黒革の手帖 武井咲はミスキャスト?

ドラマ「黒革の手帖」が武井咲が主演でリメイクされます!2017年7月から始まる、ドラマはコードブルーの3シーズン目や、コアなファンが多い漫画をドラマするなど気になるものが多いですね。

そんな中での「黒革の手帖」も楽しみ1つでもありますが、主役である原口元子役も演じる武井咲さんがミスキャストでは、ないかと言う声も出ています。

今回は「黒革の手帖 武井咲がミスキャスト」と言うテーマでお届けしていこうと思います。歴代の「黒革の手帖」についてご紹介していきますね

 


黒革の手帖 基本情報

http://www.tv-asahi.co.jp/kurokawanotecho/#/?category=drama

黒革の手帖は松本清張の長編小説になります。巨額の金を横領した元女性銀行員の闇の世界を描く物語となっています。

原作は週刊新潮に1978年連載されていました。昭和の名作と言っても良い作品で、1982年に最初のドラマ化がされています。昭和の名作が2017年版として平成の21時のテレビドラマとして登場してくれます。

 

放送日:2017年7月20日(木)

放送時間:午後9時(21時)~

7月ドラマですが、7月末で、かなり遅めのスタートとなります。

 

歴代の黒革の手帖

黒革の手帳は過去、4回テレビドラマ化されています。今回の武井咲がキャストされた2017年版は5回となっています。

歴代の作品も中々の面々がキャスティングされており、かなりの高視聴率だったものがほとんどです。

1982年放送の主演:山本陽子

出典:http://nazenani-media.com/archives/1264

テレビ朝日で連続ドラマとして放送されて、全6回で完結しました。他の主なキャストは古畑任三郎で有名な「田村正和」や「萬田久子」などが出演していました。

視聴率が今では考えられないほど高いです。

平均視聴率が17.4%で、最高視聴率が18.6%です。

15%の視聴率すらも、中々超えない近年のドラマから考えるとかなりの高視聴率と言えます。

 

1984年放送の主演:大谷直子

出典:https://www.pinterest.jp/pin/754282637560657850/

1984年に放送された大谷直子さんが主演の「黒革の手帳」はTBSの昼ドラマとして37回にわたり放送がされました。

宮下順子、潮哲也なども出演されていました。

 

1996年放送の主演:浅野ゆう子

https://matome.naver.jp/odai/2138098243048821701/2140593225922691203

1996年の放送では、「松本清張特別企画」として、テレビ朝日で「土曜ワイド劇場」で2時間30分のスペシャル版として放送されました。

主演は浅野ゆう子です。

この時の視聴率は18.1%と中々の高視聴率でした。

 

2004年放送の主演:米倉涼子

http://dietabcd.seesaa.net/article/420332019.html

武井咲が主演の一つ前では、米倉涼子さんが主演でした。

こちらもテレビ朝日で連続ドラマとして放送されて、全7回で最終回を迎えました。他の主なキャストは釈由美子・中村トオルなど、今では主演をするような面々ばかりです。

視聴率も高く、

平均視聴率が15.7%で、最高視聴率が17.7%です。

歴代のどの作品もかなり視聴率が高く、高評価であった事が見て取れます。今回、武井咲やスタッフ一同かなりプレッシャーになっているのはないかと想像しています。

 


黒革の手帖のあらすじ

http ://twitter.com/AngieW0303/status/882060628436951041

欲望と愛が渦巻く銀座が舞台となっている物語です。銀行員に派遣社員として勤めて、武井咲演じる「原口元子」が1億8千万円と言う大金を横領します。

その横領した大金と借名口座リストが記された『黒革の手帳』を盾にして、銀座に自分のお店をオープンさせます。その名はクラブ『カルネ』です。

自らの野望のためだけに直進していき、クラブの若きママとして夜の世界を生き抜いていきます。彼女のその大胆な生き方と、時代の閉塞感に甘んじることなく自分の道を切り開いていく生き様は、いつの時代の視聴者を熱狂させ、“悪女”と言われているながらも、多く女性や視聴者を沸かせていきます。

 

あらすじ動画


黒革の手帖の見どころ!

原作では、優秀な銀行員がお金を横領してストーリーが展開されていきます。また、過去のドラマでも原作通りの優秀な銀行員の物語でしたが、今回の武井咲が演じる原口元子は、派遣社員の銀行員です。

派遣社員と言う言葉が定着している現在ならではの設定になっていると言えます。

原作や過去の作品のようにできる女が夜の世界を牛耳っていくのはなく、派遣と言う、何と言えない設定の女が展開している、物語が見どころと言えます。

どちらかと言えば、笑顔が素敵な武井咲がどんな悪女な演技して、夜の大人を魅了して行くのかにも注目です。

 

主題歌がまさかの『〇〇〇〇』さんに

https: //twitter.com/lt_hmv/status/882063415866310657

主題歌はなんと、福山雅治が新曲の「聖域」を提供する事が判明しました。

主題歌にはこんな思いが込められている

2年ぶりドラマの主題歌を福山雅治!

この「聖域」には、

自分の守るべき場所、あるいは自らが望むあるべき姿への憧れと言う意味を込めているそうです。

また、とても強く、とても繊細な孤高の人、というイメージで作詞をされているそうです。と同時に、実際の武井咲さんがこんな女性だったら、という妄想も込めているとの事です。

ドラマにピッタリの主題歌になっている事、間違いなしです!

 

黒革の手帖のキャスト(出演者)

原口元子役 武井咲

https://www.pinterest.se/pin/198791771030515661/

父が亡くなり、母が背負った借金を相続しています。東林銀行世田谷北支店で派遣社員として真面目に働いている女性です。そんなある日、相当な大金を預けにくる顧客や違法な“借名口座”に金を預ける預金者たちと自身の人生を比較してしまいます。

そのあまりの違いに現実を痛感して日常を暮らすようになります。借金返済のため、銀座のクラブ『燭台』でホステスとしても働いている一面があります。

ふたつの派遣業務を掛け持ちしつつ、ついに親の借金を完済するのです。そんな折、銀行でのある事件が発生し、それを契機に、これまで秘密裏に進めていた“ある計画”を実行に移すことを決断します。そして銀座の一等地にクラブ『カルネ』をオープンさせ、ストーリーが展開されていきます。

 

安島富夫役 江口洋介

yononakanews.com/entame/5965

衆議院議員秘書をやっている男性です。政治家になるという夢を実現させるため、国有地払い下げの窓口、進学・就職の斡旋、愛人との密会の手配、スキャンダルのもみ消しなどの“汚れ仕事”をこなしています。

そして、現在の良い立場を築き、女は利用するもの、と割り切っていたが元子との出会いでその考え方が変わっていきます。。。

 

山田波子役 仲里依紗

http://pinky-media.jp/I0004517

元々は元子(武井咲)とともに東林銀行世田谷北支店で派遣社員として勤務している女性です。派遣の仕事を失い、元子の勧誘でホステスになると、男を手玉に取って儲ける術を覚えていきます。そして豹変し、一気に人気ホステスへと駆け上がっていき、元子のライバルとなっていきます。

 

村井 亨役 滝藤賢一

http://www.ag-tact.com/Talent/Kenichi_Takitoh

元子が働く東林銀行世田谷北支店の次長。

 

牧野役 和田正人

http ://twitter.com/daaaaaawaaaaaa

元子が通う銀座の美容室の“オネエ”店長。

 

島崎すみ江役 内藤理沙

http://allstar002.seesaa.net/article/410834825.html

料亭『梅村』の仲居。のちにホステスになる。

黒革の手帖で武井咲がミスキャストと言われる理由は?

黒革の手帳で武井咲がミスキャストと言われる理由ですが、いろいろありますが以下の点が挙げられます。

ミスキャストの理由①

http://www.tv-asahi.co.jp/kurokawanotecho/#/?category=drama

・年齢

現在の武井咲の年齢は23歳です。原作の設定では、原口元子は25歳となっており、この時点で少し年齢差があります。また、夜の女で大金を横領するような女の役なので、清純で笑顔が素敵なイメージがある武井咲は少しミスキャストと言う印象があると言えます。

ただ、清純派から悪女役に挑戦してうまくいった女優も過去にはいますので、そう言った武井咲の成長にも期待してみたいですね。

例えば、相武紗季さんとかがいい例だと思います。

また、前回の作品の米倉涼子は、28歳の時に黒革の手帳の原口元子を演じています。少し年齢が高い時に演じたと言う事もあり、味が出ていたと言う声もあります。

 

 

武井咲はやっぱりミスキャスト?口コミは評判は?

武井ちゃんで大丈夫かな?でも頑張ってほしいな

ミスキャストとか、まだ放送されてもいないのに何でそんな話が出るのかな?ホント不思議だわ。。。こんな声を跳ね返してすごいところを見せてやればいいですよね。

過去の黒革の手帳を見ていた人でも、もう10年以上前やし、過去のやつ覚えてないやろ。やし、武井咲さんは気にせずやればいいだけ!

早くみたい!過去の作品の再放送はないのかな?始まる前に米倉さんのやつもみておきたいね。という事でテレビ朝日さんよろしくお願いします(^_-)-☆

このシリーズ、昔に少しだけみました。独特な感じがたまらないですね。

過去作品がかなり視聴率がいいだけにプレッシャーだろうな。武井咲大丈夫かな。とにかくファイト

銀行からそんなお金を横領できるところが、そもそも肝が据わってと思うよ。確か、原作では一億も横領してなかったような気がするがそれは俺の勘違いかな。気のせいかな

夜王に似た話?そんなドラマ?こうゆう系のやつ好き!

武井咲がミスキャストなら誰が最適?

武井咲がミスキャストと言われるなら、誰が最適なのかなと考えてみました。個人的には、今、イケイケの高畑充希はどうかなと思います。

朝ドラの「とと姉ちゃん」の昭和な演技がいい感じだと思います。また、CMでブルゾンちえみのモノマネをしている雰囲気からも、夜の悪い女と言うイメージにピッタリだと思います。

ただ、今回は同じクールで高畑充希が別のドラマで主演としてキャスティングされているので、放送局間のキャスト事情と言うものもあるのかなと思います。

 

まとめ

http://www.tv-asahi.co.jp/kurokawanotecho/#/?category=drama

ミスキャストと言う声が上がっているようですが、ネットの声でも挙がっているように、そう言った声を跳ね返して素晴らしい演技に期待したいですね。

そんな黒革の手帳の武井咲の演技にも注目しつつ、他のドラマも楽しもうと私は思っています。

放送日が待ち遠しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。