校閲ガール スペシャルの動画をpandoraやデイリーモーションよりおすすめ

校閲ガール スペシャルの動画をpandoraやデイリーモーションよりおすすめ

校閲という言葉を世の中に広めたのは、このドラマなのではないでしょうか。

このドラマを通して、こんな世界があるのだと知り、興味を持った人は、次に本を読むときはどう感じるのだろうか。

そんなことを考えながら、一体どんなストーリーのドラマなのか調べてみました。

今回は、校閲ガール スペシャルの動画をpandoraやデイリーモーションよりおすすめの見る方法と、校閲ガールのあらすじなどをご紹介していきます。

pandoraやデイリーモーションは、違法動画サイトなので、怪しい広告をクリックさせたれたり、怪しいサイトに飛ばされるので要注意です。

 

校閲ガール スペシャルの動画をpandoraやデイリーモーションよりおすすめの視聴はこちら

校閲ガールの通常ストーリーやスペシャル版などはHuluで見る事ができます。

今、話題のドラマのほとんどが見れます。

あの、炎上した「愛してたって秘密ある」の続編11話と続編12話も視聴できるようになります。

 

しかも、2週間は無料で使えるので、この期間に見ておきましょう。

⇒ Huluの詳細はこちら

校閲ガールとは

2016年10月5日にスタートした、日本テレビ系のドラマです。
ここでは校閲ガールと原作名で呼んでいますが、ドラマの正式名は「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」。
毎週水曜日 22時〜23時の1時間番組で、初回は10分拡大で放送されていました。
原作は神奈川県出身の宮木あや子で、デビュー作は「花宵道中」。
今回ドラマになった校閲ガールは、2014年にKADOKAWAから出版された小説です。
脚本は「WATER BOYS」などを手がけた、中谷まゆみ。
プロデューサーに「家売るオンナ」の小田玲奈など、話題のドラマを作り上げてきた人たちが携わっています。

登場人物の紹介

石原さとみ演じる、主人公の河野悦子は超がつくほど積極的な性格の持ち主。
ファッションが好きで、ファッション雑誌の編集者になることを夢見る女の子。
そんな河野悦子が恋をする折原幸人役に、菅田将暉。
高校時代の後輩の森尾登代子役に、本田翼。
初仕事で出会う大御所作家の本郷大作役に、鹿賀丈史。
文芸編集部で河野悦子とは犬猿の中になる貝塚八郎役に、青木崇高。
お世話になっているおでん屋の大将役に、田口浩正。
校閲部の部長の茸原渚音役に、岸谷五郎。
校閲部の藤岩りおん役に、江口のりこ。
校閲部の米岡光男役に、和田正人。
など、豪華メンバーが主に登場しています。

校閲ガール 動画 第1話〜第2話 ネタバレ あらすじ

おしゃれ大好き&スーパーポジティブな主人公の石原さとみ演じる河野悦子は、ファッション誌の編集者になる為に、出版社「景凡社」の中途採用の面接に挑み、ファッション誌の魅力と編集部にどれだけ働きたい思いがあるかを面接官にアピールしていました。

河野悦子がこの会社の面接を受けるのはこれで7回目。なぜそこまでこの会社にこだわっているのかというと、憧れの雑誌”Lassy”の編集部でなければ、自分を納得させられなかったからでした。

毎年この時期に面接に来る女として、この会社で有名になっていることも知らず、面接が終わって会社を出ようとした時に、偶然、高校時代の後輩(本田翼演じる)森尾登代子に会い、この会社のファッション編集部に在籍していることを知ります。

その後、河野悦子は7回目にしてやっと採用の連絡をもらい、ファッション編集部に向かうのですが、そこで配属先が校閲部のだったことを知らされます。

校閲部の部長(岸谷五郎演じる)茸原渚音に、なぜ校閲部なのかと責めるのですが、茸原の説得もあり、ファッション編集部に異動することを目指し、しばらくは校閲部で頑張ろうと決めた河野悦子でした。

校閲部にいる人たちはファッションに全くこだわりがなく、河野悦子が望む編集部の環境とは違いすぎる為、校閲部で一番厳しくて真面目な(江口のりこ演じる)藤岩りおんの服装が古いと、本人に直接言ってしまいます。

文芸編集部の編集者(青木崇高演じる)貝塚八郎のこともタコ呼ばわりするなど、これまでの校閲部の雰囲気を一気に変えてしまう。

そんな彼女に対して茸原は校閲に向いていると感じていました。

河野悦子が初めて校閲を任されることになったのが、ミステリー小説の大御所作家(鹿賀丈史演じる)本郷大作でした。

彼女の破天荒さが前面に出ている校閲を気に入った本郷とは、その後実際に会い、校閲を通して別れた妻と息子の話を聞いたりと、プライベートな話が出来るまでの仲になります。

次に担当したのが、是永是之でした。意味不明な言葉が多いため、意味が分からず苦戦しますが、付箋に書いたメッセージのやりとりだけで、なんとか乗り切りました。

次に担当した人気ブロガーの(ともさかりえ演じる)亜希にも同じように入り込み、亜希から、本のあとがきに河野悦子の名前を入れたいと言わせてしまうほど感謝されるのだが、調子に乗ってこれまでの緊張感が緩んでしまった事で、本が印刷された後で、表紙の英語のスペルが1文字抜けていることに気づきます。

出版記念合同サイン会まであと1日しかないため、本に訂正シールを貼ることになったが、せっかく作り上げてきた本の表紙に、訂正シールが貼られる事で、亜希はショックを受けてしまいます。

校閲部の人達の助けもありなんとか間に合いますが、河野悦子は、サイン会でお客さんに直接、自分のミスで訂正シールを貼ることになったことを謝り、そのことでお客さんに責められるのですが、それを見兼ねて亜希が助けてくれました。

何事も一生懸命な河野悦子の姿をみて、周りの人たちはそんな彼女を次第に認め、応援するようになっていました。

 

校閲ガール 動画  第3話〜第4話 ネタバレ あらすじ

河野悦子は、校閲の仕事をしながら偶然みつけたイケメン大学生で、モデルの(菅田将暉演じる)折原幸人に、一目惚れをしますが、その折原が作家の是永是之だと知り、運命の人だと思うようになっていました。

校閲部では、校閲を担当する人がその作家のファンだった場合は、思い入れが強すぎてミスをするのではないかという懸念から、担当してはいけないという暗黙のルールがありました。

賀来千香子演じる人気作家 四条真理恵の熱心なファンだった藤岩は、今回の作品の矛盾点がどうしても気になり、その暗黙のルールを破ってしまいます。

河野悦子はその暗黙のルールはおかしいと思い、作家の四条に矛盾点を指摘できたのは、ファンである藤岩だから、出来たことだと伝え、作家から藤岩に校閲をするようにお願いさせたのです。

その後、その小説は出版され、文学賞受賞の正式発表を関係者と集まって待つ、待ち会の場に河野悦子と藤岩は招待されました。

招待されたにも関わらず、いつもの古いスーツで参加しようとしていた藤岩を見かねて、河野悦子はファッション編集部に置いてある服を使っておしゃれにコーディネートし、藤岩を変身させました。

それを見たファッション編集部の若いスタッフが、藤岩を馬鹿にするようなことを言った為、河野悦子はそれはおかしいと一喝しました。

この頃から藤岩は、次第に河野悦子のことを人としても認めるようになっていきました。河野悦子が次に校閲を担当したのは、人気女優の杉本あすかの自叙伝でした。

この頃から、校閲部では実際に現地に行って、内容に誤りがないか確かめるというのが当たり前になっていました。

人気女優 杉本あすかのゴシップが出たことにより、担当していた本が出版中止に追い込まれてしまったため、理科のドリルの校閲をすることになった河野悦子でしたが、納得がいかなかった為、杉本あすかの釈明会見の会場に乗り込み、生中継のテレビカメラの前で、ゴシップを流した記者に対して一喝します。

そのことで、その記者に批判が集まり、人気女優の隠し子発覚は擁護され、予定通り自叙伝が出版されることになりました。

校閲ガール スペシャルの動画はHuluで!

 

校閲ガール 動画  第5話〜第6話 ネタバレ あらすじ

河野悦子は、一目惚れをした折原が後輩の森尾の家に居候しているとは知らず、次の校閲を担当する人気スタイリスト(川原亜矢子演じる)フロライン登紀子のエッセイに興奮していました。

以前憧れのファッション雑誌Lassyで、エッセイを書いていた登紀子でしたが、その時から河野悦子は登紀子の大ファンでした。

しかし実際会ってみると、登紀子は横柄な人物で、昔抱いた人物像とは全く違いました。イタリア在住の登紀子は、エッセイの中にイタリアのことを多く書いていました。事実確認をしたい河野悦子は、さすがにイタリアに行くわけにも行かず、苦肉の策で、外国の人が来そうな場所でビラを配って、この内容に間違いがないか、メールか電話で連絡が欲しいとお願いをしていました。

その後、大量のメールが校閲部に届き、たまたまそこに出くわした登紀子もイタリア語が分からない校閲部の人達に変わって、電話対応に追われ、そのことで昔のことを思い出し、横柄になっていた自分の態度を反省しました。

仕事がひと段落した河野悦子は、森尾に会う為、森尾の家に行き、そこで初めて森尾と折原が同棲していることを知りました。

これまで折原のことを何も知らなかったことに気づき、折原のことを知ろうと動いたことで、やっとお互い気持ちを確かめ合うことが出来ました。

校閲ガール 動画  第7話〜第8話 ネタバレ あらすじ

河野悦子が初めて校閲を担当した、大御所作家の本郷が雑誌にエッセイを掲載することとなり、その校閲を今回も担当することに、なった河野悦子は、本郷の帰りを見送る際に、たまたま通りかかった折原を本郷に紹介しました。

この時はまだ、折原が本郷の息子だとは知らなかった河野悦子は、その後レンゲのことをスミレという2人の共通点に気づき、2人は親子だと知ることになります。

本郷の書いたエッセイは、別れた妻とまだ幼かった息子の思い出を綴っていました。

河野悦子はそのエッセイから本郷の息子への思いを感じとり、2人を合わせることで、お互いのずれていた時間を取り戻すことが出来ました。

そのあと担当した恋愛小説作家、伊藤かずえ演ずる桜川葵との壮絶な体験を終え、益々校閲にのめり込んでいきました。

 

校閲ガール 動画  第9話〜第10話 ネタバレ あらすじ

念願のLassyの編集長から直接オーダーが来たのにも関わらず、校閲部の1人として校閲の仕事を優先し、せっかくのチャンスを逃してしまった河野悦子ですが、そんなつもりではなかった編集長にあっけなく
このまま校閲部にいてもチャンスがないことに気づかされます。

落ち込んでしまった河野悦子ですが、そんな彼女に元気を与えたのは折原が書いた、ノンフィクション作品でした。

このドラマはフィクションだが、本当にこんな人たちが本を作り上げているのなら、次に本を読む時は、言葉の1つ1つに重みを感じるのではないでしょうか。

校閲ガール スペシャルの動画はHuluで!

校閲ガール スペシャルの動画をpandoraやデイリーモーションよりおすすめ!についてでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。