ドクターx 城之内先生の旦那とは?病気についても!

ドクターx 城之内先生の旦那とは?病気についても!

ドクターxは5期まで来ましたね。。。

気になる事は多々ありますが。。。

今回は、あらすじを踏まえながら城之内先生について、そして本題の城之内先生の旦那や病気についても深くせまっていきたいとおもいます。


ドクターx あらすじ

女性外科医 米倉涼子が演じる主人公大門未知子の活躍を描くストーリーとなっています。

特定の病院や医局に属さない、フリーランスの女性外科医 大門未知子。

決め台詞は『私、失敗しないので。』どんな外科手術にも失敗しない神の手を持っている大門未知子のストーリーはシリーズ化、そしてスペシャル版も放送されておりドクターxファンにはたまらない作品です。

2016 ドクターx 視聴率

2016年初回の第1話

20・4%を記録しています。

民放連続ドラマでは初の20%超えとなっています。

*第2話が19・7%

で少し下がってしまったものの、

*第3話今シリーズ最高の24・3%
*第4話21・3%
*第5話20・4%
*第6話21・5%
*第7話22・2%
*第8話20・7%
*第9話22・6%
*第10話20・5%、
*第11話 最終回 22・8%

さらに、全11話中10回で20%を超えており、全11話の平均視聴率は21・5%とかなり視聴率が高く最強ドラマ!と言えるとおもいます。

その中で大門未知子の相棒ともいえる、内田有紀がキャストを演じる城之内博美について調べてみました。

城之内博美(城之内先生)とは

ドクターxで、内田有紀がキャストを演じる城之内博美は、第1シリーズから登場するレギュラーキャストで麻酔科医です。

性格もかなりサバサバしていて、大門未知子と少し重なる部分もあります。

内田有紀が演じる城之内博美は、かつては、帝都医科大学(付属第三分院)に勤務していました。しかし、大学病院内のピラミッド型組織に反発を覚えていた医師で、ヒロインの大門未知子に共通した価値観の持ち主でした。

帝都大学病院で小児科の准教授で岸田卓也という人物がでてきますが、こちらが城之内先生の旦那です。医者同士の結婚。というわけだったのですね。しかし、離婚をして現在は娘の舞を育てるシングルマザーとなっています。

ドクターx5では、元旦那との再婚や新しい人との結婚などにも注目したいですね(^^♪

そんななか、大門未知子の勧めで、神原名医紹介所に所属して、オペ(手術)が仕事で趣味の大門未知子の相棒として麻酔科医を担当するのです。

城之内先生も大門未知子の相棒となるくらいですから一匹狼!といったところでしょうか。その性格から大学病院内のピラミッド型組織というのには反発もしたくなりますよね。

常にトップからの指示に従わなければならない環境にあるのですから。

さてここで気になることがもうひとつ!改めて神原名医紹介所についておさらいしましょう。


ドクターx 神原名医紹介所とは

医師免許を剥奪された元外科医 神原昌(岸部一徳)が経営し、昭和時代の学生下宿のようなレトロな建物に、猫のベン・ケーシーが妙味を添えています。

実際は法律では『医師の派遣』は禁止されていますが、、、ドラマ『ドクターx』に登場するフリーランスの医師たちは、『神原名医紹介所からの派遣社員』という設定になっています。米倉涼子が演じる大門未知子の女性外科医や内田有紀が演じる城之内博美の麻酔科医の他にも、数名の名医を抱えているみたいです。

非番の名医たちは雀卓を囲みつつ情報交換している場面もいつもドラマのなかで印象的なシーンのひとつです。

フリーランス医師たちが難手術を成功させた後には、所長の神原昌がメロンと請求書を携えて派遣先病院に現れていき集金完了後にはステップを踏みながら去ってゆく、、、これこそお金だいすき!な神原昌さんらしさが出ている名演技だと思います。

しかし、このような『医師派遣会社』は実在するのでしょうか???

『人材派遣会社が医師を派遣』というのは法律で禁止されているそうです。労働者派遣法では『適用除外業務』として『病院・診療所等における医療関連業務(医師、看護師など)』を挙げています。

厚労省の偉い人によると『医療のようなチームプレーの大切な業務に、派遣社員が混ざると問題が多い』ということらしいです。夢を壊してしまいますが、ドラマの世界の話ということになりますね。

さて2016年のドクターxでは城之内先生が病気を抱え倒れるシーンがあります。どのような病気だったのかこちらも振り返ってみましょう。


ドクターx 城之内博美の病気(病名)とは?

城之内先生が患っていた病気とは、局所進行膵癌だったのです。

この城之内先生の病気は、どんな外科手術にも『失敗しない』大門未知子にも難しい手術だと言われていました。城之内先生が患ってる局所進行膵がんとは・・・。転移こそしていませんでしたが、主要な血管や臓器などに広がってるため完全切除は不可能な病気です。

更に膵がんは、胃がんや大腸がんのように早期発見は難しいといわれているガンです膵がんと、分かった頃にはずいぶん進行してるケースが多いそうです。

局所進行膵がんになる前の初期症状で多いのは、食欲不振に体重減少、腹痛や腰背部への痛みがあるとのこと。。。

そんななかで城之内先生はオペにも入り、母としてそして医師として働いていたんです。母はとても強いですね。全ては子供のため、そして一人でも多く患者を助けたい!その一心だったのでしょうね。

そして、母親は自分の身体は後回しなんて言葉も聞いたことがありますがドラマでも、そしてドラマでなくても早期発見とはかなり生存率も上げますので、自己管理もしっかりしなければなりませんよね。。。

きっと城之内先生も自分の病気について理解していたと思いますが助からないと分かっていたために、そして娘のためにと思い隠していたんですね。

2016年の最終回では大門未知子は城之内を助けることができるのか、、、というところからスタートでしたが、どうなったでしょうか。

城之内は極めて悪性度が高い病態の局所進行膵ガンと生死のはざまで闘う最終回だったのです。そして、神の手大門未知子がIREナイフを持ちます。

使い慣れてないと大門未知子にもできないことがあるのですね。神原晶からインオペを命じられました。未知子も涙を流し、『無念のインオペ』でした。この大門未知子の涙にテレビの前で一緒に涙を流した方も多いのではないでしょうか。

この瞬間から城之内先生をこれからどうやって救う展開に?となりましたね。

抗癌剤や分子標的薬を使用した化学療法がメインになるのが基本。でも、城之内先生のがん細胞を縮小させるには時間が足りなかったのです。

そこの帳尻合わせとしてIREナイフの活躍でダウンステージとなりました。やはりさすが神の手大門未知子です!

生きる希望が持てた城之内先生。

ここでの二人の涙にも泣けてきましたね。

そしてヘルプで登場した北野先生もとても良かったですよね。こうして大門未知子は仲間にも支えられ、見事に城之内先生のオペを成功させました。

結末での城之内先生が娘の舞を抱き上げて語るシーンでは、『奇跡って、神様じゃなく、人間が起こすものかもしれないね。』と名言を残してハッピーエンドという最終回でした!!

涙、涙の最終回でしたが、やはりいちばん、神原昌に『無念のインオペ』を言われた時に、大門未知子が流した涙がとても印象的に残っています。

そしてきになることもうひとつ。

やはりテーマにもあります、城之内先生の旦那のことです。

しかし、現在は城之内先生はシングルマザーですよね?城之内先生の旦那は誰なのか?どうして離婚という結果になってしまったのか?ここが今回の本題となります。

ドクターx 城之内先生の旦那

現在、元旦那ということになりますがテーマの城之内先生の旦那は岸田 卓也(福士 誠治)です。小児科きっての人気医師で、若くして准教授でもあり城之内博美の元夫となります。

まず、『ドクターx1』の第5話で城之内先生の旦那、岸田卓也(福士誠治)が登場します。

『ドクターx1』では、城之内先生の一人娘である城之内舞ちゃんが登場しますが、そのとき同時に登場だったのですね。

城之内先生の旦那(元旦那)が登場する第5話について

あらすじを紹介します。

いつも通り定時に医局を出た未知子(米倉涼子)は、病院内の廊下で一人の少女・五木田早紀(二宮星)に、『お金いっぱいもらって手術してる人でしょ?』と呼び止められる。早紀は激しい足の痛みを訴え、未知子に手術を懇願しました。

担当が違う上に子どもが得意ではない未知子だったのですが、泣き叫ぶ早紀を放ってはおけなくて、通りかかった森本(田中圭)と共に、小児外科の主治医・岸田卓也(福士誠治)のところに送り届けます。
ここで城之内先生の旦那の登場ですね!

イケメンで説明も丁寧な岸田は、患者である子どもの母親たちからプレゼント攻めに合うほどの人気者でした。

しかも、小児外科を牛耳る相馬教授(石丸謙二郎)に目をかけられており、若くして准教授になったスター医師でもある一方、当の城之内博美は『医者を顔で選ぶ母親たちは、頭が空っぽ』と手厳しい言葉を一言。

そこで未知子は城之内先生の旦那は岸田と分かるのでした。

翌朝、再び未知子の前に現れた早紀は、今度はおなかが痛いと訴えます。早紀の痛みが日々移動していることに着目した未知子は、彼女が三カ月前に相馬教授による緊急オペを受けていたことを知りました。

一方、小児科では早紀の痛みは『母親からの愛情不足によるストレスが原因』との診断を下していたのです。

検査での原因が分からないため、早紀が母親に構って欲しい。そんななかででる子供なりの愛情が欲しい、悪く言えば仮病なのではないか。そう判断してたのかもしれませんよね。

しかし、早紀の痛みは日ごとに部位が変化します。身体に痛みが出た箇所を記して痛みの原因を諦めずに探る大門未知子。

その時、偶然銭湯に行った昌さんが風呂場で転んでタイルで怪我します。

そして、早紀が同じくスーパー銭湯で怪我をしていたことからタイルで怪我をした時の破片が混入している可能性が頭をよぎりました。

そして、一枚のレントゲン写真に極小さな影が映っていることを確認し、開腹して血管内を移動する破片の除去手術をしたというストーリーでしたね。

子供が得意ではない未知子ですが、やはり助けたいという気持ちと早紀は嘘をついていないというのを見抜いていたのかもしれません。

この回で、離婚していますが城之内先生の旦那は岸田と分かったわけですが、、、。子供の言葉に耳を傾けないところや、なんといっても城之内先生が言った言葉でなんとなくですがシングルマザーになろうと決意した理由が浮かんできますよね。

ドラマの中では理由までは描かれていませんが、岸田の性格や子供に対しての対応から離婚理由が見えてきたように思えます。

城之内先生を演じる内田有紀さんもとてもお綺麗でドラマでも未知子より男性との接点が多いのが描かれています。

大門未知子演じる米倉涼子さんもずっと変わらずに綺麗ですが、同じくらい城之内博美を演じる内田有紀さんも綺麗ですよね。

この二人のコンビのやりとりが今後期待大でとてもたのしみです。以上、ドクターx 城之内先生の旦那とは?病気についても!でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。