14才の母 動画で志田未来を無料視聴!

14才の母 動画で志田未来を無料視聴! 

2006年の秋に放送されていた「14才の母」。

2017年のコウノドリでは、24才の母として、志田未来さんが妊婦役を演じるそうです。

これも注目ですが、やっぱり、14才の母はタイトルから衝撃的ですよね。私も、このタイトルに惹かれて、ドラマを観始めました。14才に母になるなんて、若すぎます。

でも、ドラマの話だけではないですよね。実際に若くして子供を持つ人は結構います。私の友人も、13才で妊娠14才で出産したんです。

私はその時、部活に明け暮れている普通の中学生。友人は母親になり、慣れない子育てを頑張っていました。1週間に1回、私は彼女の家に宿題のプリントを持っていっていました。

私は、家に行くと毎回、赤ちゃんを抱っこしていました。でも、正直言って、子供がほしいとは全然思えませんでした。大変そうだな~と思うだけでした。

ドラマ「14才の母」でも、少女が家族との確執に苦しんだりと、いろんな壁にぶち当たります。私の友人も、たくさん悩んだと思います。

このドラマを観て、私は反省するところが多かったです。「もっと友人の話を聞いてあげれば良かった」と。毎回ドラマを観ては、ハラハラし、そして涙していました。

今回は、そんな「14才の母」の動画を無料で1話から最終回まで視聴できる方法と、あらすじと見どころをご紹介したいと思います。

「14才の母」あらすじ

2016年秋の放送していたドラマ「14才の母」は、11話完結でした。大まかなあらすじをご紹介したいと思います。

主人公は、私立中学校2年生の一ノ瀬未希、14歳。未希は、恋人との子供が出来てしまうのです。でも、運命の相手だと思っていた私立中学校3年生・桐野智志は頼りにならない少年。

未希はこの妊娠を機に、家族との確執が増えてしまいます。未希は14才にして、絶望の淵に落とされるのです。それでも未希は、産む決心をします。

そんな強い意志を持った未希に、信じられないほどの困難が待ち受けていました。

 

14才の母 動画で志田未来を無料視聴はこちらから!

14才の母の動画を1話から最終回までの動画を無料で視聴するなら、U-NEXTと言う配信サービスがオススメです。このサイトなら、無料キャンペーンもやっているので、無料で楽しむ事ができます。

普段は有料でしか見れないドラマも、登録時に貰えるU-NEXTポイントを利用する事で、完全に無料で利用できます。

U-NEXTはなど、登録制のサービスは利用したくないと言う人もいるかもしれませんが、YouTubeやデイリーモーションなどの動画は、違法アップロード動画なので、架空請求サイトや、怪しい広告をクリックさせられたりしますよね。

なので、U-NEXTで見た方いいです。

>> 31日間の無料キャンペーンで「14才の母」動画を見るならこちら

 

「14才の母」キャスト(一ノ瀬家)のご紹介

14才の母」には、豪華なキャストも出演していました。

ご紹介します。

 

一ノ瀬 未希(いちのせ みき)

志田未来

本作の主人公。14歳。

名門・聖鈴女学院に通っています。

ごく普通の家庭に生まれ育った中学2年生。
破天荒で明るい性格。

学校では放送部に所属して、将来の夢はラジオのDJになること。

普通の夢見る女子中学生でした。

学力はというと、成績はあまり良くありません。

学校での教師からの評価もそんなに良くありません。

同じ塾に通う、別の中学に通う桐野智志と付き合っています。

第1話で、彼と関係を結んだことで思いもかけず妊娠していまいます。

 

一ノ瀬 加奈子(いちのせ かなこ)
 
田中美佐子

未希の母。

娘の未希の学費のために、パートを頑張る母。

未希を名門私立中学である聖鈴女学院に通わせています。

未希の妊娠発覚後には、「中絶はするから退学は勘弁してほしい」と学校に頭を下げます。
それほど、聖鈴女学院を卒業してほしい気持ちが大きいのです。

学費の重い負担に耐えるためファミリーレストランでパートをして、チーフを務めてるほど一生懸命働いています。

 

一ノ瀬 忠彦(いちのせ ただひこ)

生瀬勝久
 
未希の父。

大手住宅販売会社に勤めています。

次長に昇進するほど、バリバリ働いています。

会社でバリバリ働いているが、家族のことも大切に思っています。

 

一ノ瀬 健太(いちのせ けんた)
 
小清水一揮
 
未希の弟で小学生。

11才だが、周りの同級生に比べてませています。
そんなおませさんだが、家族思いのところもあります。

一ノ瀬 そら(いちのせ そら)

未希と智志の娘。

常位胎盤早期剥離のため帝王切開で誕生。

1648gの未熟児として生まれます。

名前の由来は 未希と智志が一緒にいる時にいつも「空」がとてもきれいだとお互いに思っていたからということです。ここまでは、一ノ瀬家のご紹介でした。

 

「14才の母」の桐野家のご紹介

桐野 智志(きりの さとし)

三浦春馬

未希の彼氏。

そらの父親です。

有名進学校に通う中学3年生です。

未希と同じ塾に通っていることから、二人は付き合うことになりました。

学年は未希より1つ上です。

未希には、「キリちゃん」と呼ばれています。

 

桐野 静香(きりの しずか)
 
室井滋

智志の母。

天才実業家として毎日数百万の金を動かしている資産家です。

ベンツやポルシェを持っています。

智志は愛人との間に生まれた子供です。

出産してからは女手一つで育てています。

 

「14才の母」その他のキャスト陣

未希や智志の家族以外にも、豪華な俳優さんが出演していますよ。

的場 春子(まとば はるこ)
高畑淳子
 
「的場クリニック」院長で産婦人科医。

未希は的場クリニックで産まれました。

未希は未熟児で逆子の難産だったため、春子はよく覚えていました。

未希が14歳で出産の決意を知ると、一度は他の病院を探します。

でも、春子のところで引き受け全力でサポートすることを決意します。

 

桃田 ヒロミ(ももた ヒロミ)
西野妙子

「的場クリニック」の看護師兼助産師です。

若くして子供を産んだが、結局育てられずに手放したという経験を持っています。

自分の経験から、未希には何があっても子供を手放さないように言っています。

聖鈴女学院の教職員

 

遠藤 香子(えんどう)
山口紗弥加
 
未希の担任。理科教諭。

校内での生徒の成績や行動には責任を感じている責任感の強い教師。

でも、学校の外での生徒の行動には無関心な様子。

過去に経験したある事件をきっかけに、生徒には深入りしないようにしています。

 

原口 和明(はらぐち かずあき)
井坂俊哉

聖鈴女学院の体育教師。

遠藤香子と付き合っています。
みんなには内緒です。

中谷 栄三(なかたに えいぞう)
小野寺昭

聖鈴女学院の校長。

 

猪原 光江(いのはら みつえ)
長谷川稀世

聖鈴女学院の教頭。

生徒

 

柳沢 真由那(やなぎさわ まゆな)
谷村美月

未希のクラスメイト。

1年留年していて、そのことと関係して担任の遠藤を恨んでいます。

周りとは距離をおくタイプです。
ちょっと冷たい性格。

しかし、未希の出産を援護や理解しています。

 

久保田 恵(くぼた めぐみ)
北乃きい

未希のクラスメイトで親友。

放送部に所属。

未希に妊娠を打ち明けられますが、未希の妊娠に嫌悪感を抱いています。
更に、担任の遠藤に報告してしまいます。

クラスでもみんなに言いふらし、未希を裏切る形になります。

しかしその後、真由那のはからいで、未希と仲直りできます。

最終的には、出産に対し理解を示すようになります。

 

上田 はる
波瑠
 

週刊トップ

 

波多野 卓
北村一輝
 
週刊誌「週刊トップ」の編集長。

加奈子が勤めるファミレスの常連客。
お替り自由のコーヒーばかり飲んでいる、不思議な客。

 

未希に出会う前に「中学生の闇」や「14才病」を特集しようと考えていました。桐野静香び取材をドタキャンされたことから、未希と智志のことや、未希の妊娠を知ることになります。

そして、特集記事にしました。

自分の正体を告げた後、加奈子から未希が出産すると知らされます。その後も智志や加奈子の前に現れるなどして、取材を続けます。

でも、未希の体調を考慮して、直接取材を控えたり、未希が倒れた場面ではタクシーで的場クリニックに送ったりと、一定の配慮を見せます。

良識ある人のようです。

 

「14才の母」みどころ

ドラマ「14才の母」のみどころはたくさんありましたが、やっぱり「最終話」は1番良かったと思います。

最終回・11話のサブタイトルは「命ってなに?」です。

なんだか、簡単な質問に思えますが、とても重い質問ですよね。

14才とまだ幼い未希が、赤ちゃんに対面するシーンは涙ものです。未希の赤ちゃんは、未熟児で生まれました。大変な状態で帝王切開

未希は赤ちゃんを目の前にして、医者にこう伝えるのです。「ちゃんと教えてください。私はまだ14才ですけど、でも、この子の親ですから」と。

未希はもう、赤ちゃんがお腹に宿ってからずっと親になっていたんですよね。見た目は14才のまだ幼い少女ですけど、もう親の自覚あるたくましい少女です。

「がんばるからね。そら。」と赤ちゃんに話かける姿・顔は、もう十分な親の顔です。

 

未希が病室で搾乳するシーン。

その当時は子供がいなくて分からなかった私ですが、今観ると共感だらけです。

最初の子供に母乳をあげるのって大変なんですよね。未希、本当に頑張っていました。

 

未希が頑張っている中、智志の母親の自殺未遂。

病院で智志が寝ている母親を見て、「ぼく、母親の寝顔を初めてみました」ってセリフ。

ぐっときました。

母一人・子一人でずっと頑張ってきたんですよね。最終回は「生と死」や「親子」について、たくさん考えさせられる回でした。

見どころはたくさんありますが、やっぱりエンディングに流れてくるミスチルの曲、いいですね。

14才の母 動画で志田未来を無料視聴はこちらから!

>> 31日間の無料キャンペーンで「14才の母」動画を見るならこちら

 

最後に

ドラマ「14才の母」の見どころやあらすじをご紹介してきました。このドラマの主人公を演じた志田未来さんが、また妊婦役を演じます。

2017年秋ドラマ「コウノドリ」で、「14才の母」から11年ぶりに妊婦役を演じるそうです。

あの時少女だった志田未来さんが、もう24歳の大人の女性。志田未来さんは、演技力もあるので、今回の「コウノドリ」での演技も期待しています。

 

14才の母 動画で志田未来を無料視聴はこちらから!

>> 31日間の無料キャンペーンで「14才の母」動画を見るならこちら

14才の母 動画で志田未来を無料視聴」についてでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。