コウノドリ 星野源(四宮先生)が笑わない理由はなぜ?

コウノドリ 星野源(四宮先生)が笑わない理由はなぜ?

「コウノドリ」は2015年の10月期に大好評だったドラマで、第二シリーズのスタートが決まりました。放送ももうすぐで第2弾の「コウノドリ」!!とても楽しみですよね。

そんな第二シーズンにも登場する星野源が笑わなかったって知っていますか?

意外に思うかもしれませんが、実はそんな過去がありました。今回はコウノドリの星野源がなぜ、笑わないかの理由についてご紹介してきます。


コウノドリのあらすじ

産婦人科医療のリアルな実情を映像化し、話題になったテレビドラマ『コウノドリ』ですが、今作は講談社「モーニング」で連載中の鈴ノ木ユウによる同名コミックが原作なんだそうです。2017年時点で380万部を突破した人気漫画です。

出産と人間ドラマをベースにした本作の主人公は鴻鳥サクラ(こうのどり さくら)。演じるのは、連続ドラマ単独初主演となった綾野剛さんです。また同期の産婦人科医・四宮ハルキ役には、アーティストとして活躍する星野源さんも出演しています。

簡単な第1話の紹介ですが、神出鬼没な天才ピアニストBABYが、ライブハウスでピアノを演奏していました。しかし、満員御礼にも関わらず唐突にライブを切り上げ、観客のどよめきをよそにその場を立ち去るのです。

彼の正体はペルソナ総合医療センターの産婦人科医・鴻鳥サクラで、急患が入ったため病院へ向かいました。

受け入れた妊婦は定期的な検査や治療を受けていない未受診妊婦の矢野夏希で、母子ともに危険な状態でしたがサクラ達はなんとか出産を成功させます。

矢野が妊娠を受け入れられなかったのには、彼女の過去に原因がありました。矢野は幼い頃に虐待を受けていました。そのため“子供を産む”という事実に向き合えず、未受診妊婦となってしまっていたのです。

一方、20時間以上の難産に悩まされながらも諦めずに出産に挑む小早川頼子。夫の俊也は、陣痛に苦しむ彼女をパニックになりながらも献身的に支え、最後は無事、小早川夫婦の出産が済み、また夏希が赤ちゃんを受け入れサクラに育てる覚悟を告げ、第1話が終了しました。

はじめてコウノドリを見たときはなんだか人ごととは思えないドラマだな。と思ったのが印象的でした。実際に産婦人科医であるお話も多いでしょうから余計にそう感じたのかもしれません。第1話から涙を流した方もきっと多いのではないでしょうか。

また産婦人科医・四宮ハルキ役を演じています、アーティストとしても活躍する星野源さん。コウノドリの星野源が笑わない理由はなんなの?と思えるくらい、そしてそのこころのなかには深い闇があるのか?妊婦さんに対して怖い産婦人科医という印象でした。

その話に入る前に産婦人科医・四宮ハルキについて調べました。

星野源が演じる 産婦人科医・四宮ハルキの役柄について

サクラと同期の産婦人科医で、年齢は37才です。

人情派のサクラとは性格がまったくの正反対で、笑わず厳しいことを言うため妊婦さん・患者さんにはあまり好かれないという役柄となっています。また若手医師の下屋(松岡茉優)には敵視されています。

四宮ハルキは妊婦さん・患者さんに非常に冷たく、特に喫煙することに対して厳しいです!喫煙する妊婦さんに対して「この程度の自己管理もできない様なら話にならない。タバコを辞めない人に母親になる資格はありません。」と言ってしまい、それがクレームになってしまったこともあります。

わたしも一児の母親ですが、たしかに喫煙は本当に良くないという話はよくされました。しかし、喫煙をしていたわけではありませんが、長年喫煙していた方を見ているとやはり、辞めることはなかなか難しくかなりの決断が必要でありますよね。

お腹に赤ちゃんがいるとリスクはかなり高くはなるとおもいますが、、、確かに笑わない・キツイ言葉を言われる産婦人科医に診てもらいたいと思わないかもしれませんね。初めての出産は分からないこともたくさんです。怖いと聞きたいこともなかなか聞けなかったり、、、なんてこともあるかもしれません。そんな役柄を見事に演じているのが、星野源さんなんですね!

しかし、四宮ハルキはもともと笑わないわけではありませんでした。ここからが本題となりますが、コウノドリの星野源が笑わない理由はなんなのでしょうか?


コウノドリ 星野源(四宮先生)が笑わない理由とは?

そのような性格になってしまった理由は、5年前の事件にあったのです。5年前、どうしても喫煙がやめられない妊婦・佐々木さんの担当になった四宮ハルキ。

佐々木さんは男の子が一人いて、第二子を妊娠中でした。しかし、どうしても喫煙をやめることが出来ませんでした。

四宮ハルキは、何度も佐々木さんに「タバコはやめて下さい。」と注意をするのですが、佐々木さんは「タバコは軽いものに変えたし、本数もグッと減らした。第一子を妊娠中も吸っていたけど、その子はこんなに元気なんだから今回も大丈夫だ」自分の意見を突き通しました。

しかし妊娠32週、この佐々木さんは「常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)」を起こし病院に運ばれました。要因の1つとして喫煙が考えられます。

佐々木さんは危険な状態のため、緊急帝王切開で赤ちゃんを取り出す事になったのですが、

佐々木さんはオペ中の大量出血で亡くなってしまい、生まれてきた女の子も低酸素状態が続いたことにより重い脳性麻痺になってしまいました。意識が回復する見込みはなく、意識のないまま小児科に入院を続けるという結果になったのです。

佐々木さんのご主人は奥さんの死を受け入れることができず、病院に来る事もなくなってしまいました。ちなみに佐々木さんは、大量出血の原因の子宮を摘出してしまえば、助かっていたかもしれません。

ですが「子供は5人欲しい」と話していたため、四宮ハルキは子宮を摘出することをためらってしまったのでした。

四宮ハルキは「怒鳴りつけてでもタバコをやめさせるべきだった。どんなに嫌われても、患者に優しくするものじゃないんだ。」

そう後悔し、妊婦に厳しい笑わない医師となってしまったのです。確かにこのエピソードは悲しいですね。

四宮ハルキはとても責任感が強そうです。しかしながら人に嫌われることを恐れずに、それでも厳しいことを言える四宮ハルキ先生!わたしは、かっこいいと思いました。

コウノドリ星野源が笑わない理由とはこんなに重いお話だったのですね。やはり、責任を感じているのでしょう。

脳性麻痺について

生まれてきた女の子のことが気になり、脳性麻痺についても少し調べてみました。

脳性麻痺というのは、妊娠中から生後1カ月の間に赤ちゃんに起こった脳損傷が「運動麻痺」となった場合です。同じ運動麻痺の病気でも、筋ジストロフィーなどの進行性の筋肉の病気や、二分脊椎症などの脊髄の病気は脳性麻痺とは言いません。

脳性麻痺はポリオ(小児麻痺)という脊髄の感染症から生じる麻痺と区別して、「脳性小児麻痺」とも言われます。

治療方法については残念ながら現在の医学の力ではまだ脳自体の障害は治療ができないので、障害となっている手足の部分での問題を軽くする取り組みが行われているそうです。どのような麻痺であっても、赤ちゃんの頃からの早期の運動訓練が大切です。

そのような脳性麻痺児の早期訓練としては、全国の肢体不自由児施設や、通園施設が重要な役割を果たしています。麻痺そのものは治せないのですが、早期訓練を行うことで、日常生活で必要な能力を向上できるようになるとのことでした。

また先ほどコウノドリの星野源が笑わない理由としてあげたエピソードの中の佐々木さんの母体のなかでおきたことについて書いてみました。

胎盤早期剥離とは

わたしもこの言葉は聞いたことはありましたが詳しくは理解できていませんでした。胎盤早期剥離とは赤ちゃんがまだお腹の中にいるのに子宮から胎盤が剥がれてしまう状態のことだそうです。

胎盤の役割は赤ちゃんは胎盤を通じて栄養を受け取り、成長します。赤ちゃんが骨を作るのにも血管を作るのにも顔のパーツができるのも胎盤が手助けしてくれます。妊婦さんの血液中にある悪いものを赤ちゃんに送らないようにする機能も胎盤には備わっているので重要な器官なのですね。

そしてその胎盤早期剥離は赤ちゃんに酸素や栄養がいかず大量の出血が起きることもあり、母子ともに危険な状態になるというものでした。

今回はコウノドリの星野源が笑わない理由について調べていきました。その理由はこのエピソードからということですが、四宮ハルキが患者に厳しいのは、情がないからではなく、それは「命を守りたいから」です。

やり方は違っても、想いはサクラや他の医師と同じなんですよね!!ドラマ中で四宮ハルキ先生がたまに見せる笑顔や表情にも注目したいですよね!!

待望の第二期「コウノドリ」は、10月13日金曜日よりスタートです!以上、コウノドリ 星野源(四宮先生)が笑わない理由はなぜ?についてでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。