コードブルー 白石先生の専門や部屋が〇〇〇と話題に!?

コードブルー 白石先生の専門や部屋が〇〇〇と話題に!?

『コードブルー3』もいよいよクライマックス間近となりましたね。

フライトドクターとして、時にはフェローの教育係として活躍している白石先生の専門は何か考えたことがありますか?

『コードブルー2』ではフェロー修了後にどのようなポジションに立つのか未定だった白石先生が、今どのポジションに立っているのかは、シリーズファンの方が一番気になる事だと思います。

コードブルー3に至ってはスタッフリーダーとして、さまざまな場面で活躍を見せる白石先生ですが、本当は何の専門なのか気になりますよね。

 


コードブルー 白石先生のルーツ

まず、白石先生の人生を少し振り返ってみます。白石先生は父親が有名医大の教授でした。白石先生は父親の影響で医師になることを決意し、フライトドクター認定を受けたときに父のような医者になることを志しました。

そして、ドクターヘリの技術を地元に持ち帰るためフェローとして日々勉強し、その様子は「医学オタク」と称されるくらい勉強熱心でした。

フェロー時代から藍沢先生と緋山先生は顔見知りで、藍沢先生は白石先生にとって良きライバル的存在で、緋山先生とはよく連携をとっていました。

そして、緋山先生が白石先生をスタッフリーダーに推薦したことが8話で判明し、現在に至ります。

 

コードブルー 白石先生と言えば、フェローの教育

白石先生といえば、やはりフェローの教育係が思い浮かびますね。白石先生のフェローの教育方針は、藍沢先生とは全く違う教育方針で、フェロー一人ひとりを一人前として認められるまで優しく指導していく方針です。

7話ではフェローが犯した重大なミスに対し、かなり責任を感じていました。ヘリの墜落について問題視されていましたが、フェローのせいにせず、自分で責任を負おうとしていました。

現に、フェローの一人・灰谷先生が自殺しようとしたと思い込んだくらい責任感が強く、教育係として適任ですね。

また、灰谷先生復帰後も普段通りに接したのにも関わらず、ヘリの墜落のことを気にしている灰谷先生に言葉が出なくなったときもありました。

言葉が出なかった理由はもちろん、灰谷先生の頭の包帯と真逆の態度にありましたが、灰谷先生が無事で嬉しくて言葉が出なかったかもしれません。

そんななかでも、8話では本当にこれでよかったのかと戸惑う灰谷先生に大丈夫だと励ます優しい一面も見られます。

5話では名取先生を心配して追いかけたり、緋山先生と言い合いになったりしていました。

ちなみに、白石先生と緋山先生が言い争ったのは5話と8話で、5話ではフェローのことで言い合いになり、8話では指導医としてどうすべきかで言い争いました。

この行動から、白石先生のフェローを思いやる姿勢や、指導医として見本となる行動をする姿が見られます。

しかし、なぜフェローの教育係をするのに適任なのか、その理由こそ白石先生の専門にあるのではないでしょうか。

 


コードブルー 白石先生の専門は循環器外科なのか

白石先生の過去をたどると、専門は循環器外科だったのではないかと考えられます。

フェローに対し適切な指導ができ、かつヘリで運ばれる重症患者は場合によって肺などの循環器を損傷していることもあり、そのときに白石先生が正しい対応で処置することが出来るのは循環器外科の専門だからといっても過言ではないでしょう。

1話では白石先生がどの患者も放っておけない気持ちと、誰から救わなければいけないのか判断する能力で負傷者のほとんどが無事でした。

また、循環器は人間にとって命綱のような臓器の一つです。大きな事故に巻き込まれると異常が現れることもあり、そのときに循環器に詳しい医師がフライトドクターであれば瞬時に対応することができます。

現に、1話では白石先生が患者の状態から的確に連携をとったおかげで、事故現場で救出困難だった男の子を助けてあげることができました。

白石先生の専門が循環器外科ならば患者の容態に合わせて最善の策をとり、時には到着後緊急手術を行うことも可能です。

しかし、7話では白石先生が一生懸命手術したのにも関わらず、患者の命を救えませんでした。

白石先生は東都大学の循環器外科へは行かなかった『コードブルー2』では、白石先生は東都大学の循環器外科へ異動する予定でしたが、白石先生自身が患者への思いが強く、異動を反対していました。

循環器外科へ行かずフライトドクターでい続けることを選んだ理由としては、患者から目を離すことができないという信念が強いことが挙げられます。

フェロー時代では、大動脈瘤破裂の手術をした経験があり、このまま救命ではなく循環器外科で外科医として活躍してもいいくらいの実力でした。

しかし、1話では藍沢が行う手術の指揮官は白石先生でした。

今すぐにでも手術をしないと助からないくらい重症を負った男の子の命を救うため、白石先生が脳外科医の藍沢先生と連携し、無事男の子の命を救うことができました。

この事実は、白石先生が救命でい続けたからこそ可能だったことを指しています。

 


白石先生の父(白石教授)の専門と異なる?

前述で説明したとおり、白石先生はもともと循環器外科へ行く予定だったことから、専門は循環器外科だと推測できます。

しかし、それは父親である白石教授とは異なる専門分野でした。

白石教授の専門は心臓内科です。白石先生が循環器外科であるのならば近い形ではありますが、それでも専門は異なります。

父の背を追いかけていたとして、どちらが優秀なのかは分かりませんが白石先生が行う手術は全て難易度の高いものだったことは間違いないです。

 

コードブルー 白石先生の部屋も話題に!動画でお届け!

コードブルー 白石先生の専門や部屋が〇〇〇と話題に!?についてでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。