ドクターx 城之内先生の病名とは?病気の秘密が・・・

ドクターx 城之内先生の病名とは?病気の秘密が・・・

また10月からあの人気ドラマ「ドクターx」が帰ってきますね。

その中でもとてもクールで美しい城之内先生がいますね。

その城之内先生の「病名や秘密など」についてドクターx5が始まる前におさらいしておきたいと思います!


ドクターx 城之内って何の病気(病名)だった?

前回2016年の「ドクターX」で、内田有紀さん演じる城之内が何らかの病気を患っていましたね。一体、病名はなんだったのか?

そして、病気を治すことはできたのか?

城之内が患っていた病気とは、局所進行膵癌でした。

この城之内の病気は、「失敗しない」大門未知子にも難しい手術だと言われておりました。

2016年12月22日の「ドクターX」最終回では、城之内が未知子の前で遂に倒れてしまって、未知子は悲鳴を上げながら東帝大に搬送ひた…という場面から始まりましたね。

大門未知子は、どうしても城之内を救いたとなっていました。

大門未知子は、執刀医になることを申し出るのですが、城之内の局所進行膵がんは完全切除が不可能な状態。

城之内は、大門未知子の申し出を断るのでした。

城之内の希望は、バレリーナを目指す愛する娘・舞(藤井杏奈)に病気がバレないよう協力してほしいということ。

城之内の意志は固いようでしたね。大門未知子は、そんな城之内の手術をして、助けることができたのか?

ドクターx 城之内の病気の症状とは

城之内先生の病気(局所進行膵がん)の症状は悪いようでしたよね?

2016年12月22日の「ドクターx 外科医 大門未知子」の最終回

11話では、最初は手術を拒否していた城之内も、最終的には未知子のオペにすべてを託すことになった。

城之内先生が患ってる局所進行膵がんとは…。転移こそしてませんでしたが、主要な血管や臓器などに広がってるため完全切除は不可能ということだった。

更に膵がんは、胃がんや大腸がんのように早期発見は難しいといわれているガンとのこと。膵がんと、分かった頃にはずいぶん進行してるケースが多いようです。


城之内先生が患う「病名」局所進行膵がんの症状とは

城之内が患っているガンが、局所進行膵ガンということで、膵がんの進行度が極めて高くオペでの切除が不可能な段階だった。

局所進行膵がんになる前の初期症状で多いのは、食欲不振、体重減少、腹痛や腰背部への痛みがあるそう…。

城之内はそんな状態で、母としてそして医師として働いていたのです。

母は強し・女は強しですよね。

城之内は最終回前の10話で、マージャンの最中や屋上で腰に激痛が走り苦痛の表情を浮かべていたのです。

そんな局所進行膵がんでは、抗癌剤や分子標的薬を使用した化学療法がメインになるそうなのです。

仮に未知子のようなスーパードクターがオペをするとしても、手術前に化学療法を導入した上で、ガンの縮小を確認しなければいけません。

それからの手術となります。

未知子のスキルであれば、可能なオペですが、まずは、城之内の膵ガンが、縮小してからとなりました。

最終回だけでのドラマ時間では時間が足りませんでした、果たして城之内は助かるのか?


ドクターX 城之内 病気・手術は成功したのか?

最終回だけで大門未知子は城之内を助けることができるのか、ハラハラしましたよね!

どうなったのか?城之内は極めて悪性度が高い病態の局所進行膵ガンと生死のはざまで闘う最終回だった。

ドクターx 2016 最終回、未知子がIREナイフを持つ。

使い慣れてないと大門未知子にもできないことがあるのですね。晶からインオペを命じられます。未知子も涙を流し、「無念のインオペ」。

この瞬間から博美をこれからどうやって救う展開に持っていくかと、テレビの前で手に汗握る感じで、とても心配でしたよね!

城之内のガンは、局所進行膵がんでした。

抗癌剤や分子標的薬を使用した化学療法がメインになるのが基本。でも、城之内のがん細胞を縮小させるには時間が足りなかったわけです。

そこの帳尻合わせとしてIREナイフの活躍でダウンステージとなる!

すごい、この手があったのかと思いましたね!生きる希望が持てた城之内先生。

未知子と抱き合いながらお互いに涙を流した。最終回では大門未知子と城之内博美に、涙を持っていかれ感動ものでしたね。

博美のオペに突如ヘルプで登場した北野もとても良かったです。

最終回では北野はスゴイ活躍ぶりとなりました。城之内にこっぴどく振られたのは可哀想でしたが…。

こうして大門未知子は仲間に支えられて、見事に城之内のオペを成功。結末での博美が娘の舞を抱き上げて語るシーンでは、「奇跡って、神様じゃなく、人間が起こすものかもしれないね~」と名言を残してハッピーエンドとなった。

城之内博美が娘の舞と二人で喜ぶ結末は、とても素敵で心が温まりましたね。

城之内先生役の内田有紀さんの経歴とは

犬好きで子供の頃は犬や猫をたくさん飼っており、3歳から5歳まで日本舞踊を、3歳から小学5年生までクラシックバレエを習っていたそうです。

小学生の頃は体操部と陸上部を掛け持ちしておりました。

器械体操をしていたので『その時、ハートは盗まれた』で跳び箱を使って前方倒立回転跳びを披露しています。他にもイメージビデオで側宙やロンダートも披露しているほど身体能力抜群です!

母親と喧嘩してむしゃくしゃしていたため、中学生のとき授業中、安全ピンとシャーペンでピアスを開けます。

好奇心旺盛でやんちゃ娘だったので両親もヒヤヒヤすることが多々あったといいます。

O型で大雑把なイメージがあると街頭インタビューで言われていたが、本人はかなりの綺麗好きです。

例えば、コップの配置を直したり、子供の頃は勉強机の引き出しの中は常に片付けられていた、などだそうです。

得意料理は中華料理で、基本的に料理が得意です。

おおらかな性格だが、せっかちとのこと。

美容と健康に気を使っており、美容・健康グッズをたくさん持っています。女優仲間からは健康オタクとも言われています。

プライベートでは安室奈美恵、サザンオールスターズ、松任谷由実、椎名林檎を聴いているそうですよ。

1992年(平成4年)のテレビドラマ『その時、ハートは盗まれた』(フジテレビ)への出演で女優デビューし、同年冬には、ユニチカの1993年 水着キャンペーンモデルに選出されました。この頃、芸能活動に専念するために高校は退学しました。

1994年(平成6年)、『時をかける少女』で連続ドラマ初主演し、同年10月には『TENCAを取ろう! -内田の野望- 』で歌手デビューし、オリコン史上初女性ソロ歌手のデビュー曲で初登場1位を記録しました。

この記録は2017年現在も保持しています。

また、同年の『フジテレビビジュアルクイーン』に選出されるなどアイドル・女優として絶大な人気を得ます。以降、女優業と歌を軸に活動しました。

2000年(平成12年)1月、演技の勉強を基礎からやり直すとして、『北区つかこうへい劇団』に入団します。それに伴って約3年間の予定で歌手業を休業、活動の場をテレビドラマ・映画から舞台へと移しました。

2002年(平成14年)に同年11月28日を以って芸能界を引退することを示し、同年9月に放送されたテレビドラマ『北の国から 2002 遺言』(フジテレビ)が、内田最後の出演作になったものと思われました。その後、同年12月に吉岡秀隆と結婚します。

しかし、吉岡とは2005年(平成17年)12月に離婚、翌年夏に放送されたテレビドラマ、『誰よりもママを愛す』(TBS) に、主演の田村正和演じる専業主夫の長女役で出演し、女優としての活動を再開しました。

芸能事務所も他所などへは移籍せず、引退前のバーニングプロダクションに復帰、停止していた公式ウェブサイトも新たに再開されました。

復帰後の内田のマネジメントは、かつての内田の担当マネージャーが代表を務める、エヴァーグリーン・エンタテイメントによって行われていたが現在はバーニングプロダクションが単独で行っています。

ドクターx 城之内先生の病名とは?病気の秘密が・・・についてでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。