の妻・藤間紫により父子関係が修復され、2009年の藤間紫の葬儀には香川も親族として参列しました。

2011年9月の合同襲名会見時には、父と共に8年ぶりに公の場で姿を現し、同年春より長年無縁だった父とともに3世代で同居していることを明かしたが、その時期は長くなく同居は解消。香川宅近くのマンションにある猿翁宅を訪れ、稽古をつけてもらっています。

母⚫浜木綿子は照之より父の面倒を看ると言われた時、今までの恨みとかモヤモヤしていた色々な感情が、全部吹っ飛んだと後に話しています。

2012年6月に、四代目市川猿之助となった従弟の二代目市川亀治郎。父方の親戚の亀治郎とは長らく疎遠だったが、亀治郎がNHK大河ドラマの収録前の2006年に、祖母・高杉早苗の墓参りに上野の寛永寺に行った時に、出会ったのをきっかけに、

香川は[風林火山]がテレビドラマ初出演となる亀治郎の挨拶回りに付き添うなど、テレビ俳優の先輩として、サポートをし、また、香川の歌舞伎進出に対しては、亀治郎がアドバイスする関係に。

2011年9月27日に九代目中村中車を襲名時、緊張する香川に対し、にこやかに見守っている亀次郎の姿が、ワイドショーでも放送され、私生活も仲が良い事が垣間見られました。

2004年に誕生した長男・政明は五代目市川團子を継承し、2012年6月の「六月大歌舞伎」で父子揃って歌舞伎界にデビューしている。その政明から「お父さん、薬ばっかり飲んでた」とバラされ、大弱り。

「元・ミスさっぽろ」のタンゴ歌手・冴木杏奈と長く交際していた香川は「結婚秒読みか?」と報じられたものの、結局破局に。

程なくして、1995年12月に元・日本航空国際線CAの知子夫人と入籍したので、「二股交際」と女性週刊誌からバッシングを受けるはめに。2016年12月14日、21年連れ添った知子夫人とすれ違いがあり、離婚したことが報じられました。

[五時に夢中!]で夢中のコーナー〖ことわざアップデート〗の香川照之だのみ

[五時に夢中!]はTOKYOMX系列で放送中のローカル番組です。初期は二世タレントや、女子アナや芸能人が落ちぶれて行き着く場所と噂されていましたが、徐々に人脈と放送局を増やし、さだまさし、ジョディ・フォスター、サモハン⚫キンポー、稲垣吾郎、堤真一の出演がインターネットニュースにもなりました。

その[五時に夢中!]で人気なのが、不定期木曜日のコーナー〖ことわざアップデート〗です。

今では古めかしいことわざを、現代風にアレンジする企画で、当初は何かと巨乳が登場していたのですが、最近では香川照之の顔芸が必ず登場するほど人気になりました。

その数多いネタの中からノミネートされたのは、「縁の下の力持ち」のアップデート作品の「香川照之の面の下の表情筋」です。

言葉のアップデートも残しつつ、香川照之の魅力を余すことなく示した「香川照之の面の下の表情筋」は、見事2017年12月21日にことわざアップデート大賞2017になりました。

[99.9刑事専門弁護士]が帰ってくる!! 深山大翔の名コンビ?佐田篤弘役の香川照之をおさらい&新作の詳細についてまとめます。

もはや主役を食ってしまうほどの、名バイプレーヤー香川照之。味のあるオヤジ役、鬼気迫る表情で観るものを魅了、ボクシング解説、狂喜乱舞するカマキリ先生、歌舞伎俳優と多彩な顔を持つカリスマ俳優香川照之にとって[99.9刑事専門弁護士]シリーズも代表作のひとつとなる事でしょう。

東大卒で、自分より下の人間を見下す人望の無い佐田は、香川にもシンクロしている事から、もっと以外な一面も魅せてほしいです。再放送もあり、おさらいは万全。今から、待ち遠しいですね。

[99.9刑事専門弁護士]が帰ってくる!! 深山大翔の名コンビ?佐田篤弘役の香川照之をおさらい&新作の詳細についてでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。