ドクターX アドリブ 西田敏行の動画を集めてみた!

ドクターX アドリブ 西田敏行の動画を集めてみた!

2012年から放送されてきたドクターX。

これまで1シリーズ、2シリーズ、3シリーズ、4シリーズと放送されてきて、今年2017年には5シリーズが放送されます。

今年も主演は米倉涼子さんと豪華キャストが続々と出演されています。

そして、なんと言っても、ドクターxと言えば、西田敏行さんが演じる、蛭間のアドリブシーンにも注目ですよね。

今回は、アドリブシーンなどついて、動画でもご紹介していきます。

Contents


ドクターX 5シリーズのキャスト

大門未知子:米倉涼子さん

大学病院の医局にどこも属さず、神原名医紹介所に属しながら様々な病院を渡り歩いているフリーランスの外科医。勤務時間は絶対厳守、医師免許不要の雑用は一切引き受けず、院内にありがちな権力闘争にも無関心。報酬は桁違いに高いが、外科医としての腕は超一流。

誰に対しても物怖じせず、言いたい事を口にする為、医局の面々とは折り合いが悪い。趣味・特技が手術だが、手術以外のことにはもっぱら弱い。病院勤務のみならず船医、軍医まで経験したという噂もあり、意外なところに人脈を持っている。

西山直之:永山絢斗さん

東帝大学病院の新米医師。いわゆるゆとり世代の医師。シングルマザーに育てられ、苦労して医者になった。先輩医師たちの御意体質に対しては、ドライな態度を貫く。医者としてというよりは、患者とのコミュニケーションや先輩医師らとの関係で躓きを感じており、いつもテンションが低め。大門未知子のような摩擦の多い生き方は御免だと思いつつも、その職人技に内心憧れる部分もある。

城之内博美:内田有紀さん

フリーランスの麻酔科医。シングルマザー。帝都医科大学付属第三病院に勤務していた頃に大門未知子と出会ったことで、フリーに転身した。現在は神原名医紹介所に所属。未知子とは軽口をたたき合いつつ、公私ともに信頼関係を築いている。第4シリーズで完全切除が不可能な局所進行膵がんを患い、一度は死を覚悟したが、未知子により命を救われた。

海老名敬:遠藤憲一さん

東帝大学病院の外科副部長。蛭間をはじめ権力者達にひたすら尽くす、卓越した御意力を持つ。本当は未知子が執刀した手術で名ばかりの執刀医となったり、ありえない論文を書けば未知子が実現してしまったりと、未知子のおかげで評価を受けてきた。

出世欲が原動力の全てのようだが、実は一人でも多くの患者を救いたいという青年のような志も忘れていない。真摯に病気と向き合う未知子に土壇場で共感してしまい、策略を台無しにすることが多々ある、憎めない存在。

原守:鈴木浩介さん

東帝大学病院の外科医。帝都医科大学付属第三病院時代、未知子の手術に協力したせいで地方の分院へ転勤。ロシアで一時働いた後、国立高度医療センター、同・金沢分院などに勤務。前副院長・久保東子の指名で東帝大学病院に呼び戻された。

上の人間に頭が上がらない半面、患者の心に寄り添う医療を目指す温かい男でもある。ゆとり世代の医師達の教育係を命じられ、日々ストレスを溜めていく。

森本光:田中圭さん

女性院長の計らいにより、東帝大学病院で働く事になった外科医。新米医師だった帝都医科大学付属第三病院時代に、未知子と出会う。本来は地方の総合病院院長の息子として、エリートコースを歩むはずだったが、未知子に憧れ、外科修業をすべく海外へ留学。

だが、帰国後は地方に飛ばされ、最低限の医療を提供するのもままならない地方医療の現状を目の当たりにしてきた。その為、医師としてバリバリ活躍できる年齢にもかかわらず、どこか鬱屈としたものを抱えている。

伊東亮治:野村周平さん

東帝大学病院に勤務する、いわゆるゆとり世代の医師。私立の三流医大に入学するも、ある事情から1年で退学。猛勉強して東帝大学医学部に入学した。いつも研究書を読み漁り、外科の知識も豊富。決して実践力が伴っているわけではないが、オペの腕も若手医師の中では高い。

それゆえに、ほかの若手医師を見下し、先輩医師にも尊大な態度を取る傲慢さも、自分は大門未知子と同レベルの医師だと考えている節があり、未知子にも気が合いそうだと言って歩み寄る。

有馬亘:中林大樹さん

東帝大学病院の新米医師。2年浪人している為、年齢は上だがゆとり世代の医師・西山直之らとは同期。親が開業医で、金持ちのお坊ちゃん。関西弁を話す。

黒川慎司:上杉柊平さん

東帝大学病院の新米医師。西山直之らと同じく、いわゆるゆとり世代の医師。ステータスを求め、花形である医学部を目指した。

志村まどか:大地真央さん

東帝大学病院、初の女性院長。東帝大医学部を首席で卒業後、ボストン・ハーバード医科大学に外科医として10年間留学。オペの腕は一流で、コネにも人脈にも頼らず、実力一本で現在の地位まで上り詰めた。

その完璧な清廉性ゆえに、周囲からはマダム・クリーンと呼ばれている。院長就任後はクリーンな医療改革を推し進め、悪しき権力態勢を一掃。実力のある医者なら肩書は関係ないと明言し、大門未知子を東帝大学病院で雇う。

猪又孝:陣内孝則さん

東帝大学病院の外科副部長。声が大きく、態度も大きい。医者至上主義が染み付いた男。全員が東帝大学医学部卒という一族に生まれたため、メンツやプライドを人一倍気にする。3人の副部長の中ではもっとも狡猾。

必要があれば媚を売る事も辞さないが、基本的には大の男尊女卑。看護師が大好きで、女医が大嫌い。フリーランスで女医の大門未知子を目の敵にする。

神原晶:岸部一徳さん

神原名医紹介所の所長。未知子が師匠と慕う存在。元外科医だが、過去に医師免許をはく奪されているなど、謎の多い男。大学病院の内情にも詳しく、営業に余念がない。趣味は麻雀。第3シリーズでは手術適応外の重病に冒されたが、未知子のオペによって命を救われた。

鳥井高:段田安則さん

東帝大学病院の外科副部長。論文と研究を愛するが、口ばかりで手術はド下手。帝都医科大学付属第三病院時代は次期院長の座を狙う野心家だった。

だが、ラスカー賞受賞で研究者としては一度ピークを経験した為か、毒気はすっかり消失。現在は職業人生における余生であると考え、出世やポスト争いにも関心がない。だが、海老名らの強烈な上昇志向に触れると同時に、未知子との再会で自尊心を大いに傷つけられることに。一度は戦線離脱した御意合戦に再び参戦する。

内神田景信:草刈正雄さん

日本医療界のトップに君臨する日本医師倶楽部会長。東帝大学病院の医局を昔のような権力一極集中の医局に戻したい、と考える怪人物。日本の医療制度を守る為と公言してはばからないが、本心がどこにあるのか誰にも明かさない不気味な存在として周囲を圧倒する。あの蛭間重勝ですら、内神田には怖れを抱いている。

蛭間重勝:西田敏行さん

東帝大学病院・知床分院の院長。表向きは温和だが、逆らう者はバッサリと切り捨てる冷血漢。大門未知子に対して、積年の恨みを抱いている。

医療界のトップに君臨するのが夢。第4シリーズのラストで、優秀な医師たちを中国の病院に大量に引き抜かれた責任を問われ、東帝大学病院病院長の座から転落した。知床分院に左遷されたことで、一度は隠居を決意。しかし、筋金入りの権力欲は捨て切れず、またしても謀を巡らせ。

ドクターx1シリーズから4シリーズまで出演してきたキャスト

ドクターX 1シリーズ

大門未知子:米倉涼子さん

フリーランスの外科医。大学病院の医局にどこも属さず、神原名医紹介所に所属しながら、様々な病院を渡り歩いている。医師免許が不要な雑用は一切引き受けず、院内にありがちな権力の争いにも無関心を貫く。

手術の報酬は桁違いに高いが、外科医としての腕は超一流。誰に対しても物怖じせず、言いたい事を口にする為、医局のメンバーとは折り合いが悪い。大門未知子が唯一心を開いてるのは神原名医紹介所の所長である、神原晶だけ。

城之内 博美:内田有紀さん

麻酔科医として確かな腕を持つクールな女性。一人娘を育てるシングルマザー。

大門未知子と出会ったことで、フリーに転身して、神原名医紹介所に所属。

未知子とはお互い同士信頼し合ってる。

神原晶:岸部一徳さん

大門未知子が所属している神原名医紹介所の所長。未知子が師匠と慕う存在。元外科医だが、過去に医師免許をはく奪されているなど、謎の多い男。

大学病院の内情にも詳しく、営業に余念がない。

森本光:田中圭さん

第二外科、新米外科医で地方の総合病院の息子。イケメンだが不器用なところがあり、外科医としての技術を取得するのにも非常に苦労している。

加地秀樹:勝村政信さん

外科医。非常に腕の立つスーパードクターだが、とにかく口うるさい。何かと未知子を目の仇にしており、彼女の粗探しをしている。

原守:鈴木浩介さん

外科医。上の人間には頭の上がらない気の弱い男だが、患者の心に寄り添うのが医者のあるべき姿というポリシーを持っており、患者からの人気も高い。

千葉園子:紫吹淳さん

チーフ看護師。てきぱきと仕事をこなすベテラン看護師。

奥村藍:林丹丹さん

鳥井の秘書。実は鳥井の愛人でもあり、鳥井に近づく女性には常に目を光らせている。

半田正:政岡泰志さん

事務次長。常に院長や事務長の言いなりで、口癖は御意。

小池理恵:山本美月さん

駆け出しの新米看護師。

寺山金子:室井滋さん

病院経営を管理する、経費削減がモットーのケチな事務長。コンプライアンスにも非常にうるさく、常に未知子に苛立っている。晶とは古い付き合い。

毒島隆之介:伊東四朗さん

帝都医科大学第三病院院長。病で倒れた前院長に変わって、新院長に就任した元本院外科部長。一度クビにした大門未知子を採用するが、彼女の敵か味方かは分からないミステリアスな人物。

ドクターX 2シリーズ

海老名敬:遠藤憲一さん

第二外科の教授。主任教授を狙っており、関心はもっぱら院内での根回し。外科統括部長・蛭間の腰巾着で、絶対御意を貫いている。未知子とことあるごとに対立する。

近藤忍:藤木直人さん

優秀な第二外科の講師のイケメン外科医。内科統括部長の馬淵一代をパトロンに持つ。クールで院内の権力闘争に無関心に見える。他の医局員とは違い、未知子の腕には一目置いている。

鮎川司:満島真之介さん

第二外科の研修医。純粋に一人前の医者になるべく奮闘中。まだ、院内政治に疎く、日々先輩医師らから色々と吹き込まれている。

照井珠緒:笛木優子さん

蛭間の秘書であり愛人。プライドも嫉妬心も人一倍。蛭間に近づく女性に常に目を光らせている。

橋本理沙:水沢エレナさん

看護師でいつも明るく人気者だが、計算高い所もある。近藤にあこがれを抱く。

亀山久:猪野学さん

第二外科の准教授。海老名に付き従うことで自分も出世しようと考えている。口癖は御意。

烏丸金男:笹野高史さん

病院経営を管理する、経費削減がモットーの事務長。そのため未知子の法外な報酬が許せない。典型的な長いものに巻かれよ精神で蛭間の言いなり。

馬淵一代:三田佳子さん

内科統括部長で帝都医科大学唯一の女性トップ。蛭間をおいてしても、次期院長と囁かれる女帝。あるきっかけから大門未知子をスカウト。

蛭間重勝:西田敏行さん

外科統括部長でいわゆる帝都医科大学のゴッドファーザー。エリート集団の外科を一手に束ねる。表向きは温和だが、逆らう者はバッサリと切り捨てる冷血漢。教授選もすべて彼のコントロール下にある。

ドクターX 3シリーズ

加地秀樹:勝村政信さん

国立高度医療センター戦略統合外科の外科副部長。東帝大学派閥に属する。腹腔鏡の魔術師と呼ばれるほど腕がいいが、金には汚い。未知子の手術に協力したせいで帝都医大・高松第24分院に左遷された過去をもつ。

海老名敬:遠藤憲一さん

国立高度医療センター戦略統合外科の外科部長。東帝大学派閥。典型的な上には弱く、下には強い人間。

本当は未知子が手掛けた多臓器体外摘出腫瘍切除手術の執刀医として高い評価を受け、今では医局員たちに御意と言わせる立場にまで出世を果たした。

加藤峰司:渡辺いっけいさん

国立高度医療センターの事務局長であり金庫番。同センター総長の腰巾着でいつも顔色をうかがってばかりいる。気は小さく、声は大きい。

原守:鈴木浩介さん

天堂義人に招かれ、国立高度医療センターで働くことになった外科医。東帝大学派閥に属する。
かつては、帝都医科大学付属第三病院で働いていたが、未知子の手術に協力したせいで旭川の関連病院へ転勤。

その後、ウラジオストクにある日露最先端医療センターで甲状腺がんのスペシャリストとして活躍してきた。上の人間には頭の上がらない気の弱い男。

関ヶ原朋子:内藤理沙さん

国立高度医療センターの戦略統合外科の部長秘書。院内の情報通。東西の派閥争いに対し、高みの見物をきめこんでいる。

井川真澄:庄野崎謙さん

国立高度医療センターの新総長・天堂義人の秘書。正体不明。天堂に忠実に仕える。裏では、院内の情報収集に力を傾けている。

橋口礼:松島花さん

国立高度医療センターの看護師。優秀なスキルを持っている。才色兼備で看護部で一番人気である。

峰谷宗造:古谷一行さん

東帝大学病院の病院長。西京大学病院に対し、ただならぬ敵対心を燃やす。国立高度医療センター次期総長の椅子を狙っている。

黒部徹也:中尾彬さん

国立高度医療センターの総長。東西の対立をあおって、私腹を肥やしている。業者との癒着もはなはだしく、理事達からもよく思われていない。

談合坂昇:伊武雅刀さん

国立高度医療センター戦略統合外科の元外科部長。西京大学派閥に属する。口のうまさで院内政治をのし上がってきた、抜け目のない男。

だが、一本化が決定した戦略統合外科部長の座の争奪戦では、その強欲さが仇に、ライバルの海老名を陥れるためだけに患者の命を天秤にかけた結果、辞職を余儀なくされた。

富士川清志郎:古田新太さん

国立高度医療センター戦略統合外科の外科部長。西京大学派閥。西京大学病院では統括外科部長を務め、数々の論文で神が宿っているとの世界的高評価を受けてきた。オペの腕も卓越している。

群れと権威と束縛が大好きで、ことあるごとに大パフォーマンスを展開する、騒がしい男。

白木淳子:高畑淳子さん

国立高度医療センターの看護師長。看護師業務一筋の人。仕事に誇りを持っており、自分にも他人にも厳しい。大奥の異名をとる看護部を仕切り、総長からも一目置かれる、恐れられる存在。

天堂義人:北大路欣也さん

国立高度医療センターの新総長。前総長・黒部徹也を失脚させるやいなや、東棟と西棟の外科医局を廃止して1つに統合するなど、センター内の大幅な組織改革を断行。さらに、大門未知子をセンターに迎え入れる。

ドクターX 4シリーズ

加地秀樹:勝村政信さん

東帝大学病院の外科医・准教授。腹腔鏡の魔術師と呼ばれるほど腕がいいが、金には汚い。肩書や権力よりも金を選んだ為、同期よりも出世は遅い。

大門未知子の手術に協力したせいで帝都医科大学付属病院 高松第24分院に左遷されるなど、数々の迷惑を被ってきた為、未知子をデーモンと呼んで疫病神扱いする。

黄川田高之:生瀬勝久さん

東帝大学病院の内科部長。金沢のクロス医療センターで内科部長を務めていた時に、大門未知子と出会った。尊大な態度で部下を支配下に置き、御意軍団を率いてる。

オペは野蛮な治療法だと見なし、21世紀は薬の時代だと豪語してる。院長の蛭間重勝に対しては分かりやすい腰巾着ぶりを発揮する。

北野亨:滝藤賢一さん

東帝大学病院の外科医。蛭間重勝にニューヨークから引き抜かれたスーパードクター。東帝大出身だが、学生~研修医時代は劣等生だった為、教授たちから冷遇されていた。

その後、単身渡米。地道な努力で評価を上げ、名声を手にした。

原守:鈴木浩介さん

外科医。加地秀樹とはとても親しい。帝都医科大学付属第三病院時代、大門未知子の手術に協力したせいで関連病院へ転勤。

ロシアで一時働いた後、国立高度医療センターに勤務。同院の金沢分院で、減量手術の研究と臨床を極めた。そして久保東子の指名で東帝大学病院へ。上の人間に頭が上がらない半面、患者の心に寄り添う医療を目指す温かい男でもある。

南幾子:草刈民代さん

東帝大学病院の広報部長。東帝大ブランド復興の為、蛭間重勝が連れてきたブランディングのプロ。

これまで数々の病院の経営を立て直してきた凄腕広報官で、彼女が派遣された病院は必ず全国病院ランキングでトップテン入りすると言われている。医学界だけでなく、政財界にも顔が広い。

赤井富夫:長谷川朝晴さん

東帝大学病院の内科医局員で内科部長・黄川田高之の腰巾着である。

白水里果:田中道子さん

東帝大学病院、病院長・蛭間重勝の秘書であり愛人。才色兼備な女性。表向きは蛭間に忠実に尽くす才色兼備な女性だが、その正体は金とステイタスが大好きで、蛭間を手玉に取る魔性の女。

西園寺猛司:吉田鋼太郎さん

東帝大学病院の外科部長で内科の黄川田高之とは犬猿の仲。東帝大本院の医局から一度も出ず、本流を直進してきた珍しいタイプ。

周囲が足の引っ張り合いで共倒れしていく中、うまく生き残ってきた。三度の飯より女性が好きで、幾多の修羅場を潜り抜けてきた為、状況判断力と危険察知能力が高い。手術の腕は悪くない。

久保東子:泉ピン子さん

東帝大学病院の新副院長。新院長・蛭間重勝が追い出した前院長・久保茂の妹。一度は東帝大、初の女性婦人科部長まで上り詰めたが、10年前に出世争いで蛭間に敗北。

男社会の医局でつまはじきにされる形で、単身アメリカへ渡った。その為、蛭間ら上層部に強い敵意を燃やす。人の話は聞かず、自分の言いたい事しか言わない。

蛭間重勝:西田敏行さん

東帝大学病院の新病院長。帝都医科大学付属病院の外科統括部長をクビになった後、西京大学病院病院長、国立高度医療センター総長を就任。

その後、汚い策略を張り巡らせて東帝大学病院の病院長・久保茂を失脚させ、その座を取った。表向きは温和だが、逆らう者はバッサリと切り捨てる冷血漢。大門未知子に対して、積年の恨みを抱いている。


ドクターX 5シリーズのあらすじ

絶景の露天風呂へ足を運んだフリーランスの天才外科医・大門未知子は、路線バスに乗車。ところが峠道を走行中、運転手の車田一久が意識を失い、心肺停止状態に陥ってしまう。慌ててバスを停めた未知子は、車田を蘇生させようとするが、反応は皆無。

偶然通りかかった謎の女の助けを借り、医師がひとりで切り盛りする麓の病院へと運び込む。その医師とは、かつて未知子に憧れ、医局を飛び出した外科医・森本光だった。未知子は森本を助手にして、スピーディーなオペで救命処置を行う。

だが、ここは手術室もないような小さな病院で、根治させる為のオペは不可能。未知子は、近いうちに再度オペをすると言い残し、病院を後にする。

一方、東帝大学病院では初の女性院長・志村まどかが、クリーンな医局を取り戻すべく、大改革を推し進めていた。その東帝大学病院に、なぜか未知子が出現する。

実は、まどかこそは先日出会った謎の女。彼女は最新設備の整った東帝大学病院でオペをするのが最善策だと判断して、車田を転院させ、未知子を東帝大学病院で雇うことまで決定する。まもなく、車田の術前カンファレンスの日がやって来た。だが、まどかは何を考えているのか、執刀医から未知子を除外。

アメリカにいる心臓外科の世界的権威ジャイケル・マクソン教授に、手術支援ロボットを遠隔操作して執刀するよう依頼した、と発表した。その矢先、トンカツ店を訪れた未知子は、目の前で倒れた有名ジャーナリスト・一色辰雄を東帝大学病院に搬送する。だが、これがとんでもない事態を招き寄せる事に?


ドクターX 5シリーズに出演するゲスト

一色辰雄:升毅さん

ジャーナリスト。キャスターとしてテレビにも出演しており、全国に顔が売れている。心臓に根治適応外の巨大な腫瘍がある。気休めのオペは受けず、最期まで全力で仕事をしたいと望むが。

蛭間華子:藤真利子さん

東帝大学病院の前院長で、現在は同院の知床分院で院長を務める蛭間重勝の妻。プライドが高く、気も強い女性で、あの蛭間でさえも頭が上がらない存在。退屈な田舎暮らしに辟易している。

車田一久:松澤一之さん

未知子が乗車した路線バスの運転手。冠動脈瘤を合併した心筋梗塞および、心タンポナーデを患っている。まどかの手配で、東帝大学病院でオペを受けることになる。

米倉涼子さんがこれまで出演してきたドラマ

・整形美人 -2002年4月〜6月- ( 早乙女保奈美 )
・NHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」-2003年1月〜12月- ( お通 )
・奥さまは魔女 -2004年1月〜3月- ( 松井ありさ )

・松本清張 黒革の手帖 -2004年10月〜12月- ( 原口元子 )
・女系家族 -2005年7月〜9月- ( 浜田文乃 )
・松本清張 けものみち -2006年1月〜3月- ( 成沢民子 )

・不信のとき〜ウーマン・ウォーズ -2006年7月〜9月-
・松本清張 わるいやつら -2007年1月〜3月- (寺島豊美 )
・交渉人~THE NEGOTIATOR~ -2008年1月〜3月- ( 宇佐木玲子 )

・モンスターペアレント -2008年7月〜9月-
・ナサケの女~国税局査察官 -2010年10月〜12月-( 松平松子 )
・HUNTER~その女たち、賞金稼ぎ~ -2011年10月12日-( 伊坂黎 )

・ナサケの女スペシャル~国税局査察官~ -2012年2月4日〜4日-( 松平松子 )
・ドクターX 外科医・大門未知子~ -2012年10月〜12月-( 大門未知子 )
・35歳の高校生 -2013年4月〜6月-( 馬場亜矢子 )

・ドクターX 外科医・大門未知子(第2シリーズ)-2013年10月〜12月-( 大門未知子 )
・ドクターX 外科医・大門未知子(第3シリーズ)-2014年10月〜12月( 大門未知子 )
・ドクターX~外科医・大門未知子(第4シリーズ)-2016年10月〜12月-( 大門未知子 )

ドクターx これまでのアドリブまとめ

アドリブが凄いと有名なのが西田敏行さんです。現場では他の俳優さんや女優さんも恐ろしいと震え、びくびくしながらやっているそうです。

そんな西田敏行さんのアドリブに一番影響を受けたのが海老名敬役を演じている遠藤憲一さん。海老名敬は強面とは正反対の性格で御意と何でも引き受けてしまう役。

そんな役柄を作り出したのは西田敏行さんだと遠藤憲一さん本人も言っています。自然と西田敏行さんとの絡みが多かったので、西田敏行さんにイジられているうちに内面の弱い男に変貌していったというか、第2シリーズの中間ぐらいから、そうなっていったんじゃないかという気がするんですが、顔は怖いのにハートの弱い男という設定になりました。遠藤憲一さんが作り上げたというより、西田敏行さんが作ったキャラクター。

西田敏行さんのアドリブに精いっぱい付いていったら、自然とそうなったという、珍しいパターンです。気が付いたら、そんなキャラになっていて、脚本も段々、そういうふうに書かれるようになりました。大もとは西田敏行さんです。と遠藤憲一が言っていました。

西田敏行さんのアドリブで一番面白いと言われたのが、大人気となったピコ太郎さんの「PPAP」毎回、大門未知子が手術を終えた後所長の神原晶が報酬を貰いに西田敏行さんが演じる蛭間院長のところに尋ねてくる、その時に神原晶が必ず持ってくるのがメロン。

そのメロンを使い西田敏行さんは、I have a pen.I have an melon〜と披露した。これがとてつもなく面白い、やばい、最高と話題になりました。

ドクターXでは、どこまでがセリフでどこからがアドリブなのか、出演している俳優陣達まで分からなくなるそうです。

今回の5シリーズでは、どんなアドリブを見せるのか、西田敏行さんと遠藤憲一さんのシーンもどうなるのかとても楽しみです。

西田敏行さんのアドリブに俳優陣達はどこまで付いていけるのかとても見ものです。

アドリブ シーンを動画でご紹介

最後に…

中々ここまで続いてるドラマはないんじゃないかと思うくらい今回5シリーズまでにいきました。
今まで数々と豪華俳優、女優と出演してきました。次から次へとほんとに豪華な方ばかりで、ゲストさえも豪華な方ばかりです。

そして今回5シリーズでもほんとに豪華な俳優、女優ばかりです。若手からベテランまで顔馴染みのある方ばかりってのがほんとに凄いと思います。今回の5シリーズもほんとに面白そうですし、どんな内容になっているのかとても楽しみです。

2017年10月12日(木)夜9時からドクターX 5シリーズが放送です。西田敏行さんのアドリブにも期待ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。